剪定110番 トップページ > 青森市の剪定サービス

青森市対応の弊社加盟店のご紹介

便利屋富士
便利屋富士は青森市の剪定で活躍している会社です。剪定と言うと、ただ単に伸びた枝を切り落として、形を整えるだけのもの、思われる方もいらっしゃるかもしれません。確かに剪定において樹形を整えることは大切な作業ですが、それ以外にも枯れ枝や弱った枝を選別して切り落としたり、日照や通風をよくして病害虫を予防するために樹木に適度な隙間を作るために刈り込むといった作業もあります。樹木の種類によっては剪定方法や剪定の時期も異なってきます。適切に剪定を行わないと、せっかくの花木の花芽を切り落としてしまい楽しみにしていた花が咲かなかったり、果樹の実がつかなかったりといった恐れがあります。庭木の剪定には幅広い知識と豊富な経験が求められるのです。便利屋富士には剪定の実績をたくさん積んだスタッフがいますので、剪定が必要な方にとっては頼りになる存在です。
青森市の剪定サービス

青森市の世帯が年間に使う植木・庭手入れ費用は?

平成26年の統計によれば、青森市の世帯が1年間に使った植木や庭の手入れ費用は、平均すると6066円に上ります。気温が低く降雪も多い青森市ですが、環境に適応した草花や樹木も多く、四季を通じて剪定の需要があります。青森市の木に指定されているのはアオモリトドマツで、別名をオオシラビソといいます。木に青森の名が付いている珍しいケースです。アオモリトドマツは寒冷地や多雪地域に強い常緑の針葉樹で、亜高山帯に多く見られます。大きなものは高さ30~40メートルになることもありますが、高山ではそこまで大きくはなりません。また青森市の花はハマナスで、良い香りのする可憐な花や赤い実に人気があります。青森市ではヒノキアスナロやリンゴなども、よく庭木として利用されます。ヒノキアスナロは「青森ひば」とも呼ばれ、殺菌力のあるヒノキチオールを含んでいることで有名です。建材のほか、まな板などにも使用されます。半日陰でも良く育つ木ですが、枝が混み合ってきたら剪定する必要があります。リンゴは青森を代表する果樹ですが、花を鑑賞するために植える場合もあります。寒いほど花つきが良いと言われるので、東北地方には適した庭木の一種です。ヒメリンゴやプチリンゴなど、観賞用の園芸品種もあります。剪定は12月~3月頃、木が休眠している時期に行ないます。植え付けや移植も同じ時期に行なうのが適当です。アブラムシやカイガラムシが付くため、殺虫剤を撒布する場合があり、うどんこ病などを防ぐため消毒処理も必要です。このように全体の形を整え花付きを良くすることはもちろん、病害虫を防ぎ庭木の健康を保つためにも、時期に応じた適切な剪定は欠かせません。切りすぎて枯らしてしまったり、花芽を摘んでしまうことのないよう、十分な知識を持つことが大切です。やり方がわからないときや、植物の調子がおかしくなったときは、早目の対処が必要になります。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!

test