剪定110番 トップページ > 当サイト相談スタッフから > トキワマンサクの剪定をご希望の方は私共にご相談ください

当サイト相談スタッフから

トキワマンサクの剪定をご希望の方は私共にご相談ください

 トキワマンサクは、マンサク科の常緑性低木です。中国南東部、インド北東部、日本などに分布しています。原種はクリーム色の花を4~5月に咲かせますが、赤色品種のベニバナトキワマンサクもあり、近年こちらが人気の模様です。基本的には丈夫で、害虫や病気の心配も少ないのですが、寒さに弱いので寒冷地での地植えには向いていません。枝の伸びがよい樹木ですから、剪定はこまめに行なうとよいでしょう。しかし放っておいても、それなりの見栄えがする木です。トキワマンサクの剪定は、伸びすぎた枝を切ったり、混み合った枝を間引いたり、というのを随時行っても大丈夫です。これによって、樹形を綺麗に保つことができます。
 本格的な剪定は、花が咲き終わった頃にしてあげます。好みの高さまで、枝を切り戻してあげるとよいでしょう。芽吹きの力が強く、よく伸びますから、トキワマンサクの剪定においては、伸びた樹形を想定しながら刈り込むことがポイントとなってきます。庭木として管理する場合、高さを2mくらいに保つことが通常ですが、自然下では5mほどにもなる木です。あまり難しくないトキワマンサクの剪定ですが、やはり個人では手間がかかる、という場合には、剪定のプロにご相談下さい。電話やメールで、お気軽にお問い合わせが可能です。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!

test