剪定110番 トップページ > 当サイト相談スタッフから > 蝋梅をお手入れする時、お困りではありませんか?

当サイト相談スタッフから

蝋梅をお手入れする時、お困りではありませんか?

 蝋梅は1〜2月に花をつける樹木で、鑑賞に適している美しい植物です。名前の通り蝋の細工品のような黄色い花を咲かせ、梅・水仙・椿と共に雪中の四花と呼ばれています。園芸を嗜まれる方にも人気がありますし、生花・茶花などとしてもよく使われます。園芸品種として出回っているのはソシンロウバイという全ての花弁が黄色の品種です。耐寒性があり、初心者でも育てやすい植物なので、庭木として植えられている方も多いようです。育て方のポイントは、植え付けは落葉の時期に行うこと、一度植えたら移植は行わないこと、長く伸びた枝は剪定してあげること、等です。
 私共の所へは、このような蝋梅の剪定に関するお問い合わせについても多数頂いております。ロウバイは毎年枝を伸ばし、その枝に花芽をつけます。しかし、あまりにも長く伸びすぎてしまった枝には花芽を少ししかつけず、枝や幹の根元についている短い枝に花芽をつけてしまうという性質があります。これを防ぐには、長く伸びた枝は落葉後にすぐに切ってしまうか、花が咲いた後につけ根から約20cmほど残してあとは切り落としてしまうようにすると良いです。「蝋梅の剪定を任せたい」「蝋梅の剪定の方法がよく分からない」という時には、是非私共の所へご連絡ください。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!

test