剪定110番 トップページ > 当サイト相談スタッフから > 桜の剪定は難しいものです

当サイト相談スタッフから

桜の剪定は難しいものです

 日本の春のイメージと言うとやはり桜ではないでしょうか。春の桜の名所はお花見をしに沢山の方が訪れますが、中にはご自宅のお庭に桜の木があるという方もいらっしゃるでしょう。そのような方はご自宅に居ながら桜を愛でる事ができますが、そのためには普段からしっかりとお手入れをする必要があります。桜と言うとソメイヨシノが代表的な品種ですが、それ以外にもたくさんの種類があり、鉢植えで育てることができるものもありますので、ご自宅の環境に合った品種をお選びになると良いですね。また樹木の育て方において大事なお手入れのひとつとされるのが剪定ですが、桜は基本的に剪定の必要はないとされています。桜の剪定は枝が重なり合ったり混み合ったりした場合に、それを解消して樹全体に日光が行き届くようにするための「枝抜き」と呼ばれる程度の剪定を12~2月に行うのが良いでしょう。その際太い枝を切ってしまうと切り口から雑菌が入り、枯れてしまう恐れもありますので、細い枝を付け根から切り落とすようにして下さい。
 ただし場合によってはどうしても大規模な剪定を行わなくてはならない場合も出てきます。そのようなデリケートな桜の剪定を行う場合にはぜひ当社にご相談下さい。当社では熟練の剪定技術を持つスタッフが揃っており、桜の剪定にも対応しております。相談や見積もりは無料※1でお受けしておりますので、まずはお気軽にお問い合わせください。  

  1. 対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!

test