剪定110番 トップページ > 当サイト相談スタッフから > ハナミズキの剪定のご相談もお問い合わせください

当サイト相談スタッフから

ハナミズキの剪定のご相談もお問い合わせください

 ハナミズキの樹高は放っておくと10〜15mほどにもなります。歳とともに枝葉を横に広げる傾向があるので、お庭作りの際に他の樹木と仲良く共存させたいのであれば、広いスペースが確保出来る場所に植えるか、剪定することが必要になってきます。ハナミズキは放っておいても自然にまとまった姿をとってくれるので、基本的には剪定の必要がなく、育て方も簡単です。しかし、庭木用に使う目的であれば、広いスペースが確保出来ない場合もありますから、その場合には放任せずに手入れをしていく必要があります。
 また、上向きに花が咲く樹木なので、年々花の位置が高くなっていくと観賞し辛くなるというデメリットが出てきます。この場合も、剪定してあげることで観賞しやすくなります。ハナミズキの剪定を行う時には、樹全体を小さくするためには幹の付け根から綺麗に切除していきます。切除し終わったら枝がY字型になっているのが理想です。逆にやってはいけないのが、枝や幹の途中で切ってしまう事です。ハナミズキは他の落葉樹と同様、常緑樹と違ってどこを切っても花芽が出てくることはありません。この点は注意が必要です。私共の所へご相談頂ければ、「ハナミズキの剪定を自分でやるのは難しい」という場合にも素早く対応致します。お客様がご希望されたお庭に近づくよう、プロの技術でハナミズキの剪定を行わせて頂きます。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!

test