剪定110番 トップページ > 当サイト相談スタッフから > つるバラのお手入れにお悩みの方、お気軽にどうぞ

当サイト相談スタッフから

つるバラのお手入れにお悩みの方、お気軽にどうぞ

 私共のところには「自宅を祖父から受け継いだのですが、庭にある植物の正しいお手入れ方法がわからないので代わりに手入れをしてほしい」「自宅で大切に育てているつるバラのお手入れ方法がよく分からないので、代わりにつるバラの剪定や誘引作業を行ってほしい」「自宅の庭で育てているしだれ梅が伸び放題になって見た目によくないので、きれいにお手入れをしてほしい」などの相談をお客様から多く頂いています。上記のように、私共は難しい庭木の手入れや剪定の相談を受け付けています。
 いろいろな相談がありますが、つるバラの剪定に関するご相談は多く頂きます。ツルバラを育てる上で大事なことは、剪定と誘引といわれています。そもそもツルバラは、成長期にシュートと呼ばれるツルを伸ばす性質があります。次に咲く花は新しいシュートに付きますので、古い枝は剪定で落とす必要があります。また、伸びたシュートをヒモや針金で固定して誘引することも大切です。そのまま放置しておくと、枝が折れてしまう可能性があるからです。私共につるバラの剪定を依頼していただければ、知識と長年の経験が豊富なスタッフが作業させて頂きます。ですから、安心して作業を依頼して下さい。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!

test