剪定110番 トップページ > 当サイト相談スタッフから > 小さいからといって油断は禁物です

当サイト相談スタッフから

小さいからといって油断は禁物です

 みかんやレモンなど他の柑橘類に比べて甘みの強いキンカンは、樹木がそれほど大きくならず、庭植えでも鉢植えでも育てることができますので、ご自宅で金柑を育てているというご家庭も多いでしょう。育てやすい果樹ではあるものの、アゲハチョウの幼虫が付きやすいのでそこは注意が必要ですね。育て方としては日当たりの良い場所で育て、鉢植えの場合は水が乾いたのを目安に水やりをし、庭植えの場合は日照りでなければ基本的には水やりは必要ありません。また金柑の剪定ですが、金柑も他の柑橘類同様、枝の伸びる時期は春・夏・秋の3回となっており、その中でも剪定は3月に行うのが良いですね。重なり合って混雑した枝や伸び過ぎた枝を間引く程度で構いませんので、木全体に万遍なく日光が行き渡るように剪定しましょう。
 それほど大きくならない金柑の剪定はそれほど大変な作業ではないかもしれませんが、もしご自身での剪定がご負担でしたら私どもにご依頼下さい。金柑の剪定をはじめ、様々な樹木の選定作業を全国各地で承っており、またその相談やお見積りは24時間365日無料※1でお受けしております。金柑の剪定などの御用件がありましたら、まずはお気軽に当社までお問い合わせください。  

  1. 対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!

test