剪定110番 トップページ > 当サイト相談スタッフから > ゴールドクレストの剪定でお悩みの方は私共にご相談ください

当サイト相談スタッフから

ゴールドクレストの剪定でお悩みの方は私共にご相談ください

 ゴールドクレストはコニファーと呼ばれる針葉樹の一種です。大きなものから小さなものまで、また庭木や鉢植えなど楽しみ方もそれぞれです。日本では大きいゴールドクレストはあまり見かけませんが、放っておくと20~30メートルにもなる大木になります。根が荒く大きくなると強風で倒れやすくなるので、定期的に剪定をし高さを抑えることが必要です。日常の手入れの仕方としては葉先を摘みます。1年に1回ほど春先に行うと葉が茂りやすくなりボリュームが出るので全体的に形が良くなります。ゴールドクレストの剪定は金物の刈り込みバサミなどを使用すると切り口が茶色に変色します。剪定も芽が出る直前の時期に行えばそれを隠すことが可能です。
 ゴールドクレストの剪定の仕方としては円錐形が一般的です。下枝が枯れたりして例外的に丸くしたり、生垣のように直方体にする場合もあります。また赤茶色になって古くなった枝は葉を残して刈り込まないと根元まで枯れてしまう場合があります。時折元気のいい枝が新たな幹になろうとしますが生育が悪くなるので取り除きます。ゴールドクレストの剪定はしているが形が良くない、全体的に揃えたいなどお悩みの方、ぜひプロに相談してみてはいかがでしょうか。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!

test