剪定110番 トップページ > 当サイト相談スタッフから > カイズカイブキの剪定、お任せください

当サイト相談スタッフから

カイズカイブキの剪定、お任せください

 カイズカイブキは成長すると、枝葉がらせん状に巻きあがって炎のような形になります。丈夫で扱いやすく、季節を問わず剪定可能なため、庭木や生け垣によく用いられます。ただし、普通の土壌では、上手に管理しないと年々大きくなり、生け垣としては幅が膨らみすぎて見苦しくなることがあります。また、カイズカイブキの剪定では、切る場所を誤ると、トゲ状の葉が出てきます。このような状態になった葉は、放っておくとどんどん大きく広がってしまうので、見つけたら早めに取り除く必要があります。
 カイズカイブキの剪定においては、刈り込むのではなく、「透かし剪定」が適しています。透かし剪定は、枝の付け根から切る方法です。枝が混みすぎているときに、あいだを抜く(透かす)ことで、風通しを良くします。枝葉の茂り具合を均一にする場合は、一番薄い所(日陰の下枝などの部分)を基準にして透かしの作業を行います。上のほうは薄く狭く、下のほうは濃く広くが基本ですが、上下で大きな違いが出ると樹形の美しさが損なわれるので注意が必要です。カイズカイブキの剪定では庭師の剪定の腕が問われるので、疑問点がおありでしたら、一度専門家にご相談してみてはいかがでしょうか。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!

test