剪定110番 トップページ > ★お役立ち情報

対応エリア

★お役立ち情報のハチ駆除・予防施工事例

上枠
no image

お客様情報

施工エリア
満足度
Warning: A non-numeric value encountered in /home/rizzlescon/rizzlescon.net/public_html/wp-content/plugins/shortcode-star-rating/shortcode-star-rating.php on line 169
下枠

ヤマボウシ剪定方法と適切な時期!花がつかない原因は?

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

目次

ヤマボウシ剪定は時期とやり方が重要

ヤマボウシはご自宅のみならず、公園なども場所でもよく見かける人気の花です。白やピンクの花を咲かせて、わたしたちを楽しませてくれます。ハナミズキとよく似ていますが、花の形などで違いを見分けることができます。ハナミズキの花は先端は切り取られているような形をしており、ヤマボウシは先端が尖ったような形をしています。

ヤマボウシを美しい状態で楽しむためには、水や肥料を与えるなどの日々のお手入れが必要です。そのなかでも花付きをよくするための剪定について取り上げます。剪定に適した時期や方法について確認していきましょう。

ヤマボウシ剪定に適した時期と方法

ヤマボウシ剪定の時期と方法!花がつかない原因は・・・?

 

▶剪定時期
ヤマボウシ剪定は落葉時期におこなうと良いです。具体的には11~3月までのあいだです。小枝を根元から落とすような軽い剪定であれば通年行うこともできます。しかし、夏に剪定することは避けます。切った箇所から徒長枝が伸びて樹勢を弱らせることがあるからです。もし、太い枝を剪定するときは落葉してから2月ごろまでに行うようにします。

 

▶剪定方法と注意点
ヤマボウシの剪定では、最終的に自然な丸型になるように仕上げていきます。
剪定をおこなう際は、以下に注意して作業を行います。

 

・樹幹の内側まで日が入るようにすいていく
・樹形が乱れてしまうので、剪定しすぎない
・樹勢が強いわけではなく形がもとに戻りにくいため、太い枝の剪定は慎重に行う
・剪定した枝の断面が直径3センチメートル以上であれば、保護剤を塗る
・11月頃に葉芽と花芽が出てきたら、膨らんでいる花芽を残して葉芽が付いている枝のみを剪定する

 

これらに注意しながら、徒長枝や他の枝に絡んでいる枝や枯れ枝など、不要なものを切るのがヤマボウシの剪定です。高さをおさえたいときは、目的の高さの位置を定めて、車枝のすぐ上の部分で切るようにします。

 

剪定を失敗することで起こる問題

ヤマボウシの剪定は花付きをよくするために、大切な作業です。この剪定を誤って行うと、「花が咲かない」という問題が発生することがあります。ヤマボウシの花芽が分化するのが、7~8月の間です。この花芽は翌年に花を咲かせるために必要なものです。

 

そのため、花芽が分化したあとに剪定をおこなうことと、花芽を残して剪定することが大切です。ヤマボウシの花芽は、ぷっくりとした丸い形をしています。対して、葉芽はロウソクのような形をしているのが特徴です。花芽と葉芽は出てくる時期が同じなので、誤って花芽を切ってしまわないように注意しましょう。

 

可愛らしい花を来年も楽しむために、業者へ依頼するのも手

ヤマボウシ剪定は、自分でやるのはちょっと…とお考えになったかたもいると思います。

「花芽を切ってしまって、来年花を咲かせなかったらどうしよう」
「剪定時期は寒いから体調が心配」
「放置していたら縦にも横にも伸びてしまって高所での剪定が必要になってしまった」

 

このようなときは、相談だけでもされてみませんか?これらのお悩みは剪定のプロがすっきり解決します。

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

ヤマボウシを剪定してもらうときの料金

ヤマボウシの剪定は、剪定時期や花付きなどさまざまな状況によっては業者に依頼することも出てきます。業者選びをはじめたいところですが、まずは料金について考えてみましょう。料金を知ることで良心的な業者選びの参考になります。ここでは、ヤマボウシ剪定の料金を決める計算方法や、安くおさえるためのポイントを紹介します。

 

ヤマボウシ剪定にかかる費用の計算方法

ヤマボウシを剪定してもらうときの料金

 

具体的な料金は、業者によって変わります。
しかし、何をもとにおおよその料金が決まるかは大きく分けて2つの考え方があります。

 

1.作業スタッフをもとに決まる
剪定をしてくれるスタッフの人数や、作業時間をもとに料金が決まる計算方法です。多くは、作業人数✕作業時間で料金が割り出されます。作業する人数や作業時間が長いほど料金が高くなります。

 

2.木の状態をもとに決まる
剪定する木の本数と高さによって料金が変わります。本数が増えて、高さが高くなるほど剪定料金が増えます。また、木の種類によって剪定の難易度が変わりますので、それによっても料金が上下します。

 

それぞれメリットはありますが、どちらにした方がお得かというのは、実際に見積もりをしてみることではっきりとわかります。

 

剪定料金を安くおさえるためには

まずは相見積もりをしてみるという方法があります。見積もりを複数社でとることで料金の比較が簡単にできます。さらに提示料金内でどのサービスが含まれているのかも確認します。同じ料金でもサービス内容が異なることがあるので、不明点は見積もり時に各業者へ尋ねるのがいいです。あとは、ヤマボウシの特徴を上手く利用して安くすることもできます。ヤマボウシは放置すると高さが15センチメートルくらいになります。

 

また上にいくにつれて枝が広がってしまうという特徴をもっています。放置をしたヤマボウシを剪定するとなると、高所での作業になるうえ、広がった枝に対処しなくてはいけなくなるので作業が困難になります。高さがあるヤマボウシは費用がその分かかることもあります。業者にもよりますが、剪定の依頼はヤマボウシが大きく生長する前までにしておくほうが、費用をおさえられる可能性があります。

 

ヤマボウシの剪定でお悩みのとき、まずは見積もりからはじめてみましょう

ヤマボウシ剪定を依頼する前には、まずは見積もりを行います。具体的な金額を知るというのも目的ですが、業者選びの参考にもなります。自分で剪定をしようかと考えている方も、見積もりをしてみたら意外と業者に依頼した方がお得感を感じることもあります。とは言え「気軽に手を出しにくい…」とお思いの方は当サイトのご利用が安心です。

・無料の見積もり・調査
・見積もり後のキャンセルができる
・相見積もり可

 

このような強みがあるので、お気軽にご利用できます。見積もり内容にご納得いただいて施工に入ることが大切だと考えているので、料金だけ知りたいというご依頼も大歓迎です。よりお得に剪定をするための手段として、当サイトの無料見積もりをぜひ利用してみませんか?
 

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

上枠
no image

お客様情報

施工エリア
満足度
Warning: A non-numeric value encountered in /home/rizzlescon/rizzlescon.net/public_html/wp-content/plugins/shortcode-star-rating/shortcode-star-rating.php on line 169
下枠

もちの木は剪定が必要!さぼると害虫やすす病が発生

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

目次

もちの木の剪定が必要な理由

もちの木は大きな特徴のない木ですが、飽きがこないため、モクセイ、モッコクとともに「庭木の三名木」として和風庭園には欠かせない樹木です。比較的、葉に厚みがあることから防風林、都市部では大気汚染対策に生垣として親しまれています。

 

しかし、元はモチノキ科の常緑広葉樹であるため、放っておくと5~10mほどの高さにまで生長します。限られたスペースで育てるなら剪定が必要になるでしょう。また、枝葉が密生してくると隙間にカイガラムシやコノハムシといった害虫が発生するようになってきます。カイガラムシ、コノハムシは「すす病」といった病気の原因になるため、もちの木を育てる場合、定期的な枝透かしが必要です。

 

もちの木の剪定に適した時期と剪定方法

もちの木の剪定が必要な理由

 

・6~7月
もちの木の剪定は、新葉が伸びきった6~7月ころが適期です。黄緑色だった新芽が深緑色になったころが目安です。自分でイメージした大きさや形に刈り込むことで樹形を維持することが可能になります。この時期の剪定は、病害虫の発生の予防のためにも非常に大切です。

 

・10~11月
もしも、もちの木の樹形が乱れた場合は10~11月にもう一度剪定をおこないます。極端に樹形が乱れた・仕立て直しをしたいというときは3月に強剪定をおこないますが、強く刈り込むと数年間は花つきや実つきが悪くなります。

 

・剪定方法
まだ幹が細いうちは剪定を軽めに済ませます。葉を不用意に落とすと生育が鈍くなることがあるためです。

 

ある程度生育しているようなら、内側へ伸びる枝を切り落とす(内行き枝)・幹から生えている枝(胴吹き枝)を切り落とす・外側の輪郭を整えるといった剪定をおこないます。もちの木は大樹であるため、刈り込みバサミで外側だけを整えられることが多いかもしれませんが、そうした剪定を続けていると内部に枝葉が密生し、害病虫やすす病が発生しかねません。

 

樹形をきれいに整えるというより、内部の風通しをよくしようという意識を持ちながら剪定することが大切です。枝透かしが難しいと感じる・変な樹形になってしまったというときは業者に相談するのも手です。

 

 

もちの木を剪定するときのポイント

もちの木を剪定するときのポイントをまとめました。

 

オススメ:自然樹形でほぼ楕円形を目指して刈り込む
コツ  :樹齢の低いものは不要な枝を元から切除する程度に抑える
ワザ  :病害虫の被害を防ぐために枝透かしをおこなう

 

※枝透かし…伸びすぎた枝や混み合った枝を切り取り、樹形内部の枝葉を透かすような剪定のこと。

 

美しい仕上がりにしたい場合、ただ透かすのではなく、「小透かし剪定」というかなりきめの細かい作業が必要になってきます。難しいだけではなく、手間や時間がかかるので見栄えをよくしたい場合、業者に頼むのが早くて確実でしょう。

 

もちの木に発生しやすい病害虫と病気

・カイガラムシ
茂りすぎで風通しが悪くなると発生する・枝透かし剪定と薬剤散布が効果的

 

・ハマキムシ
食べられた葉は枯れる・葉を取り除くことと薬剤散布が効果的

 

・すす病
葉や枝に黒いすすがついたように見える・カイガラムシによるもの

 

カイガラムシやハマキムシは大量発生しやすく、発生後に取り除こうとしても全滅させることは非常に多くの時間と根気が必要です。また病害虫を放置しておくとすす病という病気につながります。見た目が悪くなるだけでなく、放置による植物の生育が阻害される恐れがあるため、病害虫発生の予防に努めましょう。

 

剪定は病害虫の予防にもつながるため重要ですが、もし既にもちの木に既に病害虫が発生している・病害虫の卵らしきものを見つけたときは消毒が必要になります。ご自身での防除は、毒物を扱う危険性があること・木にも薬害の危険性があるため、出来るだけ業者に頼むようにしましょう。特にカイガラムシは成虫になってからだと消毒が効かず、もちの木そのものを伐採することになりかねませんので、早めの駆除が肝心です。

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

もちの木の剪定料金について

では業者に頼んだときの料金はどのように決まるのでしょうか。自身で剪定を考えている方も予算を比較する参考にしてみてください。

 

もちの木の剪定に必要な料金

もちの木の剪定料金について

 

1)単位制
庭木の場合、もちの木の高さと本数によって料金が決められています。低木(0~3m未満)、中木(3~5m未満)、高木(5~7m未満)ごとに1本あたりの料金を決めている業者が多いようです。もちの木の剪定料金は、[ 本数 ] × [ 1本あたりの料金 ]で計算できます。

 

また、植込みや生垣の場合、1平方メートルあたりの料金を決めている業者が多いようです。もちの木の剪定料金は、[ 植えられている奥行 ] × [ 長さ ]あるいは[ 植えられている長さ ]で計算できます。消毒を依頼する場合も、剪定の料金とは差はありますが同様の計算方法で検討できる業者が多いです。

 

2)時給制
木の種類や植え方に関係なく、職人1人につき1時間あたりの料金が決められています。もちの木の剪定料金は、[ 作業時間 ] × [ 職人単価 ]で計算できます。造園施工管理技士や、樹木医などの資格を持っている方が請け負っていることが多いです。

 

失敗しない剪定業者選びのポイント

失敗しない剪定業者選びのポイントをまとめました。

 

・見積もりはわかりやすいか:「道具一式」というあいまいな表現に注意しましょう
・要望は頼みやすいか:庭木や植木一本から、消毒だけでも受注してくれるか聞いてみましょう
・実績を教えてくれるか:どんな木をどういう風に剪定したことがあるか見てみましょう

 

もちの木の剪定を業者に頼むときは、複数の業者を比較、検討することが大切です。

 

もちの木の剪定に悩んだらいつでもご相談ください

もちの木はお手入れしなくとも自然樹形がうつくしい樹木ですが、放っておくとカイガラムシの発生がすす病の発病につながる木です。病害虫の予防のため、定期的な剪定とできれば消毒をおこなうようにしましょう。また、既に病害虫が発生してしまった場合、安易に駆除をおこなうのは危険であるため、業者に依頼することをオススメします。もちの木に関するお悩みはいつでもご相談ください。

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

上枠
no image

お客様情報

施工エリア
満足度
Warning: A non-numeric value encountered in /home/rizzlescon/rizzlescon.net/public_html/wp-content/plugins/shortcode-star-rating/shortcode-star-rating.php on line 169
下枠

ブドウの剪定の時期と方法は?美味しいブドウの実がなる育て方のコツ

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

目次

美味しいブドウが育つまで~季節に合わしたお手入れと剪定の方法

秋に美味しい実をつけるブドウ。食卓で喜ばれる果物として、またワインの原材料としても人気・認知度ともに高いブドウですが、実は家庭で育てることも可能な植物です。気を付けたいのが、お手入れのなかでも特に重要なブドウの剪定!これはプロでも悩むほど難しいと言われています。

 

ここでは、ブドウの剪定に適した時期や育て方のコツと共に、剪定方法のチェックポイントをご説明します。

 

ブドウの栽培カレンダー

ブドウの剪定時期と状態によって変わる剪定方法

 

まずは、ブドウ栽培の1年の流れを見てみましょう。

 

【ブドウの栽培カレンダー】

まず、ブドウの植え付けをする最適な時期は11月~翌年2月ごろです。一年生苗を植えた場合、収穫できるようになるのはおよそ3年後です。

 

植えつけてすぐに、地面から40cmほどのところで主幹を剪定しましょう。いきなり?と戸惑いますが、最初にこの剪定を行うことで、春からのブドウの成長に勢いがつきますよ。

 

それではここで、各月ごとのブドウの成長とお手入れ内容を見てみましょう。

 

【1月~2月】剪定を行う、肥料を与える

【1月~3月】植え替えに適した時期

【5月~6月】開花期

【9月】肥料を与える

【8月~10月】3年目以降のブドウの収穫期

【11月上旬】肥料を与える

【11月~翌年3月】植え替えに適した時期

 

 

【ブドウが喜ぶ育て方と、環境づくりのポイント】

・ブドウは水はけのよい場所が好き

ブドウは過度の湿気が苦手です。植え付けは、水はけのよい場所がおすすめ!

 

・肥料の与え方

鉢植えのブドウには毎月肥料を与えましょう。露地栽培のブドウは2月、9月、11月に肥料を与えます。

 

ブドウはアミノ酸が多く含まれた有機肥料でよく育ちます。ブドウを美味しくしてくれる専用肥料もあります。

 

・お水は、乾いたら与えればOK

露地栽培のブドウでしたら、水やりは土が乾いた時に行えば大丈夫です。真夏にずっと雨が降らないような時を除けば、とくに毎日与える必要はありません。逆に水の与えすぎは禁物で、雨の多い年などは実が水っぽくなってしまいます。

 

難しいブドウの剪定、上手にできるコツは?

ブドウは春が近づくほど樹液が早く流れ出るため、できれば1月中に剪定を済ませておくのが理想的です。遅くなると樹勢を弱めてしまいますし、流れ出る樹液で切り口が塞がりにくくなってしまいます。

 

【ブドウ剪定で用意しておきたいもの】

・滑りにくいグリップで、軽くて丈夫な素材の剪定鋏

・作業しやすい園芸グローブ、手袋

・暖かく、かつ脱ぎ着できて体温調節がしやすい服装

 

冬でも晴天の中で長時間作業をする場合、紫外線に注意を払うことも大切です。紫外線カット眼鏡や帽子、顔を覆うストールなどもあると、防風対策にもなってよいでしょう。

 

【経験を積むことが一番の近道!剪定しやすい品種でコツを掴んでいこう】

おいしいブドウの実をたくさん実らせるには、貧弱な枝を切除し、充実した芽が多い枝を残す!これに尽きます。考え方としては簡単ですが、それでも難しいのがブドウ栽培の大変さであり醍醐味とも言えます。

 

【植え付けからの数年で異なるブドウの剪定方法】

ブドウの剪定は今、ご自宅にあるブドウの状態によって方法が変わります。ポイントは、「植え付けてからの年数」と「植え方」です。

 

▶植え付けてからの年数

・1年目

生長を促すために行います。鉢植えの場合は地上30センチメートルくらいのところで2~3芽残して切った後に、切り口に癒合剤を塗ります。鉢植えの行灯仕立ての場合は、伸びが良い枝を1本選んで、行灯に1~2周巻いたあとに剪定します。露地植えの場合は、地上60センチメートルのくらいのところできります。難しいのは、切る加減です。切りすぎても切らなくても枯れることがあります。

 

・2年目

行灯仕立てや垣根仕立てで仕上げているブドウは、つるの誘引をおこないます。生長が遅い、弱いなどのつるは剪定が必要です。

 

・3年目以降

樹形が仕立てられるころです。品種や樹形によって剪定方法がかわります。樹勢が強い品種は長梢剪定、樹勢が弱いものは短梢剪定を行います。難しければ基本的な考え方に基づいて去年の枝を剪定します。元気に伸びている部分とそうでない部分の境目で切ります。残した枝を剪定するときは、基部4芽くらいのところで剪定することと、よく充実した芽を残すことがポイントです。残った芽が順調に育ち、今年の結実につながります。

 

 

【失敗できない大切なブドウを剪定したい!そんな時は…】

ブドウの剪定をするときは、疑問点が次々に出てくるのではないかと思います。上記のようにブドウは品種、植えてからの年数、植え方などで剪定方法が変わってくるため、ネットで調べてもご自宅のブドウに適した方法がズバリ載っているとは限りません。

 

また、ブドウのつるの状態によっては剪定道具を数種類用意することになり、そういった場合はトライアンドエラーを繰り返しつつ費用もかかって大変です。

 

それに加えて、剪定時期は冬真っ只中で長時間に渡ることから、身体の負担も大きく体調面で不安を抱く方も少なくないでしょう。

 

このような点が障壁となって、なかなか剪定がはかどらないような場合には、一度剪定業者に相談してみるといいかもしれません。

 

知識と経験を備えた剪定のプロが担当するため、ご自宅で大切に育てているブドウにピッタリの剪定をしてくれます。剪定業者は365日いつでも助けに応じてくれますので、難しいうえに寒い冬に行なわなくてはならないブドウの剪定を頼むには受ってつけの強い味方です。ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

 

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

 

ブドウの木を剪定してもらうときの流れと料金

ブドウの剪定は寒い中行うから過酷、そして正しい剪定の見極めが難しい…このような理由から業者に依頼することが多いでしょう。業者に依頼する際にまず知りたいのが「料金」という方は多いのではないでしょうか?そこで、ここからはブドウ剪定の料金を中心に解説していきます。ブドウの剪定にかかる料金の計算方法や、見積もりの方法を見ていきましょう。

 

まずはブドウ剪定費用の計算方法を確認します

ブドウの木を剪定してもらうときの流れと料金

 

ブドウの剪定の料金を知りたい、業者を吟味したいというときは、まずは業者がどのような計算で料金を割り出しているのかを確認していきましょう。料金は業者によってまちまちですが、じつは料金を決める計算方法は大きく2通りに分かれています。それが、「人に対する料金」と「木に対する料金」です。

 

・人に対する料金
作業する人数や作業にかかる時間に応じて、料金が割り出される計算方法です。人数✕時間で計算されるケースが多いので、人数が多い、作業に時間がかかるほど料金が高くなります。

 

・木に対する料金
剪定するブドウの木に対して料金がかかるものです。剪定対象の木の本数や高さによって、料金が決まります。木の種類によって剪定の難易度が変わるので、これに応じて料金が上下することもあります。

 

どちらの計算方法にしたほうがブドウ剪定の料金が抑えられるのか、というのを知るためには見積もりが有効です。

 

見積もりをして具体的な料金を知りましょう

ぶどうの剪定は、品種や現在の状態などで剪定や対処が変わります。育てているぶどうの剪定にかかる具体的な料金を知るために、見積もりをします。
見積もりを依頼する前には、いくつかの注意点があります。

・無料で見積もりをしてくれるか
・見積もりにあたり、調査をしてくれるか
・見積もり後でもキャンセル可能か

 

これらの注意点に気をつけることで、見積もり後に後悔する…というような事態を避けることができます。

 

見積もりをするときには、複数の業者に見積もりを依頼することで、料金を比較・検討できます。安い料金が提示してあるかに目が行きがちですが、料金以外にもサービス内容にも注目してみましょう。たとえ同じ金額でもサービス内容が異なることがあります。少しでもお得に剪定するために、見積もり書はよく目を通します。

 

ブドウ剪定の見積もりは当サイトにまかせて安心!

ブドウの剪定はいつでもご相談下さい。ブドウの剪定にあたり、以下のような問題が出てくることがありますが、当サイトで解決可能です!

 

「ブドウの剪定は難しく自信がない…」
→剪定のプロが丁寧に対応いたします

 

「ブドウの剪定は寒い時期で大変」      
→24時間365日対応しているのでいつでもおまかせ下さい

 

「料金が気になるので依頼に踏み込めない」  
→無料の調査・見積もりを行っています。まずは料金から知りたいという方もご利用下さい

 

「見積もり後、無理に契約させられないか心配」
→見積もり後のキャンセルが可能です。納得いただいたうえでの施工になるのでご安心下さい

 

当サイトは皆様が安心してご利用いただけるサービスを整えています。難しいブドウ剪定に関しては、いつでもご相談ください。

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

上枠
no image

お客様情報

施工エリア
満足度
Warning: A non-numeric value encountered in /home/rizzlescon/rizzlescon.net/public_html/wp-content/plugins/shortcode-star-rating/shortcode-star-rating.php on line 169
下枠

ビワ剪定どうやる?剪定時期と必要な作業を紹介します

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

目次

ビワの剪定時期と剪定方法

果樹として栽培されることの多いビワは収獲するのが何よりの楽しみです。大きく生長してしまうビワを放置すると、収獲がしにくくなるためお手入れが必要です。枝葉が育ってしまったビワは、強い剪定をしたくなってしまいますが、適当に切ると実がつかなくなってしまうこともあるようです。美味しいビワを味わうためには、ビワについての知識をつけて、正しい時期に剪定することが大切です。以下に詳しく見ていきます。

 

1年のサイクルとビワの剪定時期

ビワの剪定時期と剪定方法

 

ビワの実がつかなくなってしまったという事態を避けるためには、剪定時期に注意します。まずは、ビワの1年サイクルを見ていきます。

 

▶ビワの一年

6~8月   ・・・花芽がつく
11~2月    ・・・開花
3月中旬~4月・・・果実ができる
5~8月   ・・・収獲

 

適期はさまざま言われていますが、ビワのサイクルを踏まえると、剪定時期は花後~実がなる3月中旬までに行うのが望ましいです。間引く程度の軽い剪定であれば、実がついたときに行うのも手です。実がついているので、誤ってその箇所を切ってしまうことはありません。分岐点から枝を1~2本残す程度に間引きます。

また、実の付きをよくしたいときは、10月ごろにつぼみを間引くのが有効的です。2~3年実を付けた枝も切り取ります。いずれの時期におこなう剪定でも、実の付きと寒さに弱いビワの特性を考慮して、強剪定は避けましょう。

 

ビワの剪定の主な作業と方法

ビワの剪定は風通しをよくするために行います。剪定の主な作業は、枝などを間引くことと、切り詰める作業です。間引くのは、大きく伸びた幹や混み合っている枝が対象です。植えてある場所を考えてビワの幹に陽が当たるようにします。

 

切り詰めは何年かに分けて少しづつ行うようにします。一気に行うと枯れの原因になります。ビワの枝の幅や樹高が高くなってくるのは、4年ほど経ったビワです。4年を過ぎたころからこれらの作業を行うようにしましょう。

 

間引きの前には樹形をしたてる作業が必要ですが、種類によって仕上げ方が違います。まっすぐ枝が上に生える種類のビワは、幹を2~3メートルの高さで切りおとし、横に広がっている枝は3~4本が左右入れ違いになるようにしていきます。枝が横に生える種類は、盃の形になるように2~3本の枝で作っていき、高さが1.8~2メートルくらいになるように切ります。

 

ビワ剪定はさまざまな方法があって難しい!解決するには?

ビワの剪定は実つきを考えると、剪定をしなくても良いとも言われています。しかし、ビワは放置すると、8メートルもの高さになってしまいます。自宅で育てる場合、ビワは枝が大きくなるので見た目的にも気になりますし、何より収獲をすることが困難になります。自宅の庭でビワを楽しむためには、剪定をしていく必要があると言えます。

 

ビワ剪定は強剪定をしてはいけないけど加減がわからない
実付きへの影響が心配
品種によって仕立て方法が違うため難しい
高所での作業になるため不安だ

 

このようなときは、一度剪定のプロに相談されてみてはいかがでしょうか?ご不安な点にしっかりと応えてくれます。

 

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

ビワを剪定してもらうときの料金

ビワ剪定の難しさを感じて、業者に依頼するというケースもあります。ビワは食べることが楽しみで育てているという方は、とくに業者にまかせたほうが安心と言えます。そこで、まず知りたいのが料金です。ビワ剪定にかかる料金がどのように決まっていくのか、料金を知るのに大切な見積もりについて紹介していきます。

ビワ剪定費用の計算方法は2通り

ビワを剪定してもらうときの料金

 

ビワの剪定にかかる料金は、主に2通りの計算方法で割り出されます。

一つ目は、作業する人数や時間で計算されるパターンです。この計算方法は、あくまでも作業を行う人を基準にしてあります。多くは、作業人数✕作業時間で計算されるので、作業範囲が広く時間がかかるほど料金が上がることになります。

 

二つ目は、作業する木に対して計算されるパターンです。この計算方法では、木の本数や高さを基準にしています。本数が多くなるほど、高さが高くなるほど料金が上がることになります。

 

具体的な料金を知るには、見積もりが便利

業者によって、どちらの計算方法を採用しているかは異なります。そのため、ホームページなどを見てみても、自分で料金比較をするのは困難です。そこで便利なのが、見積もりをとることです。

 

見積もりをとることで、具体的な金額がわかる、サービス内容の確認ができる、場合によっては見積もり時に業者と話ができるなどのメリットが多くあります。複数の業者に見積もりを依頼すれば、同じ条件下での料金・サービスの違いが明らかになります。剪定依頼で迷ったら、まずは見積もりからはじめてみましょう。

 

ビワ剪定でお悩みのときにはいつでもご相談ください

ビワ剪定を依頼するための第一歩ともいえる見積もり。
当サイトでは、みなさまが安心してご利用いただけるように、以下のサービス体制を設けています。

 

・見積もり・調査は無料
・見積もり後の追加費用はなし
・見積もり後のキャンセル可

 

見積もりをとる段階では料金が発生しません。またご納得いただいて施工に入るため、とりあえず見積もりしてみて検討いただいてもかまいません。安心・気軽にご利用できるように努めていますので、いつでもご相談下さい。

 

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

上枠
no image

お客様情報

施工エリア
満足度
Warning: A non-numeric value encountered in /home/rizzlescon/rizzlescon.net/public_html/wp-content/plugins/shortcode-star-rating/shortcode-star-rating.php on line 169
下枠

サツキの剪定時期は見逃せない!適期と剪定方法まとめ

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

目次

花を咲かせるために必須!サツキ剪定の基本知識

サツキはツツジ科ツツジ属にあたる植物です。ツツジの一種であるため見分けが難しいですが、ツツジよりも開花が早いのがサツキです。サツキの剪定は、樹形を整えて維持する、日当たりを良くするといった目的のほかに、花を咲かせるためにも行います。花芸が豊富な品種であるサツキをバランスよく咲かせるために、剪定の時期や剪定方法、注意点などの基本的な情報を盛り込みます。

 

サツキの剪定時期と剪定方法

花を咲かせるために必須!サツキ剪定の基本知識

 

▶剪定の時期
花が落ちたらすぐに切ることがポイントです。見た目で判断するのであれば、花が落ちきる8割くらいのときと覚えておくとわかりやすいでしょう。サツキは、「花が落ちる~花芽がつくまで」の期間が短いため、剪定のタイミングはわずかしかありません。花芽がついてから剪定をすると、大切な花芽を切り落としてしまう可能性があります。花が咲かなくなってしまう…という自体になりかねないので、剪定の時期は見逃さないように注意します。

 

▶切るべき枝
剪定で切るべき枝を3つあります。生長をさまたげる枝にあたるので、切ってしまいましょう。これらの枝を切ることで、害虫予防、日光が当たりやすくする、木の老化を防ぐという効果を期待できます。

 

・徒長枝
真上に伸びている枝です

 

・ひこばえや幹拭き
株元や幹から生えている枝です。細すぎるものは切りましょう

 

・内向き枝・絡み枝などの不要な枝
内向きに生えている枝や絡み合っている枝のことです。生えている方向がおかしいという枝は切ります

 

手順としては、まずは枯れた枝を切る、または手で折ったあとに、上に挙げた3つの枝を切ります。3つの枝は枝の付け根から切るようにします。あとは刈り込みバサミで形を整えていきます。このときはサツキを守るためにも太い枝は切らないように注意します。

 

サツキは鮮やかな花を見るのが、育てているなかで何よりの楽しみという方も多いと思います。確実に花を楽しむためには剪定は必須の作業です。同時に害虫予防にもなるのでサツキの維持にはかかせません。剪定作業は、毎年決まった時期に行いましょう。

 

生垣のサツキを手入れするときの注意点

生垣をサツキにしているご家庭をよく見かけませんか?または街中の通りでもよく目にするかもしれません。生垣として活用しているサツキもこまめに手入れが必要です。注意点を以下で確認します。

 

・サツキはこんもりと茂る性質があるので、放置しておくと樹形が乱れる
・翌年の開花に影響するので刈り込み時期を見逃さない
・新芽の出に影響することがあるので、枝葉の刈り込みは深さ3センチメートル程度にする
・刈り込みのときは、サツキによく寄生する「もち病」を除去する
・新芽を育てるために必要な追肥料、土の浅い部分にある根の乾燥を防ぐ敷きわらなどのアフターケアも忘れずに行う

 

生垣は面積を取るのでお庭の印象を決めるポイントにもなります。生垣のサツキを綺麗に維持するために、剪定からトータルのケアに関する知識が豊富なプロにまかせてみるのも良いでしょう。

 

サツキの剪定、タイミングが合わないときは当サイトにお問い合わせください

サツキの剪定はタイミングが命とも言えます。しかし、花が終わるころに剪定をする時間がない、もしくはちょうどいい時期に剪定可能な業者が見つからないということもあります。

 

当サイトでは、24時間365日対応しているので剪定の適期を見逃しません。業者を使って剪定するときは、せっかくですから自分ではできないような作業を依頼してみましょう。サツキを丸いかたちにするには2~3年かかるのでその間だけ業者にまかせる、面積が大きい生垣を全て剪定するのは体力的にきついから一部お願いする、など上手く業者を利用してみてはいかがですか?

 

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

サツキを剪定してもらうときの料金

サツキの剪定料金は業者によってかわりますが、料金設定の仕方は大きく2つに分かれています。

 

【日当料金】 
作業員の人数やかかる時間をもとに計算します。作業員の人数が増えれば人件費がかさむので、その分費用は上がります。また作業が困難な場合は時間がかかるので費用が上がる傾向にあります。作業のスピード性については作業員の腕によって左右されるので、慎重に業者選びをしましょう。

 

【一律料金】
木の種類、難易度、高さをもとに計算します。サツキの状態によって、金額が変動するということです。1本のみのサツキ、生垣のサツキ問わず、高さや幅がでてくると作業面積が増えるので、その分料金が上がります。放置せず早めに手を打つことで費用がおさえられることもあります。

 

優良な剪定業者の見つけ方

サツキを剪定してもらうときの料金

 

剪定をはじめて依頼するときは、馴染みの業者があるわけではないので迷ってしまいます。信頼してまかせられる優良な業者を見つけるなら、以下の項目にあてはまるかを確認してみます。

 

・1本から丁寧に剪定をしてくれるか
・気候などの環境に合わせた剪定ができる地域の業者か
・サツキは剪定時期を逃してはいけないので、休日を含めいつでも対応してくれるか
・疑問点や不安な点に関して相談にのってくれるか
・見積もりをしっかりとってくれるか

 

当サイトに加盟している剪定のプロは、これら全てに当てはまるので安心してまかせることができます。

 

まずは見積もりからはじめてみましょう

依頼する決めてのひとつになる料金ですが、剪定料金はHPなどを見てもはっきりとわかりません。木の状態や希望する条件などによって金額が上下するからです。

 

そこで、有効なのが見積もりです。見積もりをすることで、具体的な料金を知ることができます。さらに、その料金に含まれるサービス内容もじっくりと見ることができます。見積もりをとってみたら、自分で道具を揃える、手間をかけるということを考えれば意外にもお得感を感じることもあります。

相見積もりをとって業者ごとに比較してみるのもおすすめです。その際には、見積もり後に追加料金が発生しないか各業者に確認しておきましょう。安いからといって頼んだものの追加費用がどんどん発生して気づいたら高額に…というようなリスクは避けるべきです。優良な業者を見極めるために、そして剪定を依頼する第一歩として、まずは気軽に見積もりからはじめてみませんか?

 

ツツジの剪定、気になる料金を知るのにお金は必要ありません

剪定の依頼は確定していないけど、とりあえず料金が知りたい!という方でも当サイトをお気軽にご利用いただけます。当サイトの数ある強みのなかでも、無料の調査、無料の見積もり、相見積もり可、見積もり後のキャンセル可という点は、皆様に安心してご利用いただくためのものです。見積もり後に追加料金が発生することもありませんので、ご安心ください。さつきの剪定依頼は、金額を知るのにお金はかかりません。お気軽にお問い合わせください。

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

上枠
no image

お客様情報

施工エリア
満足度
Warning: A non-numeric value encountered in /home/rizzlescon/rizzlescon.net/public_html/wp-content/plugins/shortcode-star-rating/shortcode-star-rating.php on line 169
下枠

ヒバ剪定の時期と手順のまとめ!安く剪定するコツ

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

目次

ヒバの剪定に適した時期と方法

ヒバは針葉樹です。チャボヒバ、ヒノキ、ニッコウヒバ、花を咲かせるカイヅカイブキなどもヒバ類に属します。ヒバは家の目隠しや生垣として利用されている姿をよく目にします。半日陰の場所でもよく育ち、刈り込みにも耐えられることが理由のひとつです。

生命力の強いヒバなのでこまめな手入れがなくても育ちますが、大きくなりやすいという特徴をもっています。そのため、最低でも年に1回は剪定するべきと言われています。ここでは、ヒバの剪定時期や方法など基本的なことをまとめます。

 

ヒバの剪定時期

ヒバの剪定に適した時期と方法

 

ヒバの剪定は年に1回おこなう場合と、2回おこなう場合にわかれます。年に何回剪定をおこなうかで時期が変わります。

 

▶年に1回
9月~11月初旬までの秋に剪定をおこないます。

 

▶年に2回
5月~6月と、9月~11月初旬におこないます。

 

▶避けたほうがいい時期
冬のあいだは枯れやすいため、剪定は避けましょう。また暑さがピークになる7~8月も避けます。

 

▶生垣の場合
ヒバを生垣にしている場合は、手入れがしやすい5月~6月に刈り込みと剪定を行います。

 

地域の気候によって時期に差がでることもあるので注意します。ヒバは大きくなりやすいので、場合によっては上で挙げた時期と冬以外、暖かい時期に軽い剪定を行うこともあります。樹形や葉色を綺麗に維持したい場合は、新芽の手入れが必要です。新芽は4月下旬~10月のあいだに飛び出した部分を手で摘み取ります。状況や地域の気候、希望に合わせて剪定をおこなうことが大切です。

 

ヒバの剪定目的と方法

ヒバの剪定は、ヒバを枯らさないためと美しい形を整えるために必要です。日が当たらないと枝が枯れやすい状態になってしまいます。日が当たりにくい枝葉が密集している箇所は、とくに剪定が必要です。また、ヒバは一度幅が大きくなってしまうと、後から切ったときに緑がない状態になることもあります。生垣にしている場合は、お家全体の印象が変わってしまうので定期的な剪定が大切なのです。

 

ヒバの剪定方法と流れを見ていきます。

1. ヒバの内部にある枯れ枝を揉むようにとり、混み合っている枝、不要な枝を幹が見える程度に間引く
2. 理想の高さを決めてハサミで切っていく。少しずつ丁寧に行うことがポイント
3. 樹冠を切り込みバサミで作る

 

ヒバは刈り込みに強いと言われていますが、これを過信してざくざくハサミを進めてしまうと枯れの原因になるので注意します。また、葉先をハサミで切ると切り口が枯れたような見た目になってしまうので気を付けましょう。

 

ヒバ剪定を自分で行う問題点は、業者がすべて解決!

ヒバ剪定は簡単そうに見えて、意外と問題点もあります。自分で行った場合は、以下の問題点がでてくることがあります。

・ヒバ剪定は細かい作業のため時間がかかる
・一気に剪定すると枯れの原因になるので、こまめに丁寧に行う手間がかかる

 

ヒバを1本だけ植えているという場合もこのような問題点がでてくることがありますが、生垣や目隠しとしてヒバを活用している場合は、さらに手間や時間がかかることが予想されます。ヒバ剪定の作業範囲が大きいという場合は、業者に相談してみてはいかがでしょうか?

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

ヒバを剪定してもらうときの料金

ヒバの剪定は、状態によっては時間も手間もかかります。このような煩わしさから開放されるには業者への依頼が一番です。しかし気になるのが剪定料金です。依頼するのはいいけど高額だったらどうしよう…とお考えの方にとって役立つ情報を盛り込みます。ヒバ剪定の料金の計算方法や、費用をおさえるコツを確認していきましょう。

 

ヒバ剪定の計算方法

ヒバを剪定してもらうときの料金

 

ヒバ剪定の料金は業者が決定するので、一概にこの金額とは特定できません。ただし、料金がどのように決まるのかという計算方法が大きく分けて2つあります。

 

・日当料金
作業するスタッフによって金額がきまるケースです。人に対しての金額なので、スタッフが多くなるほど、作業時間がかかるほど料金があがる仕組みになっています。時間がどれくらいかかるのかや何人のスタッフが対応するのかの事前確認は大切です。

 

・一律料金
作業するスタッフや時間は関係なく、木に対して料金が決まるケースです。多くは木の本数や高さによって金額が決定します。ほかには木の種類の難易度によって、費用が上下することもあります。

 

ヒバ剪定料金を安くおさえるためのコツ

ヒバ剪定を安くするためには、ヒバの特徴に注目します。ヒバは生長が早く大きくなると大木になってしまいます。このような状態になってしまったあとに、小さく作り変えることは基本的にはできません。

 

もしやるとすれば、毎年こまめに新芽を切り形を崩さないように注意していくしかありません。毎年こまめに業者を呼ぶことになれば、それだけ剪定費用がかさみます。剪定費用をおさえるためには、ヒバが大きくなるために対処することがポイントです。

 

ヒバ剪定でお悩みのときにはいつでもご相談ください

ヒバの剪定の料金を具体的に知るために、まずは見積もりをとることが大切です。見積もりをだしてもらうことで料金だけでなく、サービス内容も知ることができます。剪定の前には必ずおこなっておきたいものです。

 

当サイトでは、見積もりのための調査、相談、そして見積もりはすべて無料です。見積もり後でもキャンセルが可能なので安心してご利用できます。施工が決まるまではお金がかかることがないので、見積もりをして損をするということはありません。剪定のプロと直接話せる良い機会にもなりますので、どうぞお問い合わせください!

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

上枠
no image

お客様情報

施工エリア
満足度
Warning: A non-numeric value encountered in /home/rizzlescon/rizzlescon.net/public_html/wp-content/plugins/shortcode-star-rating/shortcode-star-rating.php on line 169
下枠

ハナミズキ剪定の時期や方法は?育て方も要チェック

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

目次

はじめての方は基本からマスター!ハナミズキ剪定の時期・方法

ハナミズキ剪定をはじめてやる、慣れていない…そんなときは不安になるもの。
お庭で大切に育てているハナミズキにハサミを入れるときは、「失敗しないだろうか…」と心配になります。

 

とにもかくにも「剪定方法がわからない」
これは今、このページを見ているほとんどの方が感じていることのはずです!

 

ここでは、ハナミズキ剪定に慣れていない方に向けて、基本的なことをわかりやすく、具体的に説明していきます。

 

ハナミズキ剪定を行う一番の理由は、“木が高く、大きくなってしまったから切りたい”というものです。
自宅で育てている方は、これがすべてではないでしょうか?

 

剪定をすると、木の大きさを調節できるだけでなく、風通しがよくなることで病害虫の予防にもなる、花の付きをよくするなど、嬉しいことがたくさんついてきます。

 

「庭で育てているハナミズキが大きくなりすぎた…」そのような方はたくさんいるので、高くなってしまったハナミズキを小さくする方法も伝授します!

 

では早速、剪定時期と方法について確認していきましょう~。

 

ハナミズキを剪定する時期は冬

ハナミズキを剪定する時期は冬

 

まず先に言います。初心者は冬にやるのが間違いないです!

 

ハナミズキ剪定は11~3月、寒い時期に行います。なぜならこの時期に行うメリットがとても多いからです。

 

ハナミズキ剪定は一歩間違えると枯れてしまうことがありますが、このリスクをなくします。
冬は落葉して生長が落ち着いている時期なので、剪定で枯れることが少ないです。

 

また、丸っこい形をしている花芽がはっきりとわかる時期なので間違って切ることが少ないです。
つまり、「春に花が咲かない…」という事態を回避できるのです。

 

このように、安心して剪定できるという点で、冬の剪定は初心者に向いているといえます!

 

荒れ放題でどうしようもない…花は諦めるからなんとかしたいというときは、春(5月下旬、花が咲き終わった後)に行うこともできます。
ただし、これは枯れのリスク承知で行うものです。初心者にはおすすめしません。

 

ハナミズキの剪定方法をとことん解説!

ハナミズキ剪定は3つの手順で完了

 

1. このくらいの高さにしたいな…という位置の主幹を見てみてください。主幹とは、地面から太くまっすぐ生えている主となる枝のことです。

2. 希望の高さで主幹を切ります。切る位置は、枝がわかれている部分の下です。

3. 木の外見(樹形)を整えていきましょう。主幹から出ている細い枝を切ることで外見がキレイに整ってきます。ハナミズキの枝をよく見ると、3本に枝分かれしています。その真ん中の枝を根本から切ってください。そうすると、枝がY字のようになります。丸っこい形をしている花芽を切らない、切りすぎると枯れてしまうのでほどほどにする。これが注意点です。

  

枯れるリスクをできるだけおさえたい!そんなときは…
大胆な剪定(強剪定)を避けましょう。上で挙げた手順のうち、3つ目の作業のみで木を小さくします。
3の作業をしてもまだ大きく感じるときは、Y字に切ったもう一個下の分かれ目のところで、同じように切ってください。

 

ハナミズキ剪定は自分でやるのが正解?

ハナミズキ剪定を自分でやらなくちゃ!とお思いの方はたくさんいらっしゃいます。

 

しかし、それだけがすべてではありません。

 

業者に依頼するという選択肢もあります。

 

ハナミズキを記念樹として植えている方は、大切なハナミズキが枯れてしまう…なんて考えたくありませんよね。
ただ、自分で剪定をすると“絶対に枯れない”という保証はありません。

 

そこで、業者に依頼すると安心です。
剪定110番では、無料で相談ができます。相談したことで無理に勧めることもないため、「ちょっと相談してみようかな…」という気軽な気持ちでご利用ください。

 

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

 

ハナミズキを育てたい!花を咲かせたい!育て方を確認しましょう

ハナミズキを育てている方は、剪定以外にも知っておきたいことがたくさんありますよね。

 

ハナミズキは可愛らしい花を咲かせてくれます。そのうえ、手入れが簡単、寒さや暑さに比較的強いので、庭木として人気があるのです。
そのため、これから育ててみたい!という方も多いです。

 

「これから育てたいから、育て方の基本を知りたい」
「庭に何か植えたいから、参考にしたい」
「ハナミズキってどのくらい手間がかかるの…?」
「花を咲かせたい」

 

このように困っている方!
ハナミズキの育て方、基本を確認してみましょう。

 

ハナミズキの植え方

ハナミズキの植え方

 

植えるのに適した場所
強い風があたらない日当たりのよい場所

 

ハナミズキの植え方
植える時期は剪定時期と同じなので、11~3月です。
土と根が固まっている部分の幅と深さをよく見て、その倍の大きさの穴を掘ります。

 

掘り起こした土に、土壌を改善する効果をもつ腐葉土を混ぜます。腐葉土の量は、掘り起こした土の三分の一が適切です。
その土で植えたら、支柱を立てて木を支えます。最後に水をたっぷりと与えてください。根が土に張るまでは、水やりが必要になります。

 

ハナミズキの水やりや肥料は…?

水やり
普段の水やりは必要ありません。ただし、夏に暑い日が続いて乾燥してしまうときは与えてください。乾燥するとハナミズキの元気がなくなってしまいます。

 

肥料の与え方
肥料は花を咲かせるために必要です。「花が咲かない…」と悩まれている方は、肥料を検討してみてください。

 

肥料の時期は剪定と同じ、11~3月です。
まずは、肥料をまく場所を理解しましょう。木を中心にしてぐるっと円を書く位置に、10㎝ほど穴を掘って、そこに肥料を入れていきます。
ぐるっと円を書くのは木から少し離れた場所です。目安としては、一番外側にある枝の真下です。

与えるのは堆肥(たいひ)というものです。堆肥はわらや落ち葉を腐らせて肥料にしたものになります。
堆肥のほかには、緩効性肥料を与えることも大切です。緩効性肥料とは、効果が出るまでに時間がかかるものの、効果が長く続く肥料です。窒素やリン酸など、生長にかかせない成分が入っています。

 

花が終わったころにも同様の作業を行いますが、そのときは11~3月より少なめの量を与えてください。
肥料を過剰に与えると、花がつかなくなることがあります。

 

病気や害虫はこれに注意を!

ハナミズキを育てるときは、とくに以下の病気と害虫に注意しましょう。

 

病気
‐うどんこ病
梅雨が明けたころから発生します。葉の表面に、うどん粉のような白いカビが生えるのが症状です。花が咲かない原因になることもあるため、定期的な薬剤散布が必要です。

 

害虫
‐アメリカシロヒトリ
6月や8~9月など、暑い時期に発生します。一晩で葉を食い尽くすこともある毛虫です。
冬に落ち葉の下にいるさなぎは見つけ次第、退治しましょう。アメリカシロヒトリが発生してしまったら、早めに薬剤を散布することが大切になります。

 

病害虫被害を防ぐために剪定が有効なので、毎年冬に行うことを心がけましょう。
病害虫被害にあったときは、薬剤の散布などを自分で行うほか、業者に依頼して対処してもらうこともできます。

 

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

 

ハナミズキ剪定の費用を解説!安く済ませる方法があります

ここまでに、ハナミズキ剪定の方法や育て方を確認してきました。

 

自分でできそう!と思った方がいる反面、
「やっぱり自分で剪定するのは不安だな…」
「体力的に無理かも」
と感じた方もいらっしゃるでしょう。

 

業者に依頼しようと考えると、頭をよぎるのは不安ばかり…ということはありませんか?
「料金が気になる…」
「はじめての依頼で不安」
「変な業者にあたってしまわないかな」

 

不安な気持ちでは前に進めません。
不安な気持ちを払うためにも、以下のことを依頼前に確認しておきましょう!

 

ハナミズキ剪定の費用ってどれくらい?

ハナミズキ剪定の費用ってどれくらい?

 

ハナミズキ剪定の費用は、業者によって変わります。
「そんなこと当たり前じゃん!」と思われた方、ちょっと待ってください!…なんでだと思いますか?

 

それは、料金設定が業者によって違うからです。設定方法には二通りあります。

 

職人ひとりあたりで料金を設定する
対応してくれる職人さんの人数、作業時間で料金を設定します。腕のいい職人さんだと、基本料金が上がることもあるようです。

 

ハナミズキに対して料金を設定する
ハナミズキの本数や高さによって料金を設定します。一般的に本数が多いほど、高さがあるほど料金が上がります。

 

このように料金の設定方法が違うので、業者によってかかる費用が違ってきてしまうのです。
費用をはっきりさせたい!というときは、見積りをとるといいでしょう。
見積りをとることで、作業にかかる費用がわかるので安心して依頼に踏み込めます。

 

ハナミズキの剪定を安く済ませる方法

ハナミズキの剪定を業者にまかせれば安心!
というのは十分承知しているけど…やっぱりできる限り費用をおさえたいのが本音……。

 

そこで、ハナミズキの剪定を安く済ませる方法を二点紹介します。

 

早めに剪定しておく
ハナミズキは、生長の早い木です。上で紹介したとおり、木が高くなるほど料金がかかってしまうので、その前に剪定を依頼しておくのも手です。

 

職人ひとりあたりで料金が出る場合も同様です。木が高くなると作業時間が長くなることがあるため、その分料金が上がることが考えられます。
ハナミズキ剪定は早めに、と心得ておきましょう。

 

見積りをとる
見積りは、具体的な料金を知るときに役立つだけではありません。例えば、複数の業者に見積りを依頼すれば、料金を比較することができます。
また、見積りのときに業者の対応をみることで、信頼できるか、安心してまかせられるかをチェックすることができます。お得な選択をするために、見積りが大切といえるでしょう。

 

ハナミズキ剪定の相談・見積りはお金がかかりません!

剪定を安心してまかせるため、お得な選択をするためには、見積りをすることが大切です。

 

剪定110番では、見積りを“無料”でおこなっています。
無料でできるのはこれだけではありません。相談や現地調査も無料で依頼することができます。

 

見積り後でもキャンセル可能、無理な勧誘はないため、他社と比較したいときもお気軽にご利用ください。

 

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

上枠
no image

お客様情報

施工エリア
満足度
Warning: A non-numeric value encountered in /home/rizzlescon/rizzlescon.net/public_html/wp-content/plugins/shortcode-star-rating/shortcode-star-rating.php on line 169
下枠

ドウダンツツジの剪定に重要な時期と方法!希望の形に育てるコツ

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

目次

ドウダンツツジを元気に育てるための剪定時期と方法

ドウダンツツジはご自宅や通りの生け垣として利用されているのをよく目にします。春には開花、秋には紅葉と1年を通して楽しめる樹木です。ドウダンツツジを元気に育てるためには、日当たりの良い場所にすること、酸性より土に植えること、鉢植えの場合は腐葉土を敷くなどの対策が大切です。

 

そしてもう一つ大切なのが剪定です。また、剪定をすることで大きさを調節することができます。ここではドウダンツツジ剪定に適した時期、剪定の方法を見ていきます。

 

目的別、ドウダンツツジに適した剪定時期

ドウダンツツジを元気に育てるための剪定時期と方法

 

ドウダンツツジを自然に育てたい場合、5~6月に剪定をおこなうことがポイントです。5~6月と開きがありますが、これは気候の差によるものです。剪定時期を見極めるには、ベルの形をした白い花が枯れたときです。ドウダンツツジは8月中旬の夏ごろに花芽をつけます。花芽が付いてから剪定をすると、翌年の花付きに影響が出ることがあります。

 

また枯れた時期を見逃すことなく、早めに剪定を行うことで、紅葉を楽しむこともできます。可愛らしい花を毎年楽しむためには、剪定を正しい時期に行うことが大切です。もし花付きや紅葉を希望しないのであれば、時期は問いません。このようにドウダンツツジをどうしたいかで、剪定の時期が決まります。

 

ドウダンツツジの剪定方法

ドウダンツツジの剪定時期と同じく、剪定方法も「ドウダンツツジをどうしたいか」によって変わります。

 

▶花を楽しみたい
伸びすぎた枝、枯れ枝、ほかの枝と重なってしまっている枝を付け根から切り落とします。付け根以外で切ると不自然な樹形になるので注意します。不要な枝を取ることで、花付きを良くすることはもちろん、自然な樹形になる、ドウダンツツジの病気予防になるなどメリットが得られます。

 

▶生け垣として活用したい
上で紹介した剪定時期に、丸い形や四角い形に刈り込みます。ドウダンツツジは、刈込みに耐えるので花付きを考えなければいつ行ってもいいです。

 

▶冬に剪定したい
刈り込みは可能ですが、花芽があるので深く刈り込むことは避けましょう。

 

▶ドウダンツツジの生け垣を低くしたい
低くしたいからといって一気に低くしてはいけません。何年かかけて少しづつ強い刈り込みを行うようにします。

 

▶落葉期に剪定したい
夏の間にのびた枝、混み合っている枝などを間引きます。つぼみは切らないように軽く行うことがポイントです。刈り込みたいときは、枯れ枝などを取ったあと、刈り込みバサミで花芽を落とさないように刈り込んでいきます。刈り込みによって花数が少なくなることもあるので注意します。

 

▶新芽の伸びがとまったあとに刈り込みをしたい
6月中に軽く行います。この時期を逃すと紅葉が楽しめないので注意します。

 

大きくは、ドウダンツツジの花や紅葉を楽しみたいかどうかで、剪定方法や注意点が変わってきます。まずは目的を明らかにしましょう。そのうえで、刈り込みの加減が難しい、花芽を意識した作業は神経を使う、生け垣を低くしたいけど手間がかかるなどの問題が出てくることがあります。

 

ドウダンツツジをどうしたいか、ご希望を遠慮なくお申し付けください

ご自宅にあるドウダンツツジをどのように楽しむかは、所有者それぞれ違います。花を楽しみたい、紅葉を見たい、大きさが気になるので庭にピッタリのサイズにしたい、希望の高さにしたいなど…さまざまでしょう。

 

このようなドウダンツツジに関するご希望は、剪定のプロにお寄せください。自分で希望どおりにすることが不安という方のもとに、剪定のプロが駆けつけてご希望やご質問を丁寧にお伺いします。花を咲かせるための剪定時期が短いドウダンツツジは、24時間365日対応の当サイトにおまかせください!

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

ドウダンツツジを剪定してもらうときの料金

ドウダンツツジを希望通りに楽しむために、業者に依頼するのは一つの方法です。依頼しようか迷っているという方が引っかかっているのは、料金ではないでしょうか。安心してドウダンツツジの剪定をまかせられるように、役立つ情報をまとめます。料金の計算方法や、良心的な業者の見極めポイントを確認していきましょう。

 

ドウダンツツジの剪定料金はこう決まる!

ドウダンツツジを剪定してもらうときの料金

 

具体的な料金を知るためには見積もりが一番ですが、そもそも見積もりで決定する料金は何が基準になって決まっているのでしょうか?料金が決まる基準は、大きく2つあります。

 

・人件費
作業をするスタッフの人数や作業時間が基準になっている計算方法です。作業する人数が増えるほど、そして時間がかかるものほど、料金が上がります。作業してもらう職人さんに対しての料金を払うという考え方です。

 

・剪定対象の木
剪定をする木が基準になっている計算方法です。具体的には、木の本数と高さによって料金が計算されます。また、木の種類で難易度が変わるので、その分料金が上下することがあります。作業時間などではなく、あくまでも木に対して料金が発生するということになります。

 

良心的な剪定業者を見分けるチェックポイント

剪定業者とは長い付き合いになることがあります。ドウダンツツジの場合だと、生垣の高さを低くしたいときは何年もかけて刈り込んでいく必要があるので、数年関わっていくこともあります。依頼する業者は失敗したくないものです。そこで、良心的な剪定業者の見分け方を以下に挙げます。

 

☑1本からでも受付けてくれる(良心を感じられるか)
☑地域の業者であるか
☑技術・実績はあるか
☑見積もりをしっかりと行っているか

 

各業者のHPなどをしっかりと確認してから、業者とコンタクトを取りましょう。
コンタクトをとると、見積もりをする流れになることがほとんどです。

 

ドウダンツツジ剪定の見積もりはお気軽にどうぞ

当サイトでは、見積もりをしっかりと行っています。お客様に安心していただくために必須のサービスです。当サイトの見積もりは、便利かつ安心してご利用いただける工夫があります。

・無料の見積もりとそのための調査の実施
・見積もり後の追加料金なし
・見積もり後でもキャンセル可能
・相見積もり歓迎

 

納得いただいて施工に入っていただけるよう、以上のような体制を整えております。
まだ施工依頼を確定していないという方、金額だけ知りたいという方も、お気軽にご相談下さい。

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

上枠
no image

お客様情報

施工エリア
満足度
Warning: A non-numeric value encountered in /home/rizzlescon/rizzlescon.net/public_html/wp-content/plugins/shortcode-star-rating/shortcode-star-rating.php on line 169
下枠

コニファーの剪定は楽しむことも大切!剪定時期と方法

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

目次

コニファーを楽しもう!コニファーの剪定時期と剪定方法

洋風な建物に似合う植物として人気のあるコニファー。日本では主にゴールドクレストのことを指します。黄金色の枝葉をしているのが特徴で、今では洋風庭園をつくる代表格です。冬にはクリスマスツリーの代用品として用いられることも多いです。

 

枯れることはないためいつまでも楽しむことができるコニファーですが、美しい見た目を維持するためには、不要な枝や葉っぱを切り落とすことが必要になります。

 

コニファーを放置しておくと、品種によっては横に広がりすぎる、縦に長くなりすぎる、葉が茶色くなるといったことが起き、大きくなると強い風や台風で倒れてしまう、またはコニファーの根が張って水道管が壊れてしまったというケースもあるそうです。コニファーは針葉樹の一種です。放っておくとどんどん大きく生長しまうため、剪定しながら育てるのが良いでしょう。

 

コニファーの剪定時期と剪定方法

コニファーを楽しもう!コニファーの剪定時期と剪定方法

 

コニファーの剪定時期として、梅雨の前と夏季の後が適しています。剪定の時期によっても剪定の方法が若干異なるため、時期に合わせた剪定方法を紹介します。

 

・3~5月
刈り込んでも生長に支障が少ない時期であるため、短く刈り込んで大胆に量を減らす「強剪定」をおこないます。強剪定は「休眠期に枝を深く切ることで、生長期に戻ろうとする」という木の力を引き出す剪定方法です。枝元から剪定をおこなうことで、木全体を若返らせます。休眠期におこなうのは、枝の切り口が乾燥しやすく、切り口から病原菌が入り込む危険性が少なくなるためです。

 

2年以上の枝で、枝元が混み合っているものを選び、セラミック製のハサミで切り取ります。全体の枝すかしを終えたあとは、手で葉を摘み取り、樹形を整えます。この時期にしっかり剪定しておけば秋の剪定は樹形を整える程度で問題ありません。

 

・9~10月初旬
コニファーは暑さに弱いため、7月下旬~8月の真夏に剪定をおこなうことは避けます。先端がピンと伸びた葉を手で摘み取って形を整えていきます。無理にちぎり取らずとも、軽く摘み取ることができます。力を入れないと摘み取れないときは摘み取る箇所を変えるか、時期が早いことが考えられます。摘み取れない場合は時期を遅らせて摘み取るようにします。長く伸びた枝があれば、ハサミで切り取ります。

 

▶剪定のポイント
コニファーの剪定は手でおこない、ハサミを使う場合はできるだけセラミック製のハサミを用いるようにします。コニファーの多くは金属を嫌う傾向にあり、金属製のハサミで枝を切り取ると枝が茶色く変色してしまうためです。大きく生長したコニファーを剪定したい場合は、大まかな剪定をハサミでおこない、最後の刈り込みは手で一枝ずつ摘み取っていくのがよいです。

 

周りの葉を残しながら、残った葉で切り口を隠すように切っていきます。このとき、樹形を整えるだけではなく、樹形の内部の枯れ葉もきれいに取るようにします。イメージ的には葉っぱを摘み取る、枝を抜くという形でおこなっていきます。円錐形を崩さないように、葉先を1センチほど摘み取ります。木全体のバランスとボリュームを見ながらすべての葉先を丁寧に摘むようにします。

 

▶剪定の注意
ただし、大きく育ったものをひとつひとつお手入れしていくのは膨大な作業量と時間がかかります。そのため、時間が無い方は業者に頼むのも一つの手です。業者の場合、作業効率を重視して刈り込みバサミや電動バリカンなどを使用することも多いですが、目的によって剪定方法を変えることが容易にできてしまいます。「生長を止めたい」「切り戻したい」と目的によって異なる剪定でも、失敗したらどうしようという不安はありません。

 

切る場所を間違えるとどんどん大きくなってしまったり、逆に二度と新芽が出なくなってしまったりするコニファー。「こんなふうにするつもりなかったのに」と後悔する前に、素直に業者に頼んでおくのが良いのかもしれません。

 

コニファーのデザイン性の高さと楽しみ方

さて、お庭や景観を彩るグリーンとして最も流通しているコニファー。針葉樹としての形が利用され、今ではクリスマスのモミの木の代用品としても人気が広がり定番になりました。コニファーのデザイン性の高さが、昨今ガーデニング業界では注目を浴びています。

 

コニファーの樹形は円錐形が一般的ですが、そのほかにもロケット形、円筒形、円柱形、球形、半球形、枝垂れ系、匍匐(ほふく)系、盃状(はいじょう)系など品種によってもさまざまあります。これらの樹形を組み合わせることにより、変化に富んだ庭をプロデュースすることが可能になります。

 

お庭のエクステリアに一本、コニファーが立っているだけでも映えますよね。イベントの時などに利用してねじれた樹形をつくったり、クリスマスの時などにはツリーの代用、お正月には門松の代用として飾りつけしたりするのも良いでしょう。ただし、コニファーの剪定時期としては主に寒い時期の作業になります。またほとんどが手作業になるため、根気と時間が必要になってきます。作業に手間がかかるといった時はやはり業者に頼むのが一番です。

 

コニファーをもっと楽しみたい!そんなときは業者の手を借りましょう

品種ごとに、剪定の方法、頻度、設置環境などが変わってきます。そのため、適切でない管理方法を選択してしまうと思わぬ悲劇を招いてしまうこともあります。見た目にこだわるならば、剪定はきちんとしなければなりません。逆に言えば、手間をかけた分だけきれいに育ってくれる木、とも言うことができます。

 

単に木としての役目だけでなく、飾り付け次第でシーズンごとに違った顔を見せてくれるのもまたコニファーの良いところです。その個性を存分に活かすためには、適切な剪定とお手入れが必要不可欠です。時期に合わせてコニファーを楽しみたいなら、業者に頼んでみてはいかがでしょうか。

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

コニファーを剪定してもらうときの料金

では、コニファーの剪定を業者に頼んだ場合、どれくらい費用がかかるのでしょうか。そして、何によって料金が決められるのか、見ていきましょう。

 

コニファー剪定の費用・計算方法を確認しましょう

コニファーを剪定してもらうときの料金

 

剪定費用の考え方は2通りあります。
1つ目は、職人さん1人1日あたりの工賃、または1時間あたりの工賃といった、日当制・時給制の考え方です。
2つ目は、庭木1本あたり、生垣1mあたりいくら、といった、単価制の考え方です。

 

・日当(時給)制
日当制の場合、地域にもよりますが、職人1人1日当たりの相場が決められています。地方から都会にいくにつれ、料金設定が高くなっていく傾向にあります。

 

・木の本数や高さに応じた料金設定
庭木1本あたりいくら、という考え方の単価制ですが、庭木の本数や高さによって単価が変わります。
生垣の場合は高さと幅によって、植込みの場合は面積によって決める業者が多いようです。

 

あらかじめ剪定する量で料金が設定されているため、作業時間によって料金は変わることはありません。

 

コニファーを植木として植えている場合はスタンダードな料金になることが多いと思いますが、3mを超えている場合は、超過料金が発生する場合もあります。見積もりは無料でおこなってくれる業者がほとんどであるため、詳細な料金が気になる方は、お気軽に頼んでみてください。

 

放置をしないことが剪定料金をおさえることに繋がります

また、ケースによって剪定料金が高くなってしまうこともあります。

・樹高が育ちすぎてしまった
コニファーの特徴として、高くなりすぎてしまう点があげられます。もともと針葉樹で、放っておくと4m~5mの大木にまで生長します。5m以上もの高さになってしまえば自身での剪定が厳しくなるのはもちろん、剪定業者もバケットがついた車を持ち出しかねません。そうなると剪定料金も大きく跳ね上がってしまいます。

 

・内部の枯れた葉が害虫問題を引き起こした
コニファーはその構造上、内部に枯れ葉が溜まりやすいといった特徴があります。したがって虫が住みつきやすくなっており、中にはスズメバチが巣を作っていた、というケースもしばしばあります。放置されすぎて内部に害虫が発生していたとき、その害虫駆除も業者が請け負うことになるため、料金が高くなってしまいます。

 

樹高が高すぎたり害虫駆除の作業が必要になったりするとその分料金が上がる傾向にあるため、こうなってしまう前に適切な処置が必要です。また枝葉の量によってもゴミ処分の追加料金を求められることもあるため、できるだけ早い段階で依頼しておくことをオススメします。

 

コニファーの剪定でお悩みのときにはいつでもご相談ください

さて、いかがだったでしょうか。華やかなエクステリアに欠かせないコニファー。シーズンを彩る代表的な植物ですが、その美しさを保つには適切な処理が必要なことが分かっていただけたと思います。ただ放っておくだけではもったいないばかりか、思わぬ被害が及ぼされることもあります。

 

庭木は植えて終わりではありません。やっぱり不安だ、という方は、こちらで無料の調査と見積もりを行っています。年中無休なのでイベントシーズンでもお役に立てると思います。コニファーの剪定にお悩みのときは、ぜひご相談してみてください。

 

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

上枠
no image

お客様情報

施工エリア
満足度
Warning: A non-numeric value encountered in /home/rizzlescon/rizzlescon.net/public_html/wp-content/plugins/shortcode-star-rating/shortcode-star-rating.php on line 169
下枠

キンモクセイの剪定方法は?適切な時期とポイントもご紹介

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

目次

キンモクセイの剪定で知っておきたい前知識

キンモクセイは1年で5cmほど伸び、大きくなると7~8mまで生長する小高木のため、限られた家庭のスペースで育てる場合は剪定が必要になってきます。放っておくと見栄えが悪くなるだけでなく、病害虫が増える、花つきが悪くなる、花芽が出ないということにもつながるため、定期的な剪定を必要とします。

 

しかし、剪定時期や剪定するべき枝を間違えるとキンモクセイは枯れてしまうため、注意しましょう。高い場所での作業になる可能性が高いということ、忌み枝が複雑に伸びること、切り間違えたときのリスクが大きいことから、キンモクセイの剪定はポイントを押さえてからおこなうようにしてください。厳しい場合は、業者に頼むことも方法の一つです。

キンモクセイの剪定に適した時期と必要な道具

キンモクセイの剪定で知っておきたい前知識

 

▶剪定に適した時期
・春:新芽が出る前の2~3月
剪定の時期は地域により多少のズレはありますが、花後すぐから年内、もしくは翌年の花に影響の少ない2月~3月くらいが適した時期になります。特に寒冷地では春の時期の剪定のみをおこなうようにします。

 

・秋:開花後の10~11月
寒さに弱いキンモクセイにとって冬の寒さへの耐性を下げることになるため、空きの剪定は控えめにしましょう。その年の気温を考えてやらずに済ませるのも一つです。

 

▶剪定してはいけない時期
春から夏にかけては剪定をしてはいけません。花つきを気にしなければ剪定は可能ですが、花芽をつける時期に剪定してしまうと花数が減ってしまう、咲かなくなってしまうといったことが起きます。場合によっては枯れてしまうという可能性も考慮したうえで剪定をおこなってください。

 

▶剪定に必要な道具
・剪定ハサミ   … 細かい剪定に使います。内部の枝の剪定に適しています。
・刈り込みハサミ … 大ざっぱな剪定に使います。外面の枝や太い枝の剪定に適しています。
・ノコギリ    … 1から育て直したいときに使います。太い幹を切る伐採に適しています。
・脚立      … キンモクセイの高さに合わせて調節できる、1~3m程度の脚立があると便利です。
・軍手      … 手の傷、負担の軽減になります。寒い時期の場合、寒さ対策にも便利です。

 

場所によって異なる3つの剪定方法

キンモクセイの剪定の目安として、外側は毎年、内側は3~4年に一度の頻度でおこないます。実際の見た目具合で臨機応変にお手入れをするようにするとよいでしょう。

 

▶外側(毎年の剪定)
【刈り込み】
木全体が丸みを帯びるように切りそろえる剪定方法です。刈り込みハサミを使って飛び出た枝を切り、見た目を整えます。基本的に、側面から上面に沿うように順番に刈り込んでいき、仕上げに上面から側面を微調整しながら刈り込んでいきます。

 

▶内側(3~4年ごとの剪定
【荒透かし】
樹形を乱す、他の枝の生長を妨げている枝を中心に抜いていく剪定方法です。剪定ハサミを使って、長く伸びた枝や他の枝と絡んでいる枝、幹の方向へ内側に伸びている枝、下向きに伸びている忌み枝を付け根から抜くようにして剪定していきます。枝の密度を適度にすることで日当たりや風通しが改善されます。

 

【小透かし】
主に枝先におこなう細かい剪定方法です。剪定ハサミを使って、伸びた枝元から1~2節残して切り落とします。三つ又になっている枝は左右の2本を1~2節で剪定し、真ん中の1本は枝元から切り落とします。ただし、このとき下枝を切りすぎると後から生えてこないため、根本から生えている小枝は切らないようにします。

 

【枝おろし】
大きく育ちすぎた木を小さく仕立て直す方法です。太い枝を幹の付け根の部分からノコギリで落とします。栽培スペースや敷地からはみ出してしまったときは枝おろしで枝を除去します。ただし、切る時期を誤ると木を傷めてしまうので注意します。

 

キンモクセイ剪定にはプロ並みの技術力が求められます

キンモクセイは切りすぎると枯れてしまう樹種のため、枝に葉がなくならない程度に、短くしすぎないように切っていきましょう。キンモクセイを剪定するときの注意点をまとめてみました。

 

・剪定適期は花後、または芽吹き前。
・開花枝の葉が2~3枚残るくらいの刈り込みになるようにする
・自分の手の届く範囲だけを強く刈り込まないようにする
・作業量の10%以内で一度離れ全体のバランスを見ながら剪定する
・切り残し枝を放置しないようにする

 

キンモクセイは切るべき忌み枝が多く、内部も混みやすい木です。身長が高いこともあって脚立での作業は必須になります。高所の内部の枝は特に切りづらいでしょう。キンモクセイの剪定は危険を伴うため、無理せず剪定業者に頼りましょう。

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

キンモクセイ剪定を依頼したときの料金

キンモクセイ剪定の料金はきれいに仕上げる、枝を切り落とすだけなど作業内容によっても差はありますが、基本的に2通りの計算方法があります。木一本につき何円、または職人一人一時間につき何円かといった単位制と時給制の2つです。

キンモクセイを剪定してもらうときに必要な料金

キンモクセイ剪定を依頼したときの料金

 

単位制の剪定料金の場合
庭木の高さや本数によって作業料が変わります。料金=高さ×本数で計算するとよいでしょう。
また、低木(高さ0~3m)、中木(高さ3~5m)、高木(高さ5~7m)によって価格帯が異なることがほとんどのため、植わっているキンモクセイの高さをあらかじめ測っておくとスムーズに依頼できます。

 

時給制の剪定料金の場合
作業の時間によって作業料が変わります。料金=職人の数×時間で計算するとよいでしょう。
時間を指定したいときやあまり剪定に時間を取れないという場合は、しっかりと時間で区切られる時給制のキンモクセイ剪定業者に頼むのがよいでしょう。

 

定料金を安くおさえるためには

剪定料金を安くおさえるために気を付けるべきポイントを紹介します。

 

・不要な害虫駆除や除草オプションなどを省く
・軽い剪定で出たごみ処分は任せず自分で処理する
・単位制、時給制、キンモクセイの形に合わせて選択する
・複数の業者を比較、検討し、見積もりを頼む

 

例えば剪定を頼みたいキンモクセイが庭木で1本のみの場合と、生垣の場合だと、料金シミュレーションが異なります。庭を全体的に整えてほしいのか、局所的に剪定してほしいのか、手入れ範囲によっても差が出るでしょう。どういうやり方で、どこまで手を入れてほしいのか、自身の要望をきちんと伝えることが、剪定料金を安くおさえることにつながります。

 

キンモクセイ剪定に関するご相談は何でも受け付けています

剪定をただの切り捨てにしないためには、キンモクセイをどういう姿にしたいかというイメージと、キンモクセイの基本樹形を活かした剪定をおこなうことが大事です。しかし、大きく育つキンモクセイの剪定は、脚立を使用して高所で作業をすることが求められます。

 

また、込み入った内部の枝を切るには高い技術力も必要です。キンモクセイの剪定は無理せずに、キンモクセイ剪定業者に頼りましょう。こちらではキンモクセイ一本からでも受け付けていますのでお気軽にご相談ください。見積もりは無料です。

 

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

上枠
no image

お客様情報

施工エリア
満足度
Warning: A non-numeric value encountered in /home/rizzlescon/rizzlescon.net/public_html/wp-content/plugins/shortcode-star-rating/shortcode-star-rating.php on line 169
下枠

害虫と椿剪定の関係性とは?剪定時期と方法・注意点

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

目次

椿剪定の重要性とは?剪定の時期や剪定方法

椿は改良された種類も豊富にあり、日本各地で見られます。耐暑性や耐寒性があり日照条件が悪くても花を咲かせてくれる植物で育てやすいです。昔から親しまれており人気がある庭木なので育てている方も多いのではないでしょうか?

 

花も葉も魅力的な椿は、水やりや土へ肥料を与えるなどの基本的な手入れのほかに、害虫予防のために剪定が必要ですが、やりすぎてしまうと今度は椿を枯らせてしまいます。剪定の加減が難しいため、剪定時期や剪定方法などの基本的な知識を確認することからはじめてみましょう。

椿の剪定はなぜ必要?

椿剪定の重要性とは?剪定の時期や剪定方法

 

椿の剪定を行う理由は、2つあります。まずは、風通しをよくするためです。椿に限らず、剪定の目的としてよく挙げられるものですが、害虫を予防する意味もあります。風通しが悪くなると害虫が住み着きやすくなるため、剪定を行わなくてはいけません。

次に、樹形を保つためです。自然に大きくしたい場合は除きますが、ご自宅で育てている場合はお庭に適した大きさがあるはずです。お庭で椿がより映えるように、定期的な剪定で形と大きさを整えます。ちなみに鉢植えで育てている椿は、多すぎる葉を少し減らす程度の剪定を行えば十分と言われています。

椿の剪定時期と剪定方法

▶椿の剪定の適期と行ってはいけない時期
椿の剪定に適している時期は、4月~5月です。椿は2月~4月の春ごろに開花し、花芽がでるのが6月というサイクルで1年を過ごします。花芽が出る前に剪定すると花芽を切り取る心配がないので、この時期が適期です。

椿に被害を与えるチャドクガという害虫を防ぐためには、この時期に加えて8月に軽い切り戻し剪定を行います。行ってはいけない時期は、6~7月です。花芽が出てくる時期なので避けましょう。

椿は品種がさまざまで、育てている地域によって開花時期などが異なってきます。そのため上で挙げたものは目安になります。場所や品種にあった剪定時期を知ることが大切です。

 

▶剪定方法
椿の剪定は、透かし剪定でおこないます。透かし剪定は、間引き剪定とも呼ばれているものです。不要な枝を切ることで、枝の量を減らして風通しをよくするために行います。髪の毛をすくイメージに近いです。透かし剪定で切る不要な枝は以下のものです。

 

  • ・徒長枝
  • ・葉や芽がなくなっている古い枝
  • ・内側に伸びていたり交差している枝
  • ・チャドクガという害虫の卵がついた葉っぱの枝

 

これらの不要枝を除いたら、葉の量を調節します。あまり減らしてしまうと椿が弱ってしまうので、減らしすぎないようにします。1本の枝に3枚くらいの葉を残すというのが目安になります。

 

▶注意点
椿剪定の注意点も確認し、気をつけて剪定します。

 

  • ・害虫のチャドクガは毒をもっているので、軍手や長袖などで身を守る
  • ・花をたくさんつけたい場合は、樹形をつくりすぎない
  • ・枯れの原因になるので、葉も芽もついていない枝の途中で切ることは止める
  • ・剪定はあくまでも風通しがよくなる程度でおこなう。枝葉を切りすぎると弱ってしまう
  • ・切った部分には殺菌剤をつける

 

椿を育てるなかで悩みの原因になりやすいチャドクガを予防するためには、剪定が必要です。しかし、チャドクガを避けたいという気持ちが先走って切り込みすぎてしまうと、椿自体を弱らせてしまいます。椿を健康に育てるためには、適度な剪定が一番です。

害虫対策は万全にしたいけど枯らせたくもない…微妙なさじ加減は業者におまかせを

椿を剪定するポイントは、時期を守ることと、枝葉を減らし過ぎないことです。剪定の目的は、病害虫の予防と樹形を整えることにありますが、間違った方法で切ってしまうと、椿自体にダメージを与えて枯らしてしまうこともあります。椿は縁起のいい花です。しっかりお手入れして毎年きれいな花を楽しみましょう。

 

椿の剪定は簡単にみえて微妙なさじ加減が必要になることもあります。剪定の時期がわからなかったり、枝の切り方がわからなかったりするときは、プロの剪定業者に相談して上手な育て方を覚えてみませんか?

 

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

椿を剪定してもらうときの料金と費用をおさえるコツ

椿剪定を業者に依頼することで、剪定加減の難しさなどの不安から開放されます。同時に、害虫に関しても相談できるので安心できます。とは言え、料金はいくらかかるのかが問題です。ここでは、椿剪定の料金を決める計算方法や、料金を安くおさえるコツについてご紹介します。技術だけでなく、料金も納得のうえで剪定をしてもらいましょう。

椿の剪定費用の計算方法は2通り

椿を剪定してもらうときの料金と費用をおさえるコツ

 

椿の剪定は、おおよそ2通りのケースから料金が割り出されます。

 

・作業員の日当で決まるケース
作業にあたるスタッフの人数や作業時間に応じて金額が決まるケースです。依頼する作業の難易度、作業員の腕によって時間が変わってくるため、料金が変動することがあります。

 

・木1本あたりで決まるケース
剪定を依頼する椿の本数や高さによって料金が決まるケースです。生垣の場合は、1メートルあたりで料金が割り出されることが多いです。作業にかかる時間は関係ありません。

剪定料金を安くおさえるためには

まずは見積もりをしてみることをおすすめします。業者によって料金はまちまちです。相見積もりをすれば相場を知る良いきっかけにもなります。さらに一番安い業者を知ることもできます。しかし、料金だけに目を向けることは危険です。設定金額でどんなサービスが含まれているのか、追加料金の発生有無はないかなどの確認も必要です。後から後悔しないように気を付けます。

 

その他、椿の特性を考えて依頼することも、安くおさえるコツです。チャドクガの被害を受けやすい椿の手入れを何年もしていない場合は、害虫がついていることがあります。椿が病気になってしまう前に依頼することで余分な出費を減らすことができます。

定期的な椿剪定もおまかせください

椿は害虫予防のためにも、定期的な剪定がおすすめです。継続的に安心して任せる業者をお探しの方はぜひお電話下さい。
当サイトは安心して利用できる魅力がたくさんあります。

 

無料の調査・見積もり、見積もり後の追加料金なし、見積もり語のキャンセル可、業界最安値を宣言しているので相見積もりも歓迎しています。
気軽に料金を知れるのはもちろん、見積もり時には剪定のプロに直接疑問点をぶつけることもできます。
ツバキ剪定を依頼するか、自分で行うか検討中…という方も、気軽に活用いただけます。

 

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

上枠
no image

お客様情報

施工エリア
満足度
Warning: A non-numeric value encountered in /home/rizzlescon/rizzlescon.net/public_html/wp-content/plugins/shortcode-star-rating/shortcode-star-rating.php on line 169
下枠

ツツジの剪定時期を見逃さない!適期と剪定方法

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

目次

ツツジの剪定は花後に行い花芽を落とさないように注意する

ツツジの剪定は庭木のお手入れとして必要な作業のひとつです。毎年、決まった時期に剪定をしますが、時期を間違えると翌年に花がつかないことがあります。適した時期に正しく剪定を行うことは、ツツジをきれいな状態で維持することに繋がります。
ここでは、ツツジの剪定方法を中心に大切な情報を盛り込みます。

ツツジを剪定方法や行う時期

ツツジの剪定は花後に行い花芽を落とさないように注意する

 

▶剪定を行う時期
ツツジは、4月中旬から6月中旬ごろに開花する植物です。花が終わってから1ヶ月くらいの間に剪定を行うのが正解です。次の花芽が出てしまってから剪定をすると、翌年の開花に影響を与えてしまうからです。開花は地域差があるので、見逃さないように注意しましょう。花が咲き終えると同時に作られる花芽を切ってしまわないように花後のわずかな剪定期間を忘れないようにします。

 

▶剪定の方法
ツツジの剪定は、丸くなるように周囲を刈ることが多いです。完成形をイメージして、少しづつ剪定していきます。
ツツジの外側を剪定したら、枯れている枝、重なっているものなど、不要な枝を切る作業を行います。剪定によって風通しをよくすることは春夏に発生するグンバイムシなどの害虫の予防になります。

ツツジとサツキの違いに注意

ツツジとサツキは見た目がとても似ています。そのため、剪定対象がどちらなのか判断に困ることも出てくるでしょう。そこで、ツツジとサツキの違いを解説します。
ツツジとサツキの主な違いは3点です。

 

・開花時期が違う
ツツジの開花時期は、4月中旬から6月中旬です。サツキは5月中旬から7月中旬に開花します。サツキの方がやや遅い開花ということになります。

 

・新芽の出方や咲き方が違う
ツツジは花が咲くころに新芽が出ますが、サツキは新しい葉が出たのち花が咲きます。

 

・葉の感触や特徴が違う
ツツジの葉は大きくザラザラしています。葉に生えている細毛は緑色をしています。
サツキの葉は小さくスベスベしています。葉に生えている細毛は茶色をしています。

 

このように、ツツジとサツキでは違いがありますが、よく観察していないと違いが分からないことも出てきます。自分で植えたのではなく、以前からあって区別が付かないというときは業者にみてもらうのも良いでしょう。

毎年花を咲かせるためには剪定は欠かせない

ツツジは常緑・落葉樹などの種類問わず鮮やかな花を咲かせる庭木です。せっかく育てるのであればきれいな花を毎年楽しみたいところです。
そのために剪定を正しく行うことが大切です。翌年の開花を諦めるのであれば、自分で行ってみるのも手です。しかし、花を楽しみたい場合は慎重に考える必要があります。花芽を刈り取ってしまう可能性を考えれば剪定できる時期は限られているので、この時期に自分でできるとは限りません。

 

剪定の時期に限って忙しい、来年も確実に花を咲かせたい!そんなときは、当サイトがお力になります。まずは業者に相談してみてはいかがでしょうか?

 

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

ツツジの剪定費用

ツツジの剪定を業者に依頼した方が良いと判断した場合でも、気になるのが料金。とくに初めての場合は「一体どれくらいの料金になるのだろうか」ということは誰しも思うはずです。ここでは、ツツジの剪定にかかる料金の計算方法や見積もりの大切さを紹介していきます。料金のことが引っかかっている方は参考にしてみてください。

樹形によって剪定費用は異なる

ツツジの剪定費用

 

ツツジは生け垣なのかどうかによっても剪定費用は異なることがあります。計算方法が業者によってまちまちですが、ここでは2つの計算方法を紹介します。

 

・1本あたりの計算方法
ツツジの木1本あたりで料金が決まる計算方法です。本数や高さなど依頼する木の状態に応じて、料金が上下します。

 

・生け垣の計算方法
ツツジが生け垣になっているものであれば、生垣の長さによって金額が決まることもあります。1メートルあたりいくら、という料金提示が多いようです。

まずは無料見積もりを試してみよう

業者によって料金設定が違う、ということになると、「では金額を具体的に知る方法はないのか」という疑問が湧いてきませんか?剪定費用がよくわからないときは、見積もりをとるのが一番確実です。見積もりといっても、無料で行ってくれる業者はたくさんあります。業者にもよりますが、見積もり後のキャンセルも可能というところもあります。そのため、業者を選べば見積もりは意外に気軽にできます。

 

剪定では業者の腕や、サービス内容、信頼感なども大切ですが、費用が業者選びの決め手という方も多いでしょう。まずは、見積もりをとってから判断するのも悪くはありません。

ツツジ剪定でお悩みのときにはいつでもご相談ください

ツツジ剪定は自分でやってみようと考えるかたも多いと思いますが、剪定時期の状況や、来年の花をどうしたいかによっては業者に依頼することも方法のひとつです。
それでも業者か自分か迷っている方は、見積もりをとってみてからの判断でも遅くはありません。

 

当サイトでは、無料の現地調査・見積もりを行っています。その際に剪定のプロに疑問点などを聞くこともできます。料金や業者の話を聞いてから、ツツジをどうするかを判断してみてはいかがでしょうか?

 

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

上枠
no image

お客様情報

施工エリア
満足度
Warning: A non-numeric value encountered in /home/rizzlescon/rizzlescon.net/public_html/wp-content/plugins/shortcode-star-rating/shortcode-star-rating.php on line 169
下枠

もみじの剪定の適期と方法、注意点も要チェック!

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

目次

もみじの剪定方法と適した時期

もみじの剪定は基本的に必要がないと言われていますが、育てているもみじに関しては放置するわけにはいけません。秋にお庭でもみじが映えるように手入れは必須です。理想の形や大きさにするためには技術も必要ですが、もみじの特性を知ったうえでの作業も大切です。今回はもみじをうまく育てるためのポイントを以下におさえます。

もみじ剪定の適期は落葉後!剪定の方法とは?

もみじの剪定はキリがない?!方法と注意点

 

■適した時期
冬の間、2月までに終わらせることがベストです。11月から12月の間に行うのがいいでしょう。葉が落ちた時期と覚えておくとわかりやすいかもしれません。この時期におこなう理由としては、もみじにとって安全だからです。春に芽吹くもみじはその後、10月ごろまで水上げの時期に入ります。この間に強い剪定をしてしまうと、切り口から養分が流れ出てしまい弱ってしまうことがあります。夏の時期に飛び枝や徒長枝がどうしても気になる…ということであれば、弱剪定であれば作業は可能です。

 

■剪定方法
冬に行う剪定の手順は以下の通りです。
冬になるともみじの葉は全て落ちます。そうすると枝も良く見えるようになります。枝をよく観察しながら、重なっている箇所をすくように切っていきます。夏になると枝をのばすので、多めにすいてもいいでしょう。かたちをつくるときは、太い枝からでている細い枝で樹形を構成するように考えていきます。庭の大きさに合わせるために大きくなりすぎないようにしたいというときは、切り戻し剪定が有効ですが、切り口を保護することも大切です。

 

もみじは基本的に剪定を行わずに自然にまかせて育てるのがいいと言われています。やりすぎないというのがポイントのひとつですが、加減や程度がわからないというときは剪定のプロに頼んだ方が無難です。

 

もみじの特性とやってはいけないこと

もみじを適切にお手入れするためには、基本的な剪定方法以外にも知っておくべきことがあります。特性や避けるべきことを知って、正しく対処することも必要です。

 

■特性

  • ・樹勢が強いので切ったところからどんどん枝が伸びる
  • ・デリケートな木なので、剪定時期や方法を間違えると枯れてしまうことがある
  • ・切っても切らなくても大きくなるので、一定の大きさに維持しようとすると手がかる

 

■やってはいけないこと

・夏の大規模な剪定
切ったところから樹形が崩れていったり、枯れの原因になることがあります。どうしてもという場合は整える程度にとどめます。

 

・枝先を適当に切ること
適当に切ると、大量の脇芽が出てきてきます。これによって風通しが悪くなると枯れに繋がることもあります。

 

・ノコギリを使うこと
デリケートなもみじにノコギリを使うのは良くないと言われています。手で折るのが望ましいです。

 

もみじはデリケート!剪定は慎重に!

樹勢が強いもみじを維持するためには、剪定は必須です。しかし、もみじは剪定をすることで脇芽がでてきて大きくなるという特性を持っています。切っても切らなくても厄介な状況になり得るもみじは、業者にまかせた方が楽なケースもあります。剪定を自分で行うことにしても、デリケートなもみじが健康に育つために剪定の加減を見極めなくてはいけません。

 

正しく剪定をしたい、枯らせたくない、きれいな紅葉を楽しみたい、好みの形に仕上げたいというご希望は業者が叶えます。

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

もみじの木を剪定してもらうときの料金

もみじの剪定を依頼するときには、業者選びに失敗したくないという方ばかりだと思います。納得いく料金で対応してもらいたい、優良な剪定業者を選ぶ方法を知りたいというときはこちらを参考にしてみてください。もみじ剪定の料金の出し方や業者を選ぶポイントを見ていきます。

もみじ剪定費用の相場と計算方法

もみじの木を剪定してもらうときの料金

 

■もみじ剪定の料金相場
もみじの剪定は、どこに依頼するかによってもちろん変わります。目安として挙げると、当サイトで承る料金は、1,500円から~となっています。
作業内容や木の高さなど状態によって、作業の難易度が変わります。そのため金額が変わることもあります。

 

■計算方法
木1本当たりで料金が変わります。木の本数や高さによって金額を計算します。あとは、重機などが必要か、枝の処分の有無などによって金額が変わります。一方、作業員の人数や作業時間で料金が決まる業者もあります。依頼する内容を踏まえて、どちらの業者が適切か考えることも大切です。

業者依頼が不安な方へ…良い剪定業者の選び方

業者選びに失敗しないかを不安に思っている方は、信頼できる業者の選び方を知っておくと安心できて役に立ちます。ポイントは以下の通りです。

 

  • ・1本からでも対応してくれる
  • ・相談しやすい
  • ・資格がある人が対応してくれる
  • ・すぐに対応してくれる
  • ・見積もりをしっかりととってくれる

 

剪定業者を決めるときには、このようなポイントをチェックしてみます。費用をまず知りたいときには、見積もりが有効です。

もみじの剪定でお悩みのときにはいつでもご相談ください

無料の見積もりをはじめとして、当サイトの強みはたくさんあります。
見積もりの金額を決めるために大切な調査も無料で行っています。さらに見積もり後のキャンセル可能なので、気軽に見積もりを依頼できるのも魅力です。相見積もりも歓迎していますので、費用やサービスを比較してみるのもおすすめです。

 

お庭の華としてモミジを1本だけ植えているという方も多いと思いますが、当サイトでは1本から剪定を受付けています。
メリット豊富な当サイトを是非ご利用ください。剪定のプロが迅速に対応いたします。

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

上枠
no image

お客様情報

施工エリア
満足度
Warning: A non-numeric value encountered in /home/rizzlescon/rizzlescon.net/public_html/wp-content/plugins/shortcode-star-rating/shortcode-star-rating.php on line 169
下枠

紫陽花剪定をわかりやすく!時期や方法、育て方の基本

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

目次

 

紫陽花剪定の時期・方法をどこよりもわかりやすく説明します!

紫陽花の剪定をしたいという方は、まずなにより、その方法を知りたいですよね?
「花を楽しみにしているから失敗したくない!」「何も知らないから不安…」そのような気持ちから、剪定方法を検索することでしょう。

 

しかし!このようにつまずいてしまいませんか…?

 

「なんか難しい言葉が多い…全然わかんない!!」
「結局、どの剪定方法でやったらいいの??」

情報がたくさんあることで、意味わからない状況になっていませんか?

 

そこでわいてくるこんな感情…
「わかりやすい剪定方法を知りたいな~」「難しいのはイヤ!基本的なことが知りたい」
このようなお気持ちにお応えするのがこのページです!

 

とにかくわかりやすく、紫陽花の剪定方法を紹介します。

 

紫陽花の剪定時期は…ここを狙え!

紫陽花の剪定時期は…ここを狙え!

 

紫陽花剪定の時期は、ほんの一瞬!
ズバリ、花が咲き終わったころです。

花が咲き終わったころというのは、花の色が悪くなってきたころです。時期の目安としては、7月中にといわれています。

 

反対に避けたい時期が、10月ごろです。
この時期は花芽ができる時期です。花芽とは、後に花になる芽のことです。花芽をバッサリ切ってしまうと、翌年の花付きが悪くなってしまいます。

 

花を楽しみにしている!という方が多いと思うので、剪定時期に注意しましょう。

 

紫陽花の剪定方法は?手順は2つだけ!

紫陽花剪定はじつはカンタン。方法をご紹介する前に、まず知っておいてほしいルールがあります。

 

それは…
翌年花が咲く位置は、花が咲いている2節下!ということです。

 

節(ふし)とは、枝をはさんで葉が2方向に伸びている部分のことです。
花を咲かせたいと思っている方は、このルールを頭にいれてから剪定をはじめてください。

 

では、紫陽方法の方法です。手順は2つだけなので、難しく考えずにいきましょう~。

1. 枝の節(ふし)をチェック
紫陽花の剪定で一番慎重になるべき作業!なぜなら、紫陽花の花付きに関わるからです。
前述しましたが、枝をはさんで葉が2方向に伸びている部分のことを節(ふし)と呼びます。この部分に、丸っこい芽がぴょんと生えているのを確認してください。

 

2. 枝をカットする
カットする位置は、芽のある節のやや上です。
切る前には、花から2節下であるかを確認してください。

 

今、花がついているすべての枝でこの作業を行います。なぜ全部なのかというと、花が咲いた枝を剪定しないと、後に花になる芽がつかないからです。
今、花がついていない枝は、高さを揃えてカットします。カットする位置は、芽のある節の上です。

 

枝を切るときの注意点は2点です。
枝を切る作業をするときは、花付きのために各枝に一つは芽を残しましょう。
また、短くしすぎると花がつきにくくなるので、バサバサと切ってしまうのは厳禁です!

 

見た目を整えるため、花付きをよくするためには、紫陽花剪定が必要です。
上で挙げた2つの手順と注意点をおさえて、剪定してみましょう。

 

剪定に少しでも不安があるとき…相談するのもあり?

紫陽花剪定の手順は少なく、「意外とカンタンじゃないか!」と感じた方も多いのでは…?

 

しかし、すべての方が「自分にもできそう!!」と感じるとは限りません。
少しでも不安に感じることがあれば、業者に相談するのもアリですよ。

 

ご事情はさまざまかと思います。剪定作業が負担になる、紫陽花が多すぎてとても一人ではできそうにない…。

 

そんなときは、剪定110番におまかせを!
相談は無料で対応しています。相談や検討することに損はありません。

 

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

 

紫陽花のこと、もっと知りたい!困った症状の対処と育て方

よーく思い出してみてください。
紫陽花で困っていることって、剪定方法だけですか?

 

そういえば……
「紫陽花の花を楽しみにしているのに、なんで咲かない?!」
「葉が落ちた…終わった…」
「剪定以外にもやることがあるんじゃないの?」

 

どんどん出てくる、疑問、疑問、疑問…。

ここですっきり解決しておきましょう!

 

「紫陽花の花が咲かない!葉が落ちる!」原因と対処

「紫陽花の花が咲かない!葉が落ちる!」原因と対処

 

●花が咲かない原因と対処

・花芽まで切ってしまった
正しい剪定方法で行うことが大切です。剪定時は花芽を切らないように剪定をしましょう。

 

・植え替えをしていない
鉢植えで紫陽花を育てている方が対象です。年に1~2回の植え替えをしないと、養分が回りづらくなります。そのため花が咲かないのです。

 

・気温が低すぎる
花芽が傷んでしまい、花がつかなくなります。対策として、冬は室内に入れる、冷たい風が当たらないように寒冷紗(植物や野菜を覆うシート)で覆いましょう。

 

・日光不足
紫陽花は日光が好きです。とくに春や秋は日光によく当ててあげましょう。ただし、直射日光は好みません。葉が焼けてしまうこともあるので、強い日差しには注意が必要です。

 

●葉が落ちる原因と対処

結論からいうと、葉が落ちるのは問題ありません!
気温が下がると、葉が落ち、枯れてしまったように見えてしまいますが、紫陽花は生きているのでご安心を!
冬は枯れ木のような状態になるのは平常運転です。

 

ただし…!
・水の量が足りない
・鉢植えで不適切な育て方をしている(鉢が小さい。水やりが多い。植え替え時期を間違えた)
・葉が焼けている

この場合は本当に枯れているかもしれません。上で挙げたことに心当たりはないか、考えてみましょう。

 

紫陽花が大きくなりすぎた…小さくするには古い枝の処理を

紫陽花の大きさを整えるには、定期的に古い枝の処理をしなくてはいけません。

 

なぜ行うのか…?
それは、毎年花を咲かせる紫陽花は、徐々に枝を弱らせていくからです。枝が弱ると花も咲かなくなります。
また、上で紹介した基本の剪定だけだと、紫陽花がどんどん大きくなってしまうからです。

 

では、古い枝の処理はどう行えばいいでしょうか?
やり方はカンタン。3分の1の高さで枝を切るだけです。
翌年の花は咲かなくなりますが、小さくするためにやむを得ません。

 

紫陽花の育て方、基本の4つをチェック!

紫陽花の育て方でこれだけはおさえたい!というものを、4つ紹介します。

 

・水やり
鉢植えの場合は、土が乾燥してしまう前に水をやります。
庭植えの場合は、基本放置でOK!例外として、植え付けてから1週間の間、葉が乾燥してしまっているときは水を与えます。

 

・植え替え
鉢を変えたいとき、庭植えに変えたい場合に行います。庭植えで育てるほうが、水やりの手間がなくなるのでおすすめです。植え替え時期はいつでも大丈夫です。

 

・日当たり
常に直射日光が当たる場所で育てるのは避けます。ベストな場所は、1日を通して半日くらい日が当たる場所、冬に冷たい風が当たらない場所です。

 

・増やし方(挿し木)
紫陽花は、挿し木(土に枝を挿すこと)で数を増やすことができます。
用意するものは、肥料分がなく水はけのよい土を入れた鉢です。あらかじめ、水をかけておきましょう。

 

挿す枝は剪定で切ったものを使います。そのため、挿し木の時期は剪定と同じ時期となります。

 

挿す枝は、花芽が付いている健康的なものを使ってください。上部に数枚葉を残し、あとはすべて取り除きます。
そして、上に残した葉は、半分カットしておきましょう。水分が逃げていかないようにするためです。

 

枝の下部分を斜めにカットしたら、水に1時間以上つけておきます。

 

その後、葉が重ならないように土に挿し、水をたっぷり与えて、作業は完了です。

 

挿してから3日間は水を与えます。直射日光が当たらない、かつ暗すぎない場所で育ててください。
そうすると、1~2か月で根を張ります。確認できたら、大きな鉢や地面に植え替えましょう。

 

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

 

知って損はなし!紫陽花の剪定費用や信頼できる業者の選び方

紫陽花剪定を自分で行うことがすべてではありません。

 

業者に依頼することも選択肢にあります。
「業者に依頼なんて大げさな…」「なんか無駄な気がするんだけど…」
そう考えている方は、ちょっと待ってください!業者に依頼するメリットを知っていますか?

 

業者に依頼すると、
仕上がりがキレイになる、手間は時間がかからない、要望に合わせて適切な剪定をしてくれる、害虫駆除などプラスアルファの作業もおまかせできる・・・

といったメリットがあります。

 

とはいえ、やっぱり気になることってあります。
「費用が不安…」
「たくさん業者があってどこに依頼したらいいかわからない…」

 

こういった気持ちの裏には、損をしたくない!安心感が欲しい!という気持ちがあるはずです。

 

業者依頼の際の不安を全部!吹き飛ばすために、剪定費用や業者の選び方を紹介します!

 

紫陽花剪定の費用は○○で決まる!

紫陽花剪定の費用は○○で決まる!

 

紫陽花の剪定費用は…

 

木の高さや本数

 

などで決まります。木の高さが高くなるほど、本数が多くなるほど料金は上がります。
また、紫陽花の幅が関係してくることもあります。

 

このように、あくまで紫陽花の状態を軸に料金を設定している業者のほか、職人さん一人あたりで費用を計算する業者もあります。そのため、業者ごとによく比較検討することが大切です。

 

紫陽花の剪定業者、“どうやって何を基準に”選んだらいいの?

たくさんある剪定業者。このなかから1社に絞ることは、なかなか面倒くさい…!
そんなときに役立つ、業者選びの基準をお伝えします。基準となるものは、信頼できる業者にある特徴です。

 

無料で見積もりをおこなっているか
丁寧に相談にのってくれるか
対応は丁寧か
地域に根付いている業者か
1本だけの剪定も可能か

 

これらが信頼できる業者にある特徴です。これを基準に、ある程度業者を絞ることができます。

 

数社に絞ることができたら、最後は見積もりをして1社に絞りましょう。
見積もりとは、作業にかかる料金を事前に計算することです。

 

業者の対応料金についてしっかりと説明があるかを、一緒に確認しておくと、なお良いです。

 

紫陽花剪定を依頼するなら、見積もりからはじめよう!

見積もりをすれば、作業にかかる料金を知ることができるだけでなく、業者の対応を確かめることができます。 作業前に行っておくと、いくらか不安が消えるはずです。

剪定110番では、“無料”で見積もりを行っています。 それだけでなく、見積もり後でもキャンセル可能なので、「他社と比較したい」「見積もりをみてじっくりと考えたい」という方も、安心して利用することができます。

相談や見積もりでお金が発生することはありません。お気軽にご利用ください。

 

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

上枠
no image

お客様情報

施工エリア
満足度
Warning: A non-numeric value encountered in /home/rizzlescon/rizzlescon.net/public_html/wp-content/plugins/shortcode-star-rating/shortcode-star-rating.php on line 169
下枠

イチジク剪定の時期や方法は?育て方の基本を紹介!

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

目次

イチジク剪定どうやるの?時期や方法を丁寧にわかりやすく解説!

イチジクの剪定をしたい!そんなとき、どうやったらいいか…気になりますよね。

 

「剪定方法がわからないから不安」
「はじめてやるから慣れていない」
「失敗したくない…」

 

このような思いから、剪定方法を調べる方は多いのではないでしょうか?

 

しかし、イチジク剪定って調べてもよくわからなくないですか?
状況によってやり方が違うので、

「あああ…意味わかんない!!」という状況に陥りがち……。

 

そこで、イチジク剪定の方法をわかりやすく紹介します。
わかりやすくかつ、具体的に知りたい!という方に向けて丁寧に説明していくので、肩の力を抜いてついてきてください~。

 

これだけは絶対!イチジク剪定の予備知識

これだけは絶対!イチジク剪定の予備知識

 

イチジク剪定を理解するには、予備知識をつけておくことが必須になります!
ここを理解しないと、「意味わからん状態」になってしまうからです。

 

理解すべきことは2つ!
まず1点目。イチジクは植えてから実をつけるまで、2~3年かかります。この間に必要なのは、剪定ではなく“仕立て”という作業です。
これからイチジクを育てる、まだ植えてからそんなに経っていないという方は、この章は飛ばして、次の章を参照にしてください。

 

イチジクの剪定は、実付きをよくするため、収穫作業を楽にするために行うものです。そのため、植え付けてから2~3年の間、つまり実がつく安定期に入るまでは、剪定が必要ないのです。

 

2点目は、イチジクの種類についてです。
日本で育てられるイチジクは2種類あります。片方を普通系と呼びますが、これが代表的なイチジクとなります。普通系のイチジクは、秋に実がなるもの(秋果)、夏も秋も実がなるものの(夏秋兼用)2つに分かれています。

 

スーパーでよく見かけるイチジクはどっちだと思いますか?
答えは、夏秋兼用に分類される「ドーフィン」という品種です。売られている約8割は「ドーフィン」といわれているので驚きです。それだけよく育てられているということですね。

 

ドーフィンは、夏も秋も実がなります。「ずっと実を楽しめるじゃん!」と思った方も多いと思いますが、日本の気候や育てやすさ、収穫量を考えると、夏は諦めて秋に実をつけるように育てていったほうが、効率がよくなります。
つまり、イチジクは秋に実をつけるように手入れをしていく、これを基準にすればわかりやすくなります。

 

多くの人を悩ます剪定方法ですが、「夏果・秋果か」で剪定方法が変わります。
しかし、夏果か秋果かわからない…という方は多いです。そのため、剪定方法もわからなくなってしまうのです。

 

ここでぜひ!思い出してください。
日本では夏秋兼用種(ドーフィン)が主流、そして夏ではなく、秋に実をつけるように育てたほうが効率がいいということを…!!
これを踏まえると、どの方法でやるか迷ったら「秋果を育てること」に注目して説明を追っていくとわかりやすくなります。

 

早速、イチジク剪定のさまざまなパターンを紹介しますが、秋果を育てるための方法だけを確認していくのもおすすめです。(意味わからん状態回避のためです!)

 

イチジク剪定の時期や方法は?

剪定時期
夏果を育てたい場合は、6月上旬に行います。

 

そして、秋果を育てたい場合は、12~3月におこないます。目安としては葉が落ちる時期になります。
春に伸びた枝に秋に実が付く、というサイクルになるので、春が来る前に剪定をすると実付きを心配しなくて済みます。

 

剪定方法
剪定方法は、「夏果・秋果、どちらを育てたいか」で変わります。
剪定方法自体はカンタン!それぞれの剪定方法をみていきましょう!

 

夏果を育てたい場合・・・
日当たりをよくするために剪定します。不要な枝を根本から切ります。対象の枝は、下や内に向かって生えている枝、元気のない枝、込み合っている枝です。

 

秋果を育てたい場合・・・
長く伸びた枝に芽を2~3個残して、枝の途中で切ります。込み合っている枝があれば、枝の根本から切って整えてください。

 

剪定方法に迷ったら…業者に頼ってみるのもいい

イチジクの剪定は、予備知識を理解することと、夏果か秋果を考えることが大切です。
日本では、ドーフィンという品種が一般的で、夏も秋も実がつくのが特徴です。
気候などを考えると、秋に実がつくように育てたほうが効率がいいため、剪定に迷ったら秋果を育てるための方法を選ぶのもいいでしょう。

 

イチジクの剪定方法はさまざまあるため、私たちを悩ませます。最近では、リフレッシュ剪定という新しい剪定方法も確立されました。今までの剪定とは違い、主となる枝まで切ってしまう思い切った方法です。

 

「たくさんある剪定方法だけど、最適な対処をしてほしい!」

 

こんなときは、業者にまかせるのもひとつの方法です。プロならではの技術で、最適な剪定をおこなってくれます。

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

 

イチジクを育てるための基本をチェック!仕立ての方法とは?

イチジクの実をつくるためには、剪定以外の作業も必要です。

 

「剪定以外でやるべきことを知りたい」
「これからイチジクを育てたい!」
「イチジクの仕立てってよく聞くけど、どういうものかわからない…」

 

このように感じている方も多いのでは…?

ここでは、イチジクの仕立て方を中心に、水の与え方、肥料についてなど、育て方の基本を紹介していきます!

 

イチジクを植えたら2~3年は“仕立て”を頑張る

イチジクを植えたら2~3年は“仕立て”を頑張る

 

仕立てとは、樹を形作ることです。
イチジクを植えてから実をつけるようになるまでの2~3年の間は、仕立てを行うことが大切です。

 

仕立ての方法は、「イチジクの植え方」と「品種」によって変わります。
植え方には、地面に植える地植えと、鉢に植える鉢植えがあります。それぞれの場合の仕立て方をみていきましょう。

 

【地植えの仕立て方】
地植えの仕立て方は、杯状にする方法と、一文字にする方法の2つあります。
適した方法は、イチジクの品種によって異なります。

 

●杯状

蓬莱柿(ほうらいし)など、秋果専用のものはこの形が適しています。上から覗くと、イチジクの枝が十字に見えるのが特徴です。

12月~3月に植え付けます。地面から40~50㎝の高さに切ったら、支柱を立てて枝を支えます。

 

1年目 作業は12~3月に行う。主となる枝が4本になるように他を切る。残した4本の枝は、30~50㎝になるよう、先端を少し切る。切る位置は外芽の上。残した4本の枝は、グーっと斜めにして紐で固定しておく。
2年目 作業は12~3月に行う。1年目に残した4本の枝先から発生した枝(のちに実のつく枝)の先端をすべて切る。
3年目 作業は12~3月に行う。実のつく枝が毎年30本くらいになるように調節していく。調節するために、込み合っている枝を根本から切る。

 

●一文字

ドーフィンなど、樹勢が強くないものはこの形が適しています。その名の通り、一文字のような形になるのが特徴です。

12月~3月に植え付けます。地面から40~50㎝の高さに切ってください。

 

1年目 作業は5月に行う。冬に植え付けた枝を2本に減らす。つまり、2本以外は全部根本から切る。残す2本の枝は、元気がよく、左右逆方向に伸びている枝を選ぶ。(のちに一文字にするため)
2年目の冬 1年目に残した2本の枝が一文字になるように、横に誘引する。2本の枝は、色が緑に変わっているあたりで切る。
2年目の6月以降 枝がまっすぐになるように紐で誘引。一文字にした枝からは上に向かって伸びる枝が発生している。上に伸びた枝が30~40㎝間隔になるように根元から切る。枝と枝の間は、芽が1個残るようにするのがポイント。

 

【鉢植えの仕立て方】
9~3月の間に大きめの鉢に植えます。地面から20~30㎝の高さで切っておきます。切る位置は芽の上です。

1年目 作業は5月上旬に行う。3枝だけ残して後は切る。冬になって葉が落ちたら、3つの枝をそれぞれ20~30㎝の長さになるように切る。切る位置は、外芽(外側に向かって伸びている芽)の上。
2年目 4月下旬から5月中旬に作業する。込み合っている枝を根本から切る。季節が冬になったら、長くなってしまった枝を切る。枝に1~2個の芽を残すことがポイント。込み合っている枝があれば、根本から切る作業も必要。

 

イチジクを育てるための基本の「き」!

イチジクを育てるために、基本の手入れを紹介します。
誰でもカンタンに取り組めるものなので、確認していきましょう~。

 

・育てる場所
日が当たり、少し日陰ができるような場所が向いています。甘~いイチジクを育てるためには、日当たりが大事なので、育てる場所には注意しましょう。
風が少ない場所、水はけが良い場所だとなお良いです。

 

・水の与え方
地植えの場合・・・必要ありません。ただし、夏に雨が降らない日が続くようであれば、水を少しずつ、継続的に与えてください。
鉢植えの場合・・・表面が乾いたな…と感じたらたっぷりと水を与えます。鉢の底から水が出てくるくらいが適量です。夏の期間は、1日2回以上与えましょう。

 

・肥料のやり方
肥料はイチジクの生長のために必要です。11月~1月、6月、8~9月の3回が、肥料を与える時期です。与える肥料は、緩効性肥料が向いています。緩効性肥料とは、効果が出るまでは時間がかかるものの、効果が続く期間が長い肥料です。窒素やリン酸など、生長にかかせない成分が入っています。

 

イチジクを育てるときは、カミキリムシにご注意を!

イチジクを育てるときの天敵は、カミキリムシが有名です。
被害にあうと、大きく成長したイチジクもあっという間に枯れてしまいます。

 

被害のサインとしては、樹皮が変色する、ヤニのようなものがつく、枝に穴が開く、木くずのような糞があるなどです。これらは春から梅雨の時期あたりに見られます。

 

対策としては4月以降に幼虫を退治したり、6月ごろから出てくる成虫を手で摑まえるなどがあります。カミキリムシ用の殺虫剤を利用してもいいでしょう。
その他、業者に依頼することも可能です。
剪定や仕立てを依頼したときに、一緒に害虫の対処をしてもらうのも良い方法です。

 

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

 

イチジク剪定を依頼するときに気になる!料金や業者選び

イチジクの剪定や手入れが難しい…、やっぱり自分でやるのは不安と感じたとき、皆さんならどうしますか?

 

方法のひとつは業者に頼ること。
ただし、“業者依頼”という言葉に高~いハードルを感じる方も多いでしょう。

 

そう感じる理由として…
「依頼したいけど料金が気になる」
「どこに依頼したらいいのか」

 

など、疑問に感じること、不安に思うことがたくさんでてくるからではないでしょうか。

 

そこで、業者にイチジク剪定を依頼するときの料金、業者選びのポイントを紹介していきます!

 

イチジク剪定の費用は?

イチジク剪定の費用は?

 

イチジク剪定の料金は、主に2つのパターンから計算されています。

 

・職人さんひとりあたり
対応してくれる職人さんの人数や作業時間によって、料金を決めています。このような料金設定を設けている業者を利用するときは、事前に人数や作業時間を確認していくと安心でしょう。

 

・イチジクに対しての料金
イチジクの大きさや本数によって、料金を決めていきます。対象のイチジクによって料金が決まるので、わかりやすい料金体制といえます。

 

どちらの料金設定を採用しているかは業者によって変わるため、まずは見積りからはじめるのがかしこい選択です。見積りをとることで、具体的な料金を知ることができます。

 

イチジク剪定の業者選びでは、ここをチェック!

業者をかしこく選ぶために、チェックする項目を挙げます。

 

実績があるか
地元の業者であるか
対応は親切丁寧か
料金は適切か

 

上の2つは、ホームページなどで把握することができます。まずは確認してみましょう。
そのうえで、実際に相談してみます。相談するときの対応をよくチェックしましょう。料金が適切かは、複数社に見積りを依頼して比較すると見えてきます。
ただし、価格だけに注目せず、サービス内容にも目を向けることが大切です。

 

イチジク剪定の相談・見積りは無料でできます

剪定110番では、業者探しにかかせない相談や見積りを“無料”でおこなっています。

 

「まずは相談だけしたいな」「見積りをして料金を知りたい」

 

そのようにお考えの方も気軽に利用いただけるサービスです。
相談したことで無理に勧誘することはありません。また、見積り後でもキャンセル可能です。

 

自分でやるか業者に依頼するか迷っている方、業者による剪定にご興味がある方は、いつでも遠慮なくご相談ください。

 

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

上枠
no image

お客様情報

施工エリア
満足度
Warning: A non-numeric value encountered in /home/rizzlescon/rizzlescon.net/public_html/wp-content/plugins/shortcode-star-rating/shortcode-star-rating.php on line 169
下枠

桜の剪定と時期を解説!桜は切っちゃダメって本当?

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

目次

桜の剪定の必要性とは?剪定の手順とおさえておきたい注意点

桜の手入れは、水やりや肥料、害虫を予防するために行う冬の対策などやるべきことがたくさんあります。そのなかでも、剪定に注目します。桜の剪定を正しくおこなうために、まずは桜の特性を知り手順と注意点を頭に入れておくことが大切です。桜の特性を踏まえながら、正しいケアをしていきます。

 

ここでは、桜剪定の特徴やポイントなど基本的なことを確認していきます。難しいとされる桜の剪定をどうすすめていくか判断するための参考にしてみてください。

桜を切ってはいけないといわれていますが…

桜の剪定の必要性とは?剪定の手順とおさえておきたい注意点

「桜を切るバカ、梅を切らぬバカ」と言われていますが、大きく生長する桜の特性を踏まえて樹形を整えたり、病害虫から守るために剪定は必要です。しかし、剪定の時期や切るべき枝を守らなければ、木を枯らしたり病気になったりするなどの問題が発生することがあります。

 

桜は太い枝を切ることは厳禁です。人間にとっての腕と例えられることもある太枝を切ることで、桜の体力を奪い枯らすことがあります。切り口が病気の原因になることも多いので、消毒等のケアを行う事が大切ですが、太い枝ではいくら消毒をしても病気に敵わないこともあります。

 

太い枝が生長したあとに剪定をすることにならないよう、桜は小さな枝のうちに剪定を行うことが必要なのです。

桜を切る時期と樹齢によってかわる剪定方法

■桜剪定の時期
落葉後の11月~2月ごろに行うのが良いです。地域の気候によって適期が変わってしまうので、葉が落ちた直後と考えるとわかりやすいでしょう。間違った時期に行うと、切り口が傷んだり、菌が繁殖する、樹勢を弱めるという問題がでてくることがあります。

 

■桜剪定の手順
桜剪定で切るべき枝の判断は、桜を植え付けてから何年目かというのに注目します。

 

・2~5年目まで
ひこばえや台芽、ふところ枝、絡み枝、地面から1.5~2センチメートルの間に生えている枝は剪定します。

 

・6年目以降
上で挙げた枝に加えて、樹形を乱すおそれのある、さかさ枝も切るようにします。

 

■桜剪定が難しい理由

  • ・切り口が弱いので、適切なケアを怠らないようにしなくてはいけない
  • ・枝を途中で切るなどの間違った剪定で、木の腐朽が進む
  • ・太い枝に生長する前に剪定を行う必要がある、小さな枝のうちの対処が肝心
  • ・剪定の枝の見極めを怠ると、病害虫が発生したり枝が枯れる、不定芽によって形を乱すことがある
  • ・花芽をつきやすくするために、木が植えてある場所を考慮しつつ木全体に日が当たるように剪定する必要がある
  • ・桜の品種ごとの特性を知る必要がある

大切な桜の剪定はプロにお任せください

桜の剪定を自分でやろうと思っている方も少なくないと思いますが、切り口から病気になったり、腐ったりします。業者に剪定してもらえば、樹形もきれいに育ちながら木の健康にも気を使ってくれます。桜は繊細な木とも言えるので、剪定の業者にまかせた方が所有者や桜にとって安心です。

 

きれいな花が咲く桜の木を大切に育てていきたいと思っている方は、剪定のプロに相談してみませんか?剪定はもちろん、桜に必ず必要な切り口のケアまでおまかせ下さい。

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

桜の剪定料金の内訳

桜の剪定を業者に頼む場合は、料金の内訳はどのようにして決まるのでしょうか?桜の剪定料金は、主に作業費と切った枝の処分費などに分かれています。料金の設定方法は業者によって変わります。一律料金か日当料金かなど、自分にとって最適な料金プランを選ぶようにします。

計算方法の違いには注意が必要

桜の剪定料金の内訳

桜の剪定料金は、木1本あたりの「一律料金」と作業員の工数によってかわる「日当料金」に分かれることが多いです。

 

「一律料金」は、木1本あたりで料金が決まる仕組みです。木の高さや高さで金額が変わります。木の本数が少ない場合や、まだ木が若くて高さがない場合は、一律料金で対応してくれる業者の方が安く済むこともあります。

 

「日当料金」は、作業員の工数によって金額が変わる仕組みです。作業員の人数が増えたり、時間がかかる作業になると金額が上がることが多いです。作業する範囲が広い場合は日当料金制の方が分かりやすいかもしれません。

依頼方法を工夫すれば料金も安くなる

剪定を依頼する際には、少しでも安くしたい…と考える方が多いのではないでしょうか?
ここでは、依頼するときに少しでも安くするコツをご紹介します。「剪定の依頼ってハードルが高い」という考えが少し楽になるかもしれません。

 

【コツ1】 依頼前の見積もりは必須
剪定をする際には、予算を考えると思います。そこで役に立つのが見積もりです。いかに自分の望む予算に近いかたちで剪定ができるか、確認するのに良い判断材料になります。見積もりは金額だけでなく、作業内容やサービスについても確認しておくことも必要です。あとで後悔しないように、見積もり後に追加料金が発生しないかの確認もしておくと安心です。

 

【コツ2】 自分でもできる作業は依頼しない
剪定を依頼するときは、枝の処分や片付けなど、自分でできることは自分で行うと費用をおさえることができます。作業内容や木の大きさにもよりますが、枝の処分などができそうであれば自分でやってみるのも一つの手です。可燃ごみや粗大ゴミとして処分することになりますが、自治体のルールに基づいて処分をするようにしましょう。

 

【コツ3】 剪定を放置しない
剪定を放置してしまうと、枝が太くなってしまいます。桜の剪定で大切なことのひとつが枝が細いうちに対処することです。太い枝を切ることは桜にとって致命傷です。剪定の業者に依頼するときは、作業が困難になるほど料金があがるというケースもあります。早めに、そして定期的な剪定が、結果的に費用をおさえることに繋がります。

桜の剪定はいつでもご相談ください

桜の剪定は不要枝の排除が基本になるが、樹形を考えて切ったり、切った後のケアも考えなければいけないので、素人では失敗のリスクもあります。毎年きれいな花を咲かせたい場合は、業者の利用をおすすめします。
業者に依頼をしたいけどあまりお金を使いたくない…という方であれば、最低限の作業だけ依頼することも可能です。自分でできる作業はやってみて、あとは業者にまかせるのも良いでしょう。

剪定110番は一律料金でわかりやすく、無料見積もりの相談もできるので便利にご利用いただけます。料金を安くおさえてきれいに剪定してくれる業者さんを探しているなら、まずは見積もりだけでも取ってみませんか?

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

上枠
no image

お客様情報

施工エリア
満足度
Warning: A non-numeric value encountered in /home/rizzlescon/rizzlescon.net/public_html/wp-content/plugins/shortcode-star-rating/shortcode-star-rating.php on line 169
下枠

オリーブの剪定に大切なこと!行う時期と手順について

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

目次

オリーブの木を剪定する方法と業者にまかせるべきサイン

品種が豊富なオリーブ。室内でも育てることができるオリーブは、水やりや肥料を与える、鉢植えといった手入れが必要です。生長の速度も速くてたくさんの葉が茂るオリーブは、剪定も大切です。葉の量や枝の長さを調節する必要があります。

 

しかし、今までやったことがない方が挑戦するとき、はさみを入れる場所や思い通りの形に切る方法などがわからないため、なかなか手が進まないこともあるでしょう。初めから自分で挑戦するのもいいですが、一度剪定業者のやり方を見て参考にしてみるのも方法のひとつです。

オリーブの剪定ペースを下げる方法

オリーブの木を剪定する方法と業者にまかせるべきサイン

 

オリーブの剪定時期は、主に2回あります。剪定の時期がとても重要なので、一度確認してみましょう。

オリーブの剪定時期のメインは、2~3月初旬に行う剪定です。この時期の剪定をしっかりを行っておくことで2~3年に1回のペースで剪定を行えばよい、という状態になります。剪定を少しでも楽にするためには、この時期を逃してはいけません。成長期である5~10月に行う剪定は意味がありません。もし、枝が伸びすぎているなどの状態になっている場合は、その箇所をカットする程度の剪定にしましょう。

 

オリーブの剪定適期は、意外にも短くこの時期の間に必ず行うことは大変かもしれません。寒い時期でもあるので、無理のない範囲で剪定を行うことも必要です。また2~3年に1度の作業になるので、なかなか剪定に慣れない…という状態になることも考えられます。

オリーブが思った形にならないときに確認すること

オリーブの剪定の手順を以下に説明します。

 

▶必要なもの
剪定バサミ、癒合剤

 

▶手順とコツ
剪定をするときは、理想の形である縦長の楕円形を目指します。離れた場所から木を確認しつつ、剪定を進めていきます。

 

  • 1. ひこばえをカットする
  • 2. 枝が左右交互になるようにカットする
  • 3. 交差している枝や幹の方に向かっている枝、土に向かっている枝など余分な枝をカットする
  • 4. 切り口に癒合剤を塗る

 

剪定を進めて行く上で大切なのが、不要な枝を除きながら理想の形にもっていくことです。不要な枝だからといって切りすぎると、理想の形から大きく外れてしまうこともあります。形を整えるためには、全体のバランス、枝や葉の密度を見極めて仕上がりイメージに近づけていくことが必要です。作業の慣れはもちろん、センスも必要なのがオリーブ剪定です。

こんなお悩みありませんか?オリーブの剪定でお困りならいつでもご相談ください

  • 切るべき枝がわからない
  • 理想の形にするのが難しい
  • 余分な枝を切ってしまって花や果実に影響しないか心配
  • 放っておいたら高木になってしまった
  • 始めての剪定で、形のイメージができない 

 

オリーブの剪定に関してこのようなお悩みをお持ちでしたら、剪定のプロに一度相談してみてはいかがでしょうか?一度剪定をしてもらってあとは樹形を維持していく、というやり方もおすすめです。後々の手入れを楽にすることができます。

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

オリーブの木を剪定してもらうときの料金

オリーブの剪定依頼をはじめてするという方はとくに、具体的な金額が見えてこず不安に感じる方も多いのではないでしょうか?依頼時に一番気になるといっても過言ではない料金について、ここで少し説明していきます。剪定の料金はどう決まるのか、また金額を知るのに便利な見積もりの利点を紹介します。

オリーブの剪定料金を確認

オリーブの木を剪定してもらうときの料金

 

オリーブの剪定は、依頼する業者によってさまざまで一概にこれ!と断定することは難しいです。依頼する剪定内容やサービス、オリーブの木の状態などによって金額が上下するからです。

そこで金額がどう設定されるのかを紹介します。料金の決定には大きく2つ、木の高さや本数で料金が決まる場合と、職人の人数で決まる場合があります。

 

木の高さや本数で決まる場合は、依頼する木に対しての金額になります。木の本数が少ないとき、低木の場合はこの料金設定を設けている業者に頼むと良いかもしれません。対して、職人の人数で決まる場合は、木の状態は関係なく、あくまで職人の人数や作業時間で料金が決まります。
どちらがよりお得なのかを知るには、見積もりが有効です。

剪定料金が気になったときはとりあえず見積もりを依頼

オリーブの剪定料金で迷ったとき、業者を決めかねるときは、とりあえず見積もりをとってみることが大切です。見積もりをとってみると、意外と安かったり、思っていた計算方法と違ったりと、いろんなことが見えてきます。同じ依頼内容でも、金額が違うのはもちろん、含まれるサービス内容も異なるので、よく見積もり書を確認してみましょう。

 

見積もりは、よほど遠方の業者に依頼しない限り、無料で行ってくれるところが多いです。無料で行ってくれる業者を探せば、それだけで費用をおさえることが可能です。

オリーブの剪定、無料見積もりをいたします

当サイトでは見積もりを無料で行っています。少しでも安くおさえたい剪定、まずは見積もりにお金がかからないというのが嬉しいポイントです。見積もりは、無料で行う調査をもとにお出しいたします。現地で実際にオリーブの木を見ることで、正確な金額を出すことができます。その際に、不安な点などは全てお尋ねください。剪定のプロが丁寧に説明いたします。

 

見積もり後、希望の金額じゃなかったらどうしようという不安も無用です。当サイトでは相見積もりも歓迎しています。見積もり後のキャンセルも可能です。

 

剪定の依頼を迷っている方こそ、こちらにお電話ください!依頼が確定するまではお金が発生しないので、ぜひお気軽にご利用ください。

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

上枠
no image

お客様情報

施工エリア
満足度
Warning: A non-numeric value encountered in /home/rizzlescon/rizzlescon.net/public_html/wp-content/plugins/shortcode-star-rating/shortcode-star-rating.php on line 169
下枠

シマトネリコ剪定の手順は3つだけ!わかりやすく紹介

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!


目次

シマトネリコ剪定時期や方法をわかりやすく!基本の3ステップ

シマトネリコの剪定をしたい!というとき、こんなことが心配になりませんか?

「シマトネリコのやり方が全然わからない!意味不明!」「初心者だし、基本から知りたい」安心してください。じつはこういったことって、シマトネリコを育てている人の多くが思っているのです!

 

また、シマトネリコ剪定について調べてみても、「難しすぎてわからない!」「専門用語ばかりで読みにくい」という壁にぶち当たる人も多数…。

 

「誰かシマトネリコ剪定をわかりやすく解説してくれ…!」

 

ということで、シマトネリコ剪定の方法をとにかくわかりやすく紹介します。基本はたったの3ステップ!

カンタンに、剪定方法を理解することができちゃいます!

 

シマトネリコ剪定の方法を知る前に、「そもそもなぜ剪定するの?」という疑問を解消しておきましょう。
剪定する理由を知ると、やる気が出てきますよ…!

 

剪定する理由は、シマトネリコの特徴に隠れています。
みなさまは、シマトネリコにどんな特徴を浮べますか?

 

絶対、絶対、知っておいてほしい特徴は…“生命力が強い!”もうこの一点です。

 

生命力が強いシマトネリコは、成長が早く枝がどんどん伸びていきます。
放置すると自分では管理できないほどの高さになってしまうので、剪定が必要なのです。

 

お庭の顔として利用されることも多いシマトネリコなので、見た目のためにも剪定をします。さらさらと風にゆれるさわやかなシマトネリコを作りだすためにも、剪定が必要なのです。

 

シマトネリコ剪定は、高さや見た目を整えるために絶対に必要なもの。
さあ、さっそく剪定をはじめていきましょう~!

 

シマトネリコの剪定時期と剪定に必要な3ステップ

シマトネリコの剪定時期と剪定に必要な3ステップ

 

シマトネリコ剪定をする前の予備知識として、「時期」と「3つの手順」をチェックしてみましょう。

 

●剪定時期
寒すぎる!暑すぎる!という時期を避ければOKです。シマトネリコは極端な季節が苦手だからです。人間だって一緒ですよね。
また、こういった時期に剪定すると、枯れてしまうこともあります。
具体的な時期ですが、3~4月です。季節の変わり目にあたる時期ですね。

 

大きさを維持したい・小さくまとめたいという場合は、3~4月の剪定に追加して、6~7月にも剪定をします。9~10月でも可能です。年に2回の剪定をしましょう。

 

●剪定に必要な3ステップ
覚えるのは、たったの3ステップ!楽に考えてください。難しいことはありません。

 

1. いらない枝をカット
2. 高さを整える
3. 木の外見を、間引き剪定で整える
※間引き剪定・・・枝を根本から切り落とすこと

 

この3ステップについては、次に順を追って説明していきます。

 

まずは枝をどんどん切っていくことからスタート!

1ステップ目は、いらない枝をカットすることです。
切るべき枝と切り方を見てみましょう。

 

●切るべき枝
切るべき枝6つを、切る位置別に紹介していきます。切る位置は、根本からバサッと切るものがほとんどです。

 

【根本から切る枝】
・ひこばえ
木の根本からでている芽のことです。成長が速い、栄養を吸い取る厄介者……。

 

・自由奔放な枝
幹(木の軸となる部分)にむかって伸びている枝、上へ上へ伸びている枝。とにかく、他の枝とは違う方向に伸びてしまっている枝です。

 

・からみ枝
枝に絡むように生えている枝。ほかの枝の成長を止めてしまうので、ここは思い切ってバッサリいきます。

 

・交差している枝
交差している2つの枝。片方を切ることになりますが、2つを比べて元気な方を残してください。

 

【ダメになっているところまで切る枝】
・枯れている枝
乾燥している枝です。反対に、樹液が出る枝は生きています。先のほうから少しずつ切ってみて、元気な部分は切らないようにしましょう。

 

・病気の枝
穴が開いている、白や黒に変色している枝を見つけたら、ダメになっている部分まで切ってしまいましょう。

 

●枝の切り方
切るだけなので難しくありませんが、ポイントが1つあります。
それは、枝の細さで剪定ハサミの使い方を変えることです。

 

細い枝は刃先をつかって切っていきます。「ちょっと太いかな?」と思う枝は、ハサミの根本を使って切っていきましょう。細いほうの刃で枝を固定し、もう片方の刃でグッと押し下げるとうまく切れます。

 

太い枝を切る場合は、切り込みを入れて、その反対側から刃を入れると楽に切ることができます。

 

枝を切ったら「高さ」と「樹形」の調整を行います

2ステップ目では、高さを整えていきます。

●高さの整え方とポイント
シマトネリコの高さは、3メートルを目安にするといいです。これより大きくなると、剪定や管理が難しくなってしまいます。

 

高さを整えるために、3方向にむかって生えている枝のうち、真ん中にある枝を切ります。
「高さをおさえたい」「同じ高さを維持したい」という場合は、伸びやすい性質を持つ枝を切るようにしましょう。
3方向に伸びている枝のうち真ん中にある枝、高い位置で生えている枝が対象です。

剪定完了まであと少し!最後は樹形(木の外見)を整えていきましょう!

 

●樹形の整え方

木の外見が、楕円形になるように整えます。3方向に伸びている枝のうち、真ん中の枝を根本から切ることで、楕円形に近づけます。

 

ポイントは、木の下のほうの葉を多めに残すことです。これで木の全体バランスが整います。
「少し切ったら、遠くからボーっと眺めてみる」これを繰り返しながら作業をしていきましょう。

 

しかし、すぐにきれいな楕円形になるわけではありません。数年がかりの作業と心得てください。そのため、一気に表面をザクザク切ることは避けなくてはいけません。

シマトネリコ剪定は、今ご紹介した3ステップを踏むのみです。
シマトネリコは剪定に耐えてくれる木なので、要点をおさえたら自分で挑戦してみてもいいですね。

 

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

 

葉がなくなる・色が変わる原因とシマトネリコに必須のお手入れ

生命力が高いゆえに手間が少なく済むので、育てやすいといわれているシマトネリコですが、正しく育てないとシマトネリコの特徴であるさわやかな緑が失われてしまうことがあります。

 

「葉の量が少なくなった!」「葉の色が変わった…」「シマトネリコの育て方が不安!」
このように不安に感じている方も、結構多いです。

 

そこで、葉の量が少なくなった、色が変わってしまった…といった症状の原因や、健康に育てるために必要なことを紹介していきます。

 

シマトネリコの葉が少なくなった、色が変わった…原因はここにあった…!

シマトネリコの葉が少なくなった、色が変わった…原因はここにあった…!

 

【葉が少なくなる原因】
・強い寒波に襲われた
・乾燥していた
・病気になってしまった

黄色くなって葉が落ちるのは自然なことのため、安心してください。

 

【葉の色が変わる原因】
・直射日光を浴びた
・日光が不足していた

 

 

葉が少なくなったり色が変わってしまうのは、育てる環境が大きく影響しているといえます。
そのため、そうならないための環境づくりやお手入れが必要になります。

 

シマトネリコを健康的に育てるには、適した環境と水やりの配慮を!

シマトネリコによくある葉のトラブルを防ぐために、必要なことをまとめます。

 

●シマトネリコが好む環境
シマトネリコは明るい日陰が大好きです。日光が必要な反面、強い日差しを苦手としているので、明るい日陰くらいがちょうどいいのです。
また、寒い場所を苦手としています。マイナス5度ほどの寒さになる場合は、シマトネリコの育成に向いていません。

 

●水やりの頻度とタイミング
冬の時期は、土の表面が乾いてから2~3日後におこなうのがベストです。毎日、土の状態を確認しましょう。
その他の時期は、土の表面が乾くたびにたっぷりの水を与えます。土を触ってみて乾き具合を確認してみてください。
とくに乾きやすい夏は、朝夕の2回与えます。

 

水やりとなると、気になるのが肥料やりについてですが、基本的には必要ありません。
シマトネリコを大きくしたい場合は与えてもいいですが、自宅で育てているシマトネリコを大きくする機会は、そう多くはないでしょう。

 

シマトネリコ剪定で不安なことがある、育て方に自信がないときはプロに相談を

シマトネリコ剪定で必要なのは、いらない枝を切る、高さや木の外見を整えるという作業のみです。
難しく考えずに、3つの手順を踏んでいきましょう!

 

健康的に育てるためには、育てる環境の配慮と水やりをかかさないことです。この2つは、意識しておくといいですよ。

 

しかし、シマトネリコは生き物です。突然、さまざまな症状が出てくることが考えられます。
例えば病気にかかってしまったとき、Y字のままのびてしまって切るべき枝に迷ってしまうときなどです。
「自分では手に負えない…」と感じたら、さまざまな状況に剪定のプロが対応します。

 

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

 

シマトネリコの剪定を依頼したときの料金

シマトネリコ剪定でかかる料金は○○が関係してくる

 

「自分では無理!」「なんだ、この症状は!」「ネットに答えが書いていない!」
このようなときは、シマトネリコ剪定を業者に依頼するのが一番。

 

調べるのは時間も手間もかかるし、答えが載っていないとイライラします…。

 

とはいえ、「業者依頼ってハードル高!」って思いませんか?

 

そこで、シマトネリコ剪定にかかる料金や、業者選びのコツを伝授します。
見積もりなど、無料でできることもあるので、まずはそこからはじめてみるのもおすすめですよ。

 

では、詳しく見ていきましょう!

 

シマトネリコ剪定でかかる料金は○○が関係してくる

剪定料金に関係してくるのは・・・
・剪定の方法
・シマトネリコの数や高さ

 

です。どんな方法で何本切るか?によって剪定料金が変わります。
つまり、“シマトネリコ剪定は○○円!”と断定できないということです。

 

業者によっては、職人さん一人あたりの料金で計算する業者もあります。
また、追加料金として、枝の処理費、出張費がかかる場合もあるので注意しましょう。

 

そのため、作業を依頼する前には、「見積もり書」をよく確認することが大切です。
見積もりは、どれくらいの金額でどんな作業をおこなうのかを計算することです。これを文章で表したものが、見積もり書となります。

 

シマトネリコ剪定は信頼できる業者に!探し方とポイント

剪定業者を探すときは、「業者の探し方はあっているのか…」「この業者でいいのだろうか」といった不安がでてきます。

 

それも当然。お金を出して作業してもらうわけなので、業者選びに失敗したくない!という気持ちから、不安になってしまいますよね。

 

そこで、信頼できる業者の探し方とポイントを紹介していきます!

 

●信頼できる業者を探すには?
信頼できる業者を探すためにすることはカンタン。それは、信頼できる業者の特徴を知ることです。

 

・わかりやすい料金提示があるか
・見積もりは適切か
・見積もり後に追加料金が発生しないか
・シマトネリコ1本から対応してくれるか
・地域に特化した業者であるか ・施工事例はしっかりとあるか

 

業者選びの際は、数社までは絞れることが多いでしょう。
「ここから1社にするのが難しい…」そう感じたら、上に挙げた項目に当てはまるかをチェックしてみてください。

 

●業者に問い合わせるときはここをチェック!
問い合わせ時は信頼できる業者を見分けるチャンス!以下の点をチェックしてみましょう。

 

・丁寧で親切な対応か
・質問にすぐに答えてくれるか

 

対応が丁寧で、質問に親切に答えてくれるか…。これは接客業ともいえる剪定業者に最低限必要なものです。まずはここをチェックしましょう。
また、人対人のお付き合いになるので、相性もあります。対応がしっくりくるなと思う業者に依頼しましょう。

 

シマトネリコ剪定を依頼する場合は、「見積もり」からスタート

剪定を業者に依頼すると、手間や時間がかからない、剪定時のケガや事故の心配がない、仕上がりがキレイといったメリットが得られます。

 

シマトネリコ剪定を業者に依頼するときは、見積もりからはじめてみましょう。
見積もりをすると、具体的にかかる料金がわかるだけでなく、そのときの業者の対応もチェックすることができ、いいことだらけです。

 

剪定110番では、無料で見積もりができます。
また、見積もり後でもキャンセルでき、無理な勧誘も一切ないため、「まだ依頼を決めていない」という方でも安心です。
24時間365日、いつでもお気軽にご相談ください。

 

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

上枠
no image

お客様情報

施工エリア
満足度
Warning: A non-numeric value encountered in /home/rizzlescon/rizzlescon.net/public_html/wp-content/plugins/shortcode-star-rating/shortcode-star-rating.php on line 169
下枠

柿の剪定方法・時期とおさえておきたい注意点

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

目次

柿の剪定方法とDIYで行う難しさ

柿の剪定は、木や葉が茂ることによって果実がつかなくなったり害虫被害に遭うことを防ぐために行います。日当たりや風通しをよくすることはもちろん、きれいな果実をつけるためには、適度に剪定を行う必要があるのです。
ここでは、柿剪定の時期や方法といった基本的なことから、DIYで行う柿剪定の難しさや注意点について説明していきます。

柿の剪定時期と方法

柿の剪定時期と方法

 

 

■時期
柿の剪定は、12~3月頃に行います。生長が早い柿は剪定が必須です。この時期が適期なのは、花が咲かない時期だからです。柿を収穫する時期、10~11月を過ぎてからということになります。このほかにも、幹に太陽の光が当たっていない様子が見受けられるようであれば、6月下旬から7月上旬に余分な枝を切る作業も行います。

 

■剪定方法とコツ
柿のお手入れには大きく3つの作業があります。

 

・果実の調節
木に柿が実りすぎると、栄養が分散してしまうことになります。そこで果実の調節が必要です。果実を調節することで1つの柿に行き渡る栄養分が増えるので、果実が大きくなるという効果があります。枝の先端を切って数を減らしましょう。ただし、枝を切りすぎると枝がたくさん伸びてしまうことになるので注意です。

 

・枝の調節
枝の調節には、透かし剪定が有効です。混み合っている枝を透かすことで、果実が傷ついてしまうことを予防したり、光を木の中心まで届くようにすることができます。枝の間隔が空くように根元から切りましょう。木の内側に向かって生えている徒長枝を取り除く作業も行います。

反対に枝を増やしたいときは、切り戻し剪定を行います。枝の先端を切ることで、新しい枝が生えてきます。
柿の剪定では、透かし剪定と切り戻し剪定を上手く組み合わせて作業をしていきます。

 

・樹形の調節
木全体の形を整えるには、大きな枝を切ることで対応します。主幹を切り落すことで、枝が左右に広がる形になります。こうすることで木が高くなりすぎず、柿の収穫、農薬の散布などの作業が楽になります。理想は、主幹が3本、亜主枝が6~9本になるような樹形です。

柿の特性と剪定で注意すべきポイント

柿の特性は、以下のようなものがあります。

 

  • ・立ち枝が強く、下垂した枝は弱りやすい
  • ・太い枝の切り口から不定芽が発生することがある
  • ・日当たりが悪いと枝が枯れてしまう
  • ・先端の新梢が太く長く生長する

 

日当たりなどの環境が原因になって、柿が弱ってしまうこともあるので柿の特性をよく知る必要があります。一般的に育てやすいと言われている柿ですが、剪定では主に以下のことに注意しなくてはいけません。

 

  • ・横向きに生長するように剪定する
  • ・毎年剪定は行う
  • ・果実に栄養が行くように剪定する
  • ・切り口には癒合剤を塗る
  • ・前年伸びた枝を短くしすぎない(花芽がつかなくなってしまうため)

 

柿の剪定は行わなければ害虫が発生しやすくなり、剪定をやりすぎてしまうと翌年に果実を付けなくなってしまいます。ちょうど良い加減でおこなわなくてはいけないのも、柿剪定の難しさと言えます。

きれいな樹形を保ちつつ果実をつけるための剪定が必要

剪定は、「柿の木をどうしたいか」で、枝の残し方などの剪定方法が変わってきます。きれいな柿の木を維持するためには、樹形を保ちつつ毎年実をつけてもらうように剪定で調節する必要があります。

 

害虫被害にあわないために剪定をしなくてはいけない、だけど剪定をしすぎてしまって実がならなくなったらどうしよう…このようにお困りのときは、ぜひ当サイトにお電話ください。
害虫対策としての剪定、きれいな果実をつけるための剪定、なんでもおまかせ下さい!

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

柿の剪定を依頼したときの料金

柿の剪定を依頼したときの料金

 

剪定をするときに、いくつかの注意点に気を付けながら行う必要がある柿。すべての注意点を網羅できないというときは、やはり経験のある業者に依頼するのが安心、かつ確実と言えます。

ここでは、多くの方が気になる「料金」に焦点を当てます。柿の剪定を行うときの料金はどのように決まるのか、剪定前の確認事項などを具体的にみていきます。

柿の剪定料金の違い

柿のの剪定料金は大きく2通りの計算方法があるので、料金に差がでることがあります。

 

1.人数と作業時間
剪定のスタッフ人数と作業時間によって剪定料金が決まるケースです。

人件費で料金を決定していると考えるとわかりやすいです。作業員✕作業時間ということが多いので、人数や作業時間が増えるほど、料金は上がります。作業員がどれくらいの時間で終われるかということも重要になってくるので、スタッフの腕で料金が変わることも考えられます。

 

2.木の本数と高さ
木の本数や高さによって、金額が決まるケースです。

作業時間がどれくらいかかるのかなど考える必要がなく、あくまでも対象の木に対しての金額になります。本数が少ないほど、高さが低いほど費用がおさえられるのがポイントです。依頼する木が少ない、高さがないという場合にはこちらの料金設定で作業をしてくれる業者に頼んだ方が安くできる可能性があります。

柿の剪定を依頼する前に確認しておくこと

上で説明したように、剪定業者によって金額設定はまちまちです。そこで金額を明らかにするために見積もりをとりましょう。

剪定の料金がはっきりしなければ中々依頼に踏み切れない方も多いでしょう。剪定業者の多くは無料で対応してくれますが、中には出張料などが必要になるケースもありますので、事前に確認は必要です。

 

見積もり時には、金額だけでなく、サービス内容や剪定方法などの確認も必要です。料金ばかりに目がいきがちですが、それでは肝心なところを見逃してしまうかもしれません。提示料金内でどこまでのサービスがあるのか、出張料は別途必要なのかなども確認しましょう。

 

当相談窓口では、無料の現地調査、相談、見積もりに対応しています。さらに嬉しいのが、見積もり後でもキャンセルが可能な点です。提示金額や作業内容などの説明をしっかりと受けて、納得いただいたうえでの作業なので安心感が違います。

柿の剪定、まずは見積もりからお気軽に!

柿を育てるのは簡単と聞いていたものの、剪定するのは不安…、来年も実がつくように剪定できるだろうか…などとお困りの際には、ぜひ当相談窓口にお電話ください。
柿を剪定する際には注意点が多くあり、一歩間違えると柿の木に大きな影響を与えてしまいます。

 

柿の剪定を業者に依頼する際には、何よりも気になるのが料金かと思います。
ご不安に感じているすべてのみなさまにご納得いただけるように、まずは現地調査と見積もりのご依頼を伺っています。

 

金額だけ知りたい!というご要望にもお答えしますので、お気軽にご相談下さい。

 

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

上枠
no image

お客様情報

施工エリア
満足度
Warning: A non-numeric value encountered in /home/rizzlescon/rizzlescon.net/public_html/wp-content/plugins/shortcode-star-rating/shortcode-star-rating.php on line 169
下枠

梅の剪定は時期が重要!正しく梅を育てるポイント

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

目次

梅の剪定方法と見逃せない注意点

梅の剪定を行うために、重要なことはたくさんあります。そのなかでも剪定時期はとても大切です。梅の剪定時期は、この時期であると断定できません。植えてからの年数など見極めなくてはいけないポイントがでてくるからです。ここでは、剪定時期を中心に、基本的な剪定方法、自分で剪定を行うリスクを解説します。

梅の剪定で大切なのは行う時期

どうやる?梅の剪定方法と見逃せない注意点

 

■時期
梅の剪定は、10月頃の花芽がわかるようになる時期に行うのが良いとされています。この時期は葉が落ちる時期なので、枝の混み具合がよくわかるようになるからです。しかしこれはあくまでも一例。
実を増やすためには7~8月の間、新たに生えてくる枝のためには4月に剪定をするなど、目的によっても剪定時期は変わってきます。

 

さらに梅は、木を植えて何年たっているかによっても剪定時期が変わっていくので、以下に挙げていきます。

 

  • ・1年目…9~11月
  • ・2年目…3年目…12~1月
  • ・4年目6~7月の夏期、10~1月の冬期 計2回

 

■剪定方法
梅剪定の基本は、「枝を切ること」と「実を摘むこと」です。
枝を切る際は、長く伸びた枝や徒長枝を1/3の長さになるように切ります。クロスした枝があればどちらかを切る、内側にのびた枝は枝元から切ってしまい、車枝は1本にします。

 

枝の剪定の際には、花芽と葉芽の区別はしっかり行うことが大切です。また、実の付きをよくするために短果枝を多く残すのもポイントです。
実を摘む作業は、植えてから4年目以降に行います。実に栄養を行き渡らせるという目的のためです。実がつき始めるころに、5~6センチメートル感覚で間引いていきます。

梅の剪定時期や方法を間違えると・・・

梅は剪定しないと枝が生い茂り樹形が崩れるだけではなく、風通しや日当たりも悪くなります。それにより、大切に育てている梅が病気になったり、害虫に侵されたりします。しかし、剪定を行う時期や方法を間違えてしまうといろいろなトラブルがおこります。

 

  • ・花芽が確定する前に切ってしまうと、翌年の花芽の数を減らしてしまう
  • ・梅の枝は硬いので注意。枝が足に刺さってしまう事故に繋がることがある
  • ・脚立での作業を無理にすると落下の危険がある
  • ・梅の実がつきにくくなる
  • ・アブラムシなどの害虫に悩まされる
  • ・剪定時期を誤ると、無駄な枝毛が多くなる、開花しないというトラブルになる

 

梅の剪定は必須の作業ですが、正しい知識を持たずやってしまうと「花が咲かない」「実がならない」といった悩みの原因になります。

「梅がうまく育たない」とお悩みのときは剪定方法の見直しを

梅の剪定時期、そして方法を誤ると色々な問題に悩まされることがわかりました。しかし、剪定が難しいからと言って放置するわけにはいきません。梅は、枝が勢いよく伸びるという特性があります。放置すれば樹形が崩れてどんどん大きくなってしまうのです。

 

自宅のお庭を華やかにしてくれる梅をキレイに保つために、、業者の手を借りることも大切です。

「今年は剪定をする暇がない」「初めての剪定でうまくできるか不安」という方は、いつでも気軽に利用できる剪定業者に相談してみませんか?
樹形もきれいになりますし、梅をうまく育てるアドバイスを受けることもできます。料金がかかっても意外とメリットも多いのが業者の剪定です。

 

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

梅の木の剪定を依頼したときの料金

梅の剪定を業者に依頼する際に、気になるのは料金ですが、一概にこの料金!と言えません。そこで、梅の剪定を依頼するときの料金はどのように決まるものなのか、基本的な考え方をご紹介します。業者を選ぶ際に参考になる「費用をおさえるコツ」も紹介するので合わせて参考にしてみてください。

基本的な剪定の料金

どうやる?梅の剪定方法と見逃せない注意点

 

地域や剪定方法によって差が出ることもありますが、料金が決まる考え方としては大きく2つあります。

 

1.高さや木の本数によって変わる業者
低木、中木、高木など、木の高さによって変わる場合、高さが高くなるにつれ料金が上がるのが一般的です。木の本数で変わる場合も同様で、本数が多くなるほど料金が高くなります。梅の枝は上に伸びていくという特徴をもっているため、高さが出ないうちに早めに剪定依頼をすると費用をおさえられることもあります。

 

2.職人の人数とかかる日数で決まる場合
1日あたりで金額を出す方法です。この場合は、作業日数が増えれば増えるほど料金が上がる仕組みです。また、対応する職人の数が増えるとその分、人件費がかかることもあります。

剪定料金を安くおさえるために大切な見積もり

梅の剪定をできるだけ安くおさえるためのコツがあります。それが、事前にしっかり見積もりをとるということです。

剪定の料金設定は、上で述べた通り業者によってまちまちです。そのため、同じ条件でも業者によって料金が大きく変わることも考えられます。そこで、複数の業者に見積もりをとって比較することをおすすめします。

比較するのは金額だけではありません。剪定後の枝の処分など、提示された料金に入っているサービス内容も確認しましょう。

 

ほかには、剪定してくれるスタッフの知識や技術、質問に真摯に答えてくれるか、追加料金の発生はないかなどの確認をしておくことも大切です。

梅の剪定でお悩みのときにはいつでもご相談ください

梅の剪定は正しい剪定時期に行うことが大切ですが、その時期を見極めるのは難しいところです。剪定方法も行う時期によってやり方が変わってきます。誤った剪定をしてしまうことで、梅をダメにしてしまうなどのリスクはできるだけ避けたいところです。

 

そこでおすすめなのが業者に頼ることですが、気になるのが料金。業者によって、梅の剪定料金は変わりますし、HPなどを見てもはっきりとした金額が載っていないことが多いです。梅の木の状態にもよりますので、一度、無料の現地調査と見積もりをご利用ください。下のお電話番号から承ります。

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

上枠
no image

お客様情報

施工エリア
満足度
Warning: A non-numeric value encountered in /home/rizzlescon/rizzlescon.net/public_html/wp-content/plugins/shortcode-star-rating/shortcode-star-rating.php on line 169
下枠

薔薇(バラ)の剪定は時期が重要です!正しいお手入れとその目的

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

目次

薔薇の剪定をする目的と剪定方法

薔薇の剪定は、ほかの植物と同様に樹形を整えるために行いますが、よりキレイな花を咲かせることも目的となります。剪定を行わずに放置してしまうと、花が付きづらくなったり、害虫の被害に遭いやすくなります。

 

薔薇を長く育てるほど手間がかかると言われていますが、その美しさを楽しむためなら手間を惜しまないという方も多いのでは?そこで、薔薇の手入れの仕方や剪定方法などを紹介していきます。

時期によって変わる薔薇の育て方

時期によって変わる薔薇の育て方

 

薔薇は年間を通じて手入れが必要です。通年の手入れのなかでも、大切な作業を説明していきます。

 

・夏の手入れ
四季咲きの薔薇に必要なのが「夏剪定」です。地域の温暖差よって差はでますが、9月上旬が適期と言われています。全ての枝が対象で、外芽の上で切り落とします。伸びだしたシュートも切っておきましょう。

 

・冬の手入れ
春に良い花を咲かせるために、とても大切なのが冬の剪定です。適期は、地域によって変わりますが2月と言われています。大胆に枝を切ってかたちを整えることが大切です。蕾がある場合は、摘み取るのがポイントです。

 

・花後の手入れ
咲いた花はいつまでも楽しみたいものですが、あまり長く咲かせておくと次の開花に影響がでてしまいます。花びらの痛みが見られたら、五枚葉の付け根の目に沿って、斜めに1ミリメートルくらい上を切る作業が必要です。

 

・梅雨明け後の手入れ
温度の上昇を避けるために行います。鉢の表面をピートモスなどで覆い、板などを使って直射日光を遮ります。

 

・毎日の水やり
鉢植の場合は、毎日夕方に1回水を与えます。雨の日は行いません。
庭植の場合は、月2回程、とくに梅雨前後の時期は水をたっぷり与えます。梅雨の間は不要です。

 

品種によってかわる薔薇の剪定方法

薔薇は種類によって剪定方法が変わるのが、難しさの一つです。ここでは四季咲きの薔薇、つるバラ、ミニバラを例に紹介していきます。

 

・四季咲きの薔薇
秋からも開花を楽しめるハイブリッド系などの四季咲きの薔薇は、基本的には切り戻したり、すく作業になります。シュートの剪定は基本的には行わなくても良いとされていますが、幹が太すぎるもの、伸びすぎている場合は切っておきましょう。

 

・つるバラ
ベーサルシュートがよく伸びるつるバラは、2年ごとに数本変える必要があります。ベーサルシュートは、後に株を構成する枝、親枝になります。生えてくる新しい枝を育てつつ、古くなった親枝は根元から切る作業を続けていくことがつるバラにとって大切です。剪定は、1月が適期です。

 

・ミニバラ
ミニバラはしっかりとした剪定は必要ないと言われています。手入れが比較的ラクなのが特徴ですが、全体のかたちを整える、枯れた枝を取り除くなど必要な手入れはかかさないようにしましょう。

 

手軽にきれいな薔薇を育てるには?

薔薇の剪定は、花を咲かせるために必須の作業です。このほかにも剪定は、うどん粉病などの病気やアブラムシをはじめとした害虫を防ぐ、樹形を維持するという目的もあります。

 

庭を彩る薔薇は、いつまでもきれいな姿を維持したいものです。しかし、このために重要な剪定を、手間がかかるなどで避けている方もいらっしゃることでしょう。
しかし、お手入れの一部を業者に任せることで手軽に薔薇を楽しむという方法もあります。手軽にきれいな薔薇を育てるために、業者の力を借りてみませんか?

 

自分で育ている方で「花がきれいに咲かない」「花が咲かない年がある」といった状態でお悩みの方のご相談もお待ちしております。

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

薔薇の剪定に必要な料金と依頼できる内容

薔薇の剪定を業者に依頼する場合、気になるのが料金です。薔薇剪定の料金は、どのようにして決まることが多いのか、以下で確認していきます。環境や条件も異なる薔薇剪定の正確な金額を知るには、見積もりが必要です。見積もりのときに確認したい注意点も見ていきましょう。

 

また、薔薇の剪定業者が行ってくれる主な作業内容を知ることで、業者に依頼するメリットを考えていきます。

薔薇剪定にかかる料金の見積もり例

バラ剪定にかかる料金の見積もり例

 

薔薇の剪定でかかる料金の基本的な考え方は、【作業料】+【出張料】+【材料費】です。
このなかの作業料は、各業者の料金プランによって変わります。料金プランは、主に3つあります。

 

・1時間あたりの作業で決まる場合
1時間単位などで金額が変わる仕組みです。1日あたりの料金になることもあります。時間は、木立性の薔薇の場合は1時間あたり5~10株程度の剪定が目安です。依頼する本数が少なければお得になりやすいと言えます。

 

・高さ・本数によって決まる場合
本数や高さなどの作業面積で料金が決まる仕組みです。薔薇の本数が多くて時間がかかりそうというときは、時間を気にしなくて済むためこのタイプの料金設定をオススメします。

 

・スタッフの人数によって決まる場合
人件費が影響する仕組みです。対応してくれるスタッフの人数と時間が多いほど、料金は高くなります。指定された時間内と人数で、どこまで剪定が完了するのかあらかじめ確認するのがいいでしょう。

薔薇の剪定業者に依頼できる内容

手入れをこまめにする必要がある薔薇ですが、薔薇の剪定業者はどこまで対応してくれるものなのか、以下に例を挙げます。

 

  • 薔薇の剪定
  • ・薔薇の誘引
  • ・生長サイクルに合わせたお手入れ
  • ・薔薇に関する相談やアドバイス
  • ・薔薇を使ったお庭づくり

 

薔薇の剪定業者は、剪定だけでなくさまざまな面でサポートしてくれる心強い味方と言えます。薔薇を育てるにあたって全体的に不安なことが多い、アドバイスをもらいたいなどの希望があるかたは、業者を頼るとメリットは大きそうです。

正確な費用を知りたいときは見積もりを依頼

業者による薔薇剪定を依頼する際に、必ず行いたいのが見積もりです。見積もりを取ることで業者を比較できる、より低価格でおこなってくれる業者を見つけることができるため、利用者にとってメリットが多いです。
薔薇の剪定は、作業や株の量によって料金が変動するため、正確な料金を知りたいときは見積もりを依頼した方が確実です。さまざまな料金タイプの業者をピックアップして、料金を比較してみるといいでしょう。

 

気を付けたいのが、料金だけに注目しないことです。サービス内容にも目を向けて、必要な作業が金額内に全ておさまっているかを確認します。剪定後の枝の処分、出張料などが料金に含まれていないこともあるので、注意しましょう。あとは、無料で見積もってくれるかにも注目です。見積もり後に料金をとられる…ということがないように、事前に確認しておきましょう。

 

当サイトでは、無料の現地調査とお見積りで対応しています。見積もり後のキャンセルも可能なので、料金比較のために気軽に利用できます。また、見積もりをしたあとに追加料金が発生することがないので、安心しておまかせください。

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

上枠
no image

お客様情報

施工エリア
満足度
Warning: A non-numeric value encountered in /home/rizzlescon/rizzlescon.net/public_html/wp-content/plugins/shortcode-star-rating/shortcode-star-rating.php on line 169
下枠

松の剪定に適切な時期とコツ!気になる料金は?

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

目次

松の剪定に適切な時期と剪定方法

「松の剪定ができるようになれば一人前」と呼ばれるほど、業界内でも松の剪定は難しいといわれています。その理由は時期によって剪定の方法が違うことや、剪定に時間がかかることなどが挙げられます。ここでは松剪定をする前の基礎知識として、松剪定の最適な時期や方法、剪定時のコツをいくつか紹介していきます。

松の剪定に適切な時期

松の剪定に適切な時期と剪定方法

 

■春に行うのは松の「芽摘み」と「みどり摘み」

「芽摘み」は、伸びてきた新芽を摘む作業で、樹勢の格差を平均的にする、第一節間を短くするために行うものです。芽摘みの方法には、ハサミを使って切る方法と、強い芽をピンセットで摘み取る方法があります。

 

「みどり摘み」は、バラバラに伸びた新芽をもぎ取る作業で、樹形を調整、維持のために行うものです。勢いのある長い芽を手で摘み、枝から伸びている5~6本の芽を3本くらいに間引きます。

 

これらの作業を4月下旬から6月上旬にかけて行っておくと、秋冬の剪定が楽になります。松の樹形を維持するために必須の作業と言えますが、慣れるまではなかなか難しい作業になります。松の先端に摘み取る芽と摘み取らない芽が存在するからです。1本から6~7個もの新芽が出ることもある松のどの芽を残していくかは、芽の伸びる方向や全体の樹形を見極めなくてはいけません。

 

■冬の剪定は「もみあげ」と「透かし剪定」

10月から1月にかけての秋冬には、「透かし剪定」を行います。この時期は樹形を整えるだけでなく、日当たりを良くする、害虫から松を守る目的があります。日差しを好む松にとって重要な剪定です。透かし剪定は、余分な芽や枝をハサミで切ったり、葉を手で取っていく作業です。

 

一方、「もみあげ」は古葉おとしともいわれるように古い葉や余分な葉を手で取る作業で、11月初旬から2月中旬に行います。透かし剪定が終わったあとがタイミングです。下枝にも陽がよく当たるように、葉の量を調節していくことが重要です。

 

松の剪定が難しいといわれる理由

 ■松の剪定で気を付けること

難しいといわれている松の剪定にはいくつか注意点があります。

 

【春に行う松剪定の注意点】

  • ・長い芽は根元から折り、短い芽を残すようにする
  • ・枝に対して芽をYの字のように2本残す
  • ・ハサミを使うかは状況をみて判断する

 

【秋冬に行う松剪定の注意点】

  • ・枝はY字型になるようにする
  • ・上から下へ、奥から手前に作業する
  • ・上、下、離れた位置から松をみて、どの枝を残すか検討する

 

■松の剪定が難しいといわれる理由

ほかの植木と比べて、松剪定は難易度が高いといわれていますが、その理由は以下のようなものがあります。

 

  • ・手入れに時間と手間がかかる
  • ・小枝があらゆる方向に伸びているので、剪定する枝の見極めが難しい
  • ・芽の数が多い
  • ・剪定をしすぎると枯れてしまうことがあるので、加減が難しい

 

松の剪定だけを業者に依頼するのもあり

松の剪定は、1年を通して数回行いますが、作業は単純なものではありません。
先ほどご紹介した通り、松の剪定にはいくつものポイントが存在します。さらに、理想の樹形に育てるには枝が伸びる方向なども考えなくてはいけません。

 

自分で剪定をした場合、「松の伸びる方向と育てたいイメージに差異が生まれる」「きれいな松を育てたいのに、経験・技術・時間がいるので簡単にはいかない」などの問題が出てくることがあります。

 

剪定業者を利用すれば、「時間がかからない、きれいに仕上がる、松が枯れるなどのリスクが減る、片付けも頼めて手間がなくなる」などのメリットが得られます。

「思った通りの形に育たない」「初めて松を育てるので不安」などでお悩みの方は剪定業者の質の高いサービスを体験してみませんか?

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

松の剪定を依頼したときの料金計算と安く済ませるコツ

松の剪定を業者に依頼することでメリットが得られるとは言え、気になるのが費用です。 ここでは、松の剪定にかかる費用の考え方から、できるだけコストをおさえるために知っておきたいポイントをまとめます。業者へ依頼するまえに目を通しておくと、お得に松の剪定が行えるかもしれません。

松の剪定にかかる料金の計算方法

松の剪定を依頼したときの料金計算と安く済ませるコツ

 

松の剪定を依頼したときの料金の考え方は、大きく2つあります。 まずは、職人さん1人あたりで料金設定されるケースです。職人さんの日当計算なので、作業日数が多ければ費用は高くなる仕組みです。

作業日数や職人さんの腕に左右されることもありますので、日当制の業者に依頼するときは見極めが必要といえます。

 

もう1つは、木1本単位で料金設定されるケースです。木の剪定にかかる料金なので、作業量で費用が変動しないのが特徴です。木の高さや幅、植え込みの面積で金額を決めている業者が多いです。 このように料金設定されることが一般的ですが、その内容は業者によって大きく変わることがあります。

 

1本の木だけを依頼するのか、庭全体の剪定を依頼するかなど作業内容によってどちらの業者が最適か考える必要があります。

松の剪定料金を安くおさえるコツ

松の剪定を依頼する際に誰しも思うことは「できるだけ費用をおさえたい!」ということでしょう。では、具体的に剪定費用が安くなる方法を確認していきましょう。

 

  • ・木の本数が少ないときなどは、1本単位で計算している業者を利用する
  • ・庭ごとの剪定ではなく、剪定が難しいとされる松のみを依頼する
  • ・剪定した枝の消毒などのオプションは省く ・枝などの処分は自分でする
  • ・料金の相場、職人の腕を確認する ・無料で見積もってくれる業者を探す
  • ・出張料がかかることもあるので、近くの業者や出張料がかからない業者を探す

松剪定でお悩みのときにはいつでもご相談ください

松の剪定を依頼したいけど「料金はどの程度なのか」「丁寧に作業してくれるのか」など不安に思うことはたくさんあると思います。 剪定110番では、無料見積もりにも対応しているので、「剪定の料金」や「どんな業者さんが対応してくれるのか?」を理解してから利用できます。

 

担当のスタッフはきれいに剪定してくれるのはもちろん、1本あたりの料金を採用しオプションも自由に選べます。本当に必要なサービスを吟味して納得のサービスをお選びください。

 

「とりあえず見積もりだけ」というご依頼も承りますので、お気軽にご相談ください。

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

  • ※弊社加盟店の年間合計件数

  • ※当社受付の満足度調査によるもの

  • ※拠点数は弊社加盟店を含めた合計数

よくいただくご相談 よくいただくご相談

やむを得ず対応できない場合もありますので、ご了承ください

追加料金が一切不要
test