剪定110番 トップページ > 最新情報・レポート > 「木が暴れる」とは何か

最新情報・レポート

ここでは剪定に関する最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介いたします。ご参考ください。

「木が暴れる」とは何か

剪定の業者の中では「木が暴れる」という言い方があります。もちろん本当に木が暴れている訳ではなく、剪定で切るべき徒長枝が伸びてしまって木の形が乱れてしまったことを言い表すものです。この徒長枝は木の枝が縦に伸びてしまう状態のことですが、「木が暴れる」状態になると縦だけではなく横向きや下向きにまで伸びてしまい、非常に庭木の見た目が悪くなってしまいます。どうして庭木がこういったことになってしまうのかと言いますと、剪定を失敗してしまったことによります。木の高さを制御しようとして一気に幹や枝を剪定してしまうと、それに反発して徒長枝を多く伸ばしてしまうので「木が暴れる」ことになってしまうのです。剪定をする時には大胆な作業が必要になる時もありますが、見た目を悪くしてはしかたがありません。冬の時期以外は、木の高さを制御するのであれば少しずつ剪定を行っていきましょう。もしも乱れた状態になってしまったのでしたら、枝が伸びる方向を制御する剪定を行わないといけません。木の高さを制御する剪定も、「木が暴れる」状態を修正する剪定も、難しいということでしたら当サイトにご相談ください。皆さまの家の庭木を、問題なく剪定してくれる業者をご紹介することができます。剪定が難しいということでしたらぜひともおまかせください。下手にやってしまうと「木が暴れる」ことになってしまうでしょう。

0120-949-075 0120-667-213
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問
test