剪定110番 トップページ > 最新情報・レポート > 「桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿」は本当?

最新情報・レポート

ここでは剪定に関する最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介いたします。ご参考ください。

「桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿」は本当?

お家にお庭がある方やそうでなくても、近くに公園などがある方は、そこで「四季折々の木々の織りなす美しい景観によって、季節の訪れを感じる」という方も多いのではないでしょうか。 たしかに、四季の変わり目を草木で感じることは、視覚でも楽しめますし、何よりも忙しい毎日で立ち止まってほっと一息つけるような癒やし効果があります。少し気が早いですが、特に桜や梅などの春の木は非常に人気が高いですよね。しかし、これらは大きく花をつけるまでお家で育てるのは難しい木だと言われています。だれでも大切に育てていれば「キレイに花を咲かせてほしい」と思うものです。しかし、春になった時に、もし大切に育てていた桜や梅が花をつけずに枯れてしまったら、悔やんでも悔やみきれません。正しい剪定方法で育てていくことが樹木が健康でいることにとって非常にじゅようなので、そうはならないためにも、しっかりとした知識を有した専門業者に依頼したいものですよね。 ところで、有名なことわざに「桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿」というものがあります。これは桜は枝を切らずにおくことがよく、梅は枝をきるのがよいとされているという話を表しているのですが、実際には桜でも切ったほうが成長にとって良い場合があったり、梅も切り過ぎると花芽がつかず、花が咲かないということもあったります。そのような悲惨な状態にならないように、適期に剪定をすることが大切ですが、なかなか切り時というものの見分けは一般の方では難しいと言われています。 「お家の木を大切に育てたい。けど剪定時期や切ってもいい量が分からない」という方は、ぜひ剪定110番までご連絡ください。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問
test