剪定110番 トップページ > 最新情報・レポート > そろそろ剪定の季節になってきました

最新情報・レポート

ここでは剪定に関する最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介いたします。ご参考ください。

そろそろ剪定の季節になってきました

剪定を強くできる時期は冬頃です。強い剪定は枝を長く切り落とすことで、冬になるとほぼ丸裸になるまで剪定することもあります。これは春により枝が強く大きく伸びることを期待した上での剪定です。冬に大きく剪定するのは落葉樹ですので、庭木が落葉樹でしたらそろそろ剪定の準備を考えてみてはいかがでしょうか。落葉樹は桜、紅葉、バラ、あじさいなどの人気の庭木が多いです。この落葉樹は名前の通りに葉を落とすのですが、その時期はおおよそ11月から次の年の3月頃までと言われています。葉が落ちて、庭木が休眠状態になった時が剪定をやるベストなタイミングです。休眠状態にしっかりと剪定をしてあげることで木に大きなダメージを与えずに剪定をすることができます。反対に夏頃に大きく剪定をすると木にダメージを与えてしまい、枝の伸びが悪くなったり枝が病気になったりしますので止めましょう。冬と違って、夏の剪定は庭木全体の形を整える程度で少しずつやれば問題ありません。落葉樹ではなく、1年中葉をつけている常緑樹の場合は春の3月から6月、秋の9月から11月に剪定をするのが一般的です。自分の家の庭木がどの季節に剪定をすべきか分からないということでしたら、当サイトまでお問い合わせください。皆さまの庭木を適切な時期に剪定してくれる業者が見つかるでしょう。

0120-949-075 0120-667-213
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問
test