剪定110番 トップページ > 最新情報・レポート > どのような枝を剪定すべきか

最新情報・レポート

ここでは剪定に関する最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介いたします。ご参考ください。

どのような枝を剪定すべきか

剪定とは、樹木の一部の枝を切り形を整えたり、風通しを良くすることをいい、庭木の手入れとして行われます。剪定をすることで、樹木の見た目をきれいにするだけでなく、病害虫の繁殖予防にもなりますし、樹木に効率よく日光が当たるようになり元気に成長します。樹木の種類によって剪定の方法は違いますが、剪定すべき枝は共通しています。枯れ枝や病害虫によって傷んでしまった枝だけでなく、本来は横に広がるべき枝が上に伸びてしまっていたり、横に広がっている枝から下に向かって伸びている枝、枝同士が絡みついていたり交差して伸びている枝、幹の方に向かって伸びている、樹木の根元から伸びている枝などは剪定すべき枝です。このような剪定すべき枝をみて、切りながら樹木の形を整えていきますが、自分で行うと剪定の作業は時間がかかって疲れますし、とても危険で怪我をしてしまう恐れもあります。定期的に剪定しなくてはならないのも面倒です。また、もし失敗して樹木の形が崩れてしまったら、樹木の成長は年月がかかるため、すぐには元に戻りません。せっかく大事に育ててきた樹木だけでなく、庭全体の景観も台無しになってしまいますので、無理せずに剪定をしてくれる業者さんにお願いしてみてはいかがでしょうか。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問
test