剪定110番 トップページ > 最新情報・レポート > どれくらい剪定をするのか

最新情報・レポート

ここでは剪定に関する最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介いたします。ご参考ください。

どれくらい剪定をするのか

剪定には大きなものと小さなものがあります。大きな剪定は枝を幹近くからたっぷり切り落とすことで、小さな剪定は形を整える程度に留めることです。この剪定のやり方は使い分けをしないと木にとって負担になる可能性がありますので注意をしましょう。大きな剪定は枝を長く切り落としてしまいますが、その分だけ木が枝を元の大きさに戻そうという力が働くために大きくて立派な枝になることが期待できるのです。この剪定は基本的には冬に行います。またはその木の活動が鈍くなる時期に実施するものです。夏場など、木が活発に生長をしている時に大きく剪定をしてしまうと木にとって負担になってしまいます。春頃やまた木が元気に生長する時期のために、準備として大きな剪定をするのです。小さな剪定は大きな剪定をしない代わりに木の調子を整えるために行います。剪定をしないままですと病気の枝が残ったり、奇形の枝が残ったりして木の健康や見栄えが悪くなってしまうのです。こうした枝をなくしていき、形を整えていくのが小さな剪定になります。このように剪定のやり方を変えていくことで木をより良く生長させることができるのです。ただ枝を落としていく作業という訳ではありません。どれくらい剪定をすべきなのか分からないということでしたら、ぜひとも剪定を行う業者におまかせしましょう。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問
test