剪定110番 トップページ > 最新情報・レポート > もしも間違った剪定をしてしまうと

最新情報・レポート

ここでは剪定に関する最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介いたします。ご参考ください。

もしも間違った剪定をしてしまうと

剪定はただ枝を切るだけ、もし失敗してもそんなに影響はないだろう。そう思いながら庭木の剪定をされているのでしたら、考えを変えた方が良いでしょう。剪定は庭木にとっては非常に大切な作業で、もし間違えてしまうと庭木に大きなダメージを与えてしまうかもしれません。そういったことが起きないように注意をしてあげましょう。まず注意をするのは剪定をする枝の長さです。夏の時期に枝を長く切りすぎてしまうと生長を阻害してしまう、枝の奇形や病気に繋がるリスクがあります。こうならないためにも夏の剪定は形を整える程度の軽いものにしておくことがオススメです。そろそろ寒い時期になってきましたが、これくらいの季節になると反対にばっさりと剪定をしてあげる必要があります。春に大きく生長させるためにも、剪定も大きくやってあげる必要があるのです。また花が咲く時期にも気をつけておかないといけません。花が咲く時期を考えないと、つぼみがある枝などを剪定してしまうかもしれません。こういったことを防ぐためにも、剪定については業者にまかせた方が良いでしょう。また木の種類によっては剪定のやり方や時期も変わってきます。失敗して庭木の健康を阻害するよりは、剪定のプロにおまかせした方が良いのです。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問
test