剪定110番 トップページ > 最新情報・レポート > コツがあった草むしり

最新情報・レポート

ここでは剪定に関する最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介いたします。ご参考ください。

コツがあった草むしり

庭付きの家にお住まいの方にとって、草むしりはお悩みの一つではないでしょうか。どんなにこまめに庭の手入れをしても、おや?と気が付けば生えてきている雑草。これから夏がやってくると、植物の成長が盛んになりますから、雑草もどんどん生えてきます。また、照りつける太陽のもとでの草むしりは暑くて重労働。でも、ご存知ですか?ただでさえ大変な草むしり、実は楽にするコツがあります。いくつかご紹介しましょう。まず、土を濡らすこと。ちょっと面倒だし、水がもったいないと感じるかもしれませんが、外せない工程です。土が乾燥した状態で雑草を抜こうとしても、根がちぎれたり、抜けにくくて作業が難航したりと、良いことがありません。小雨の日や雨上がりのタイミングなどを選んで草むしりをするのもいいでしょう。次に、抜くときは細かい根ではなく、太い根を選ぶようにしましょう。雑草は地上からだと細く見えますが、土の中には太い根っこがあり、そこから細い根が何本も出て広がっています。ですから、細かい根をちぎるのではなく、引っこ抜くイメージを持つようにしましょう。そうすることで、雑草が生えてくるのを少し遅らせることができます。そしてどうしても草むしりが億劫になるようでしたら、庭に物置やガーデニングの道具、花壇などを置くことをおすすめします。物を置くことで、そこには草が生えてこなくなるといわれていますし、花壇やオーナメントなどが庭にあれば見た目も綺麗で、まさに一石二鳥ではないでしょうか。ちょっとした工夫をすることで、ぐんと楽になる草むしり。時にはお庭のメンテナンスを扱うところに相談しながら、庭作りを楽しんでくださいね。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問
test