剪定110番 トップページ > 最新情報・レポート > 不要な枝ってどんな枝?

最新情報・レポート

ここでは剪定に関する最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介いたします。ご参考ください。

不要な枝ってどんな枝?

剪定はそれぞれの種類によって、適切な時期に行う必要があります。定期的に行う作業となりますので、日ごろ経験のある方は注意点などもご存知かもしれません。しかし、あまり剪定に慣れ親しんでいない方であれば、そもそも「不要な枝」についての見分け方すら疑問に思う方々もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで、今回は「不要な枝」の一例をご紹介させて頂こうと思います。

【からみ枝】
こちらはその名の通り、他の枝に絡むように伸びてしまっている枝のことを指します。

【逆さ枝】
他の枝と比べて見たときに、「逆方向に伸びている枝」があれば、それはこちらの逆さ枝に該当します。

【平行枝】
上下にある枝が同一方向に伸びていた場合は、平行枝として切り落とす必要があるかもしれません。

【ヤゴ】
こちらは木の根元より、新たな枝として芽吹いている状態です。たくさん芽吹いてしまうと、木の生長を妨げてしまいます。

【ふところ枝】
樹冠の内部にある枝のことです。ふところ枝があると採光や通風の妨げとなる恐れがあります。

このように、剪定で切り落とす枝には、いくつかの種類があります。必ず全てを切り落とさなければいけないわけではありませんが、放っておくと木にとっても、環境にとっても良くない傾向があります。もしこれらの枝を見かけた際には、業者の方に剪定の相談をしてみてはいかがでしょうか。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問
test