剪定110番 トップページ > 最新情報・レポート > 伐採・剪定に適切な時期

最新情報・レポート

ここでは剪定に関する最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介いたします。ご参考ください。

伐採・剪定に適切な時期

前回のレポートでは、髪の散髪と同じように樹木にもお手入れ=伐採・剪定が必要であるというお話をしました。放っておけばいろんな弊害が伴いますので、定期的にお手入れをするようにしましょう。ところで、伸びたり茂ってきたなと思ったらすぐ伐採・剪定をしてもよいかというとそれは誤りです。樹木にも様々な種類があるので、伐採・剪定に適した時期が存在します。ではその時期とはいつか。樹木を大きく分けると「落葉樹」と「常緑樹」の2種類になりますが、落葉樹の場合は木が休眠している時期、葉が枯れて落ちる12月~2月がベストと言われています。一方、常緑樹の場合は少し難しいですが、新芽が出る前の3月下旬~4月下旬、又は新芽が出て新葉が生え落ち着いてくる5月下旬~6月がベスト、常緑樹は冬の寒さには弱いので冬は避けた方がいいようです。このように樹木の種類によって、伐採・剪定の適切な時期には違いがありますので、定期的のお手入れとは言っても、樹木の種類が何であるかということをよく確認することが重要です。本サイト「剪定110番」でご紹介している業者さんは庭の伐採・剪定のプロばかりです。あなたのお庭の樹木の適切なお手入れ時期を判断してくれますので、安心してご依頼ください。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問
test