剪定110番 トップページ > 最新情報・レポート > 伐採作業での事故

最新情報・レポート

ここでは剪定に関する最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介いたします。ご参考ください。

伐採作業での事故

伐採や間伐など、林をお持ちの方はたまに手入れのためにあえて木を切ることがあります。 これは非常に重要な作業で、もしも林を放置してしまうと、大きくなった木が日の光を遮り、新しく生えてくるはずの木が上手く育たずに枯れてしまい、結果的に伸びていた木が寿命を迎えた時に林が消滅してしまう可能性があるため、伐採や間伐は定期的に行なうべきなのです。

しかし、大きな木になるほど伐採に危険が伴います。毎年多くの方が雑木林などの伐採中に怪我をしています。
原因は様々ですが、例えば伐採した際に木が何処へ倒れるかを全く想定していなかったため、人が下敷きになるというケースが多くあります。人が下敷きになるケースも危険ですが、伐採中に車道側に倒れた木が車に直撃したという事故も起こっています。

伐採をする際には常にどの方向に木が倒れるか、きちんとロープを繋ぐなどの対策をとっているか、といった確認作業が何よりも大切です。
一見木を切るだけの作業に見えますが、自然を相手にすることですので何が起こるかわかりません。
安易に考えず、伐採作業を自分でする勇気が無いと思った方は是非一度当サイトにご相談ください。

当サイトでは剪定も受け付けております。お電話の際にお申し付けください。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問
test