剪定110番 トップページ > 最新情報・レポート > 冬の剪定で気をつけること

最新情報・レポート

ここでは剪定に関する最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介いたします。ご参考ください。

冬の剪定で気をつけること

12月になり、1年の終わりも近づいてきました。新年を迎えるにあたって綺麗な庭にしておきたい。 そう考えて年末に向けて庭木の剪定をされるかもしれませんが、庭木には種類によって剪定すべき時期があるとご存知でしょうか。 今回は冬に剪定をする樹木について説明したいと思います。 冬のこの時期、12月~2月に剪定するのが落葉樹です。桜や紅葉、アジサイなどが含まれます。 こういった落葉樹は寒い季節になると葉を落とし、成長を止めて休眠します。休眠によって寒さに耐えるので落葉樹は寒さに強い樹木といえます。葉が落ちた頃に剪定をしましょう。 落葉樹はこの時期に剪定を行うのが最も良いとされ、反対に春から夏にかけては活発に成長するので、無理に剪定すると樹液が流れでて樹にダメージを与えてしまいます。これは植物の負担になるので避けましょう。 葉を落とさずに1年中葉をつけている常緑樹は、広葉樹と針葉樹に分かれます。前者には椿や金木犀が含まれ、後者には松や杉が含まれます。 常緑広葉樹は寒さに弱く、害を受けてしまい負担になるのでこの時期に剪定をすべきではありません。常緑針葉樹は寒さに強い種類が多いので、この時期に剪定することが適しています。 つまり新年に向け、12月以降の冬に剪定をすべき庭木は落葉樹か常緑針葉樹です。それ以外の庭木は寒さ対策をしっかりしておきましょう。 剪定をされる方がおられるのでしたら、是非当サイトをご利用下さい。綺麗な庭で次の年を迎えましょう。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問
test