剪定110番 トップページ > 最新情報・レポート > 剪定するか、伐採するか悩む事もあります

最新情報・レポート

ここでは剪定に関する最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介いたします。ご参考ください。

剪定するか、伐採するか悩む事もあります

家を建てるとき、お気に入りの木を植えたり、縁起が良いからと進められてシンボルツリーとして何か庭木を植えることが多いと思います。

住宅街のように緑の少ない場所に住んでいる時、お庭に木があるというだけで、精神的にも何だか癒されるという方も多いようです。四季折々に姿の変わる広葉樹は、特にそうです。

ただ、広葉樹には広葉樹ならではのお悩みもあると思います。それは、四季折々に姿を変えるという事が関連しています。

春は芽ぶきの季節。冬の間に枯れ果てていた枝から新芽が生えて、次々に若葉が育ちます。夏にはそれが一気に生い茂り、秋に紅葉して落葉し、冬には枝だけになり、次の春に備える。それが広葉樹の1年のサイクルです。品種によっては、春に花が咲く品種もあるようです。

ですが、夏には生い茂り、冬に落葉するというこの2つの季節は、庭木の管理の大変な理由の1つでもあるのです。 生い茂る葉は、時には道路などにはみ出し、前方の視界を遮ったり、看板を遮る事があります。また、秋にそれらが落葉すれば、掃除をするのはやはり木の所有者でしょう。

台風も気になります。台風による強い風により枝が折れて、家や人、車に当たる事も考えられます。特に人に当った場合は大きな怪我の元になることもありますから、定期的に手入れが必要です。

この際、剪定と伐採、両方をご検討される方がいます。せっかく植えた庭木ですから、できるだけ剪定で済ませたいとお考えの方も多いと思います。ですが、大きくなりすぎて手に負えない、という時は伐採もご検討ください。

当サイト、剪定110番にご相談頂ければ、剪定も伐採でも、どちらか適した手段を取りますから、一度ご相談頂ければとおもいます。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問
test