剪定110番 トップページ > 最新情報・レポート > 剪定って必要?

最新情報・レポート

ここでは剪定に関する最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介いたします。ご参考ください。

剪定って必要?

山に生えている木などの植物は、何も手を加えなくても勝手に成長して行きます。ならば庭の植物も勝手に成長するから剪定はしなくてもいいとお考えの方はいませんでしょうか?では庭の木を放置たらどうなるでしょう。庭はジャングルのように木が生い茂るか、栄養分の奪い合いで全部枯れてしまうか、ひどい状態になってしまいます。山に生えている木は十分な栄養やスペースが確保されていますが、限られたスペースしかない庭では日差しがうまく届かなくなったり、風の通りが悪くなったりするかもしれません。それにより病害虫が発生する危険があります。 日差しがさえぎられないようにいらない木を切ったりする剪定は必要不可欠なのです。 具体的に一年のいつ剪定するのがよいでしょう。広く知られているのは、一番草木が成長する春がひと段落した6月ごろか、夏が終わる10月ごろです。 剪定の目的は木の形を整えるのと不要な枝を取り除くことです。不要な枝というのは木の形を乱していたり、日当たりや風通しが悪い原因になっている枝です。まずこういった不要な枝を除去していき、全体的に形が整うようにしていきましょう。 しかし気を付けなければならないのは、剪定したのはいいがその後に自分が好きな木や花が咲かなくなってしまったということがあります。 これは剪定のことをあまりよく理解せずに行った代表的な失敗例と言えます。 間違って除去してはならない花芽を切ってしまうとその後花が咲かなくなってしまい、お庭が寂しいものになってしまう危険があります。 長年の経験を積んだ剪定の専門家に依頼すれば、こんな大失敗もないことでしょう。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問
test