剪定110番 トップページ > 最新情報・レポート > 剪定で使用する鋏もお手入れを!

最新情報・レポート

ここでは剪定に関する最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介いたします。ご参考ください。

剪定で使用する鋏もお手入れを!

樹木の健康や、美観の維持のために欠かせない作業である剪定。剪定は基本的に素手で行う事はできないため、道具を使用することになります。剪定においては「木バサミ」と呼ばれる鋏がよく使用されます。木バサミとは植木バサミとも呼ばれるもので、手を入れるところが大きく湾曲しているのが特徴です。他にも、軽い力で剪定が可能な「剪定バサミ」や、広範囲を剪定できる「刈り込みバサミ」といったものもあります。このように剪定道具には多くの種類があり、状況に応じて使用することで効率的に作業を進めることができます。
しかし、これらの道具はお手入れが欠かせません。刃が欠けたり錆び付いたりしてしまうと切れ味が悪くなってしまいます。そうなりますと作業効率が悪くなるだけでなく、樹木の生長が悪くなり、最悪の場合枯れてしまう事もあります。そのため、鋏は使用後や長時間保管しておく場合、しっかりとお手入れをしてあげるようにしましょう。まず使用後は、刃に付着した汚れや木の汁などを落とし、乾いた布で拭いてあげましょう。その後、油を塗って保管します。もしも刃が磨り減っていた場合、砥石やペーパー砥石で研いであげましょう。基本的なお手入れはそれだけです。
鋏はなにより、切れ味が命です。もしもご自身で剪定を行われるのなら、鋏などのお手入れは欠かさないようにしましょう。剪定にはこのような面倒な作業がいくつもありますので、大変だと感じましたら剪定業者に依頼するのも一つの手です。

0120-949-075 0120-667-213
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問
test