剪定110番 トップページ > 最新情報・レポート > 剪定にも種類があるのをご存知ですか?

最新情報・レポート

ここでは剪定に関する最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介いたします。ご参考ください。

剪定にも種類があるのをご存知ですか?

まだまだ暑い日が続いておりますので、植物にとっても水分補給が重要ですよね。大切に育てていれば、枯らすことなく、長年に渡って楽しむこともできます。しかし、育ちすぎてしまうのも問題です。隣家の敷地内に枝が飛び出してしまったり、葉が落ちてしまったりしていたら、苦情が来てしまうのも時間の問題。そんな時に剪定作業が大切となるのですが、実は剪定には大きく分けて2つの種類があるのです。では一体、それぞれの作業でどのような意味や効果があるのか、見ていきましょう。

【強剪定】
強剪定とは、冬や春頃に行われる剪定です。こちらの作業では、枝や茎を大胆にカットすることも多いので、そう呼ばれています。強剪定を行う目的は、樹木の骨格を整え、美しい姿を作りだすことが主な内容となります。横に広がり過ぎたり、縦に伸びすぎたりしないよう、調整するために行われるのです。

【軽剪定】
軽剪定とは、夏か秋頃に行われる作業となります。こちらも強剪定と同様に、美しい姿を保つ目的もあるのですが、他にも害虫の発生を防ぐために行われたりします。また、花後2ヵ月以内に行うことで、花や実の成長を促す目的もあります。

このように、一言で剪定と言っても、行う時期や目的が違えば作業方法も大きく変わります。樹木の種類によってそれぞれ注意点が異なりますので、最適な剪定時期と方法を知っておかなければなりません。もしこのような内容でお困りの方がいらっしゃいましたら、当サイトで信頼できる業者さんを探してみてはいかがでしょうか。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問
test