剪定110番 トップページ > 最新情報・レポート > 剪定の強さと弱さ

最新情報・レポート

ここでは剪定に関する最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介いたします。ご参考ください。

剪定の強さと弱さ

剪定は木の形を整える大切な作業ですが、それには強さによって違いがあることをご存知でしょうか。剪定もただ枝を切り落としている訳ではありません。形を整えたり、枝の勢いを調節したりする役割があるのです。この枝の勢い、生長ぶりを調節するために剪定の強弱をつけます。強い剪定は枝の根元からばっさりと切ることです。これをすると枝を戻そうという木の力が働き、切った場所から強くてしっかりとした枝が出てくることが期待できます。弱い剪定は枝先を少し切り落とすくらいのもので、形を整える程度の剪定の際は弱い剪定です。弱い剪定は特に季節を気にせずにできます。しかし、強い剪定については時期を考えてやらないといけません。枝を根元から切りますので、それだけ木にもダメージがいきます。木に負担をかけることによって木の生長をむしろ阻害してしまうかもしれませんし、弱い枝が出てしまうかもしれません。これを防ぐためにも強い剪定は時期を見てやらないといけないのです。強い剪定を行うのは、落葉樹であれば冬の時期が多くなっています。休眠期に入りますので、木にかかる負担が少なくなるからです。常緑樹は冬に強い剪定をすると寒さによって切り口が傷んでしまいます。そのために常緑樹の強い剪定は春に行うことが多いです。強い剪定をする場合には、木の種類と時期をしっかりと考えてやらないといけません。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問
test