剪定110番 トップページ > 最新情報・レポート > 剪定の種類

最新情報・レポート

ここでは剪定に関する最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介いたします。ご参考ください。

剪定の種類

植物を育てるときに必ずついてまわる作業の一つに剪定があります。剪定という言葉はよく聞くと思いますが、その意味を簡単にまとめていきます。剪定とは植物の不要な部分を切り取ることで、その生育を促し美しい姿に仕上げる作業のことを言います。もともとは樹木の枝を切り落とし、形を整えるという意味合いで一般に広く使われてきた言葉です。最近では、草花も含めて生長のために花・茎・枝を切り落とす作業の総称としても使われています。例えば、根よりも枝葉が成長しすぎた樹木は弱りやすいといったように、植物は根と地上に出ている茎葉や枝のバランスがとても大切なものなのです。適度な剪定を行うことで木の根と地上部のバランスを上手に調整し、健やかな成長をサポートするのです。また、茂りすぎた葉っぱや枝、枯れ草を取り除くことで、病気の予防や害虫を寄せ付けなくすることもできます。剪定は大きく分けて基本剪定(強剪定)と軽剪定(弱剪定)に分けることができます。基本制定(強剪定)は冬か春頃に成長を促すために行う剪定のことを言います。大胆に枝や茎を切ることが多いことからそう呼ばれています。また、軽剪定(弱剪定)は夏か秋頃、植物の形を整えるために行う剪定です。美しさを保つのが目的で、病害虫を防ぐこともできるうえに、花や実つきをよくする効果もあります。綺麗なお庭を維持するうえで、定期的な剪定は欠かせない大事な作業です。

0120-949-075 0120-667-213
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問
test