剪定110番 トップページ > 最新情報・レポート > 剪定は安全確保が大事

最新情報・レポート

ここでは剪定に関する最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介いたします。ご参考ください。

剪定は安全確保が大事

大掛かりな作業を行う前には安全確保が欠かせません。剪定もそれは同様で、安全確保を怠れば作業者自身だけでなく、周囲にまで被害が及んでしまうおそれがあります。剪定のプロは、きちんと安全確保を行った上で作業を進めてくれますので、そういった点でも安心しておまかせできる存在です。それでは、剪定の際にはどのようなことに気をつけていかなければならないのでしょうか。

まず、構造物の安全確保が必要です。剪定には剪定鋏や脚立と言った道具が必要ですし、剪定すれば枝葉が落下します。それらがぶつかれば、構造物を傷付けてしまう事があります。これを防ぐためには、移動させられる物は事前に移動させておき、それができない物は事前にブルーシートなどで覆っておきます。もしも剪定下枝が隣家に落ちてしまう場合には、事前に断りを入れておくことを忘れてはいけません。
もう一つは、作業者自身の安全確保も必要です。剪定では高い木の剪定を行う事も多く、脚立に登る事もあれば、木を登ることもあります。そうなりますと、不注意で落下してしまったり、乗っていた枝が折れて落下するという事があります。これを防ぐためにも、脚立ならばしっかりと足元を確保しておかなければいけませんし、木に登る場合には枯れ枝などを避けて登らなければいけません。知識や技術が必要になるのです。

剪定の際に安全確保を怠っていれば、周囲も含めて大きな被害を受けてしまうかもしれません。完璧に安全に配慮して剪定することは簡単なことではありませんので、自信の無い方は剪定のプロにおまかせすることをおすすめいたします。

0120-949-075 0120-667-213
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問
test