剪定110番 トップページ > 最新情報・レポート > 剪定は自然破壊ではありません

最新情報・レポート

ここでは剪定に関する最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介いたします。ご参考ください。

剪定は自然破壊ではありません

地球環境の問題として、森林の伐採が問題視されています。自然は地球上に美味しい空気を生み出してくれており、その役目を担っているものの1つが木です。しかし住宅の建設やその他の施設の開発などの理由で、大自然が残された場所が次々と伐採されています。森林伐採がこのまま継続されていくのであれば、地球温暖化が進む原因となってしまう為、地球を守るという意味でも豊かな自然を守らなければなりません。しかし、伐採が悪い事かというと、そうではありません。腐ってしまった木が山に並んでいるのならば、土砂崩れの危険を防ぐ為にも伐採しなければなりませんし、環境が悪化した森林地帯だと毒を持った生物が多く生息しており、人間や他の生物に危害を加える可能性もあるのです。また、自宅の植木や庭木の剪定もしておかないと、大変な事になってしまいます。剪定されていないと木が徐々に成長を続けてしまい、家に風が通りにくくなるので自宅の空気の入れ替えが困難になる他、成長しすぎて自宅の敷地外に侵入してしまうと、近所の方に迷惑をかけてしまう事になります。緑が多い場所には害虫が多く発生するので、害虫にも悩まされる事でしょう。自然は大事にしなければいけませんが、状況次第では伐採・剪定を行う事で、逆に美しい自然を維持する事にもなるのです。

0120-949-075 0120-667-213
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問
test