剪定110番 トップページ > 最新情報・レポート > 剪定ばさみのお手入れについて

最新情報・レポート

ここでは剪定に関する最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介いたします。ご参考ください。

剪定ばさみのお手入れについて

日頃、紙を切ったり紐を切ったりしているはさみを研ぐという習慣はあまりないかと思います。もしかすると剪定に使う剪定ばさみの手入れをする方も少ないかもしれません。しかし、剪定ばさみはちゃんと研いであげないと使いにくいものになってしまいます。そうならないようにちゃんと研いであげましょう。そもそも剪定ばさみで枝を剪定していると、染み出したヤニによってはさみが使いにくくなってしまいます。はさみが閉じなくなってしまったり、開け閉めに無駄な力を使わないといけなくなることもあるのです。こうなるともちろん剪定ばさみは使いにくくなってしまいます。剪定ばさみは構造として刃の裏側にヤニが溜まるようになっています。凹型になっていて、そこに溜まっていくように作られているのです。剪定ばさみを研ぐ時にはそのヤニが取れるまでやります。刃を研ぐという意味でも剪定ばさみは研ぐ必要がありますが、汚れを落とすという意味で研いでいく必要もあるのです。剪定ばさみを研ぐタイミングとしては、使いにくくなったと感じたらすぐにやると良いでしょう。場合によっては剪定をしている最中に研ぐ必要があるかもしれません。こうして剪定ばさみは、研ぐことでヤニを落としてあげないと一気に使いにくくなるのです。こうならないためにも剪定中でも研ぐことができるように準備しましょう。こうした手入れが大変だということでしたら剪定の業者にご依頼ください。道具を大切にする業者が皆さまの庭木をちゃんと剪定してくれます。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問
test