剪定110番 トップページ > 最新情報・レポート > 剪定ばさみは綺麗にしてあげましょう

最新情報・レポート

ここでは剪定に関する最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介いたします。ご参考ください。

剪定ばさみは綺麗にしてあげましょう

剪定をする際には剪定ばさみが必須となります。これがないと枝の剪定はかなり難しいです。素手でやるには枝が硬いですし、仮にできたとしても切るというよりは折るという形になりますので悪影響が出ます。木の健康のために行う剪定の本来の意味とはかけ離れてしまいますので、剪定のために作られた剪定ばさみをちゃんと使ってあげましょう。ただし、木の健康だけではなく剪定ばさみの健康にも気を使ってあげないといけません。枝を切ることでヤニが剪定ばさみの表面にこびりついてしまい、切れ味が悪くなりますし開け閉めに無駄な力が必要になってしまいますのでちゃんとはさみの方も手入れを欠かさないようにしましょう。メンテナンスとしては研ぎが重要になってきます。こびりついてヤニを研磨して取り除いてあげるのです。もちろん切れ味という意味でも研ぎが必要ですが、剪定が終わった後には汚れを落とす意味でもしっかりと研ぎを入れてあげた方が使い勝手も良くなります。剪定の規模によっては、作業の途中で一回研がないといけないこともあるでしょう。そのために剪定の時にははさみを研ぐ道具も持っておいた方が良いです。はさみを研ぐことができない、または大変だということでしたら剪定を含めて業者におまかせください。剪定の業者は道具を大切にしておりますので、手入れの行き届いた道具で剪定をやってくれるでしょう。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問
test