剪定110番 トップページ > 最新情報・レポート > 剪定をした後の片付けについて

最新情報・レポート

ここでは剪定に関する最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介いたします。ご参考ください。

剪定をした後の片付けについて

庭木をばっさりと剪定してあげると大量の枝葉が出てしまいます。この枝葉にはちゃんと処分方法がありますので、それを守って処分しましょう。自治体にもよりますが、こうした剪定で出た枝葉については燃えるゴミとして出すようになっています。一部燃えるゴミとして出せない自治体もありますので、一度調べてみましょう。枝葉が小さければ特に手を加えることは必要ないのですが、枝が大きい場合にはその大きさを整えないといけないという点にも注意です。こうしたルールを守っていれば、枝葉の処分の手続きについては問題ありません。ただ枝葉の量が多い場合には問題になります。久しぶりに剪定をしてあげたり、剪定をする木の数が多かったりすると、作業後に出てしまう枝葉の数がかなりのものになってしまうのです。そうなると自分で処分をするのは非常に大変になります。ゴミ袋が幾つも必要になってしまいますし、それをゴミ捨て場や処分場にまで持っていくのはかなりの労力になることでしょう。もし楽をしたいのでしたら、業者におまかせください。ついでに剪定もやってもらうと良いでしょう。剪定を行っている業者でしたら、作業後の後片付けもしっかりやってくれますので安心しておまかせすることができるのです。庭木を剪定してもらって、落ちた枝葉も綺麗にしてもらいましょう。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問
test