剪定110番 トップページ > 最新情報・レポート > 剪定をすべき枝について

最新情報・レポート

ここでは剪定に関する最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介いたします。ご参考ください。

剪定をすべき枝について

庭木の剪定というとただ枝を刈り込んでいくだけかと思われるかもしれませんが、それは刈り込みという作業ですので剪定とはまた違ったものです。庭木の形を整えるのが刈り込みですが、剪定はそれに加えて庭木の健康を保つための作業になります。庭木の健康を守るためにも剪定をすべき枝がありますので、今回はそれについてご紹介させていただきます。枝は常に真っすぐ生えてくるというものではなく、変わった形の枝も生えてくるのです。枝同士が絡み合うように生えてきた絡み枝、幹へ伸びた逆さ枝、庭木の根元から伸びてきた枝などが邪魔な枝として剪定されます。絡み枝や逆さ枝は庭木の形を悪くしますし、根元から伸びてきた枝はそこに栄養が行くことによって上の枝に栄養が行き渡らなくなるために剪定をするのです。他に庭木の形を悪くする枝は、真っすぐ伸びた立枝、幾つもの枝が平行に伸びている平行枝、他の枝と交差してしまっている交差枝などがありますので、これらの枝がある場合は剪定をして庭木の形を整えてあげましょう。このように庭木の健全な生長、綺麗な形への維持のためには不要な枝を剪定してあげなければいけません。庭木の形が綺麗ではないと感じられましたら、ぜひ庭木の剪定を業者にご依頼ください。形を悪くしている枝や生長を阻害する枝を見つけ、それを剪定して庭木の形を整えてくれるでしょう。

0120-949-075 0120-667-213
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問
test