剪定110番 トップページ > 最新情報・レポート > 剪定を行う意味って?

最新情報・レポート

ここでは剪定に関する最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介いたします。ご参考ください。

剪定を行う意味って?

梅雨に入り、湿度が上がってきましたね。人にとっては少し過ごしにくい季節ですが、植物を育てようと思った時には育てやすい季節とも言います。6月頃と言いますと夏に向けて成長しようと植物たちは力をつけています。そのため枯れにくく、育てやすいと言えるのです。植物の育成をする中での楽しみは、大きくなっていくことですよね。元気に成長する中で、じつはその成長を邪魔する存在が居ます。植物の育成を阻害する存在は虫や強すぎる日差し、乾燥など様々ですが、ここで紹介する植物の成長を邪魔する存在は、その植物自身です。植物は成長するために枝や幹、葉を伸ばしていきますが、どうしても幹が伸びていくよりも枝や葉が多く茂っていきます。この枝葉が茂りすぎると、日光を遮って下の葉が枯れてしまう原因になったり、幹や枝の通気性が悪くなって病気や虫を呼び込みます。植物を健康的に育てたいと思った時に、手入れは欠かせないものです。その手入れを剪定と言います。欠かせない剪定ですが、難しくもあります。健康的に育てるためといってもやはり、枝葉を切ってしまうわけですから、植物のエネルギーを使います。切る場所を間違えれば花や実が付かないということも考えられますので、その植物に合った剪定を行うことが大切です。植物をより元気に美しく育てるために、植物に合わせた剪定を行いましょう。

0120-949-075 0120-667-213
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問
test