剪定110番 トップページ > 最新情報・レポート > 剪定を行う時期

最新情報・レポート

ここでは剪定に関する最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介いたします。ご参考ください。

剪定を行う時期

剪定の時期には十分に気をつけなければなりません。 庭木や花木、果樹などは、花芽のできる時期が種類によって決まっているので、剪定の時期を間違えると、花が咲かなくなってしまいます。 また、切戻しを行うと植物の体力は削られてしまいますので、酷暑期に強い切戻しを行うことは避けるべきです。 いつ切戻しを行うことが適切なのかという判断が難しい場合は、花が終わった直後・花がひと段落したころを狙えばほとんど失敗はないといいます。 春になって伸びてきた新梢を剪定したい場合は、6月上旬~7月上旬に行います。発育期間の真っ最中に剪定を強行すると、幼い木の場合は特に、ショックで枯れてしまうケースがあります。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問
test