剪定110番 トップページ > 最新情報・レポート > 季節ごとの剪定

最新情報・レポート

ここでは剪定に関する最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介いたします。ご参考ください。

季節ごとの剪定

季節ごと樹木ごとに適した剪定があることをご存知でしょうか。例えば、春の剪定は花が咲き終えた枝の整理です。既に花が咲き終えた枝も残り続ければそこに栄養が必要になります。そのため残り続ければ、翌年に芽吹くはずの若い枝に栄養分が行き届かなくなり、光もちゃんと当たらずに上手く成長しなくなってしまいます。それを防ぐために、咲き終えた枝は切り除いて整えていくということですね。他に夏の剪定は鬱蒼と茂る枝たちを減らします。満員電車などで人と人が触れ合うほどにぎゅうぎゅうな状態は非常に不快ですよね。樹木も同じで、枝と枝や葉と葉が触れ合う状態は日当たりや風通しが悪くなります。そうなると樹木の健康を脅かす害虫なども発生することになりかねないので、それを防ぐために剪定をするのです。秋や冬の剪定は夏の剪定と意味は変わらないものの、強さが変わります。一般的に樹木は気温の低下から休む状態に入っています。寒さに弱い樹木は成長を止めて耐え忍んでいるような状況です。そんなときに激しく切り除くような剪定をすれば、成長の手助けどころかダメージを受けてしまいます。逆に紅葉などを見せる落葉樹にとって秋はベストシーズンなため、寒さも平気であり色々な剪定ができます。冬の剪定も同様に優しい剪定がベストといえます。しかし、これもまた落葉樹であれば形を整えるための強い剪定が必要です。適切な剪定を自身で行うのはなかなか難しいというもの、深い知識から樹木に合わせた剪定を行ってくれる業者に任せてみてはいかがでしょうか。

0120-949-075 0120-667-213
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問
test