剪定110番 トップページ > 最新情報・レポート > 庭のお手入れは最低年に2回!

最新情報・レポート

ここでは剪定に関する最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介いたします。ご参考ください。

庭のお手入れは最低年に2回!

草刈りや剪定、その他害虫駆除など、お庭は定期的に手入れを行わなければなりません。しかし、「定期的っていつ?」「どのくらいの頻度?」と、疑問を抱く方もいらっしゃるのではないでしょうか。そのため、今回は必要な頻度、時期についてご紹介したいと思います。

【剪定】
剪定は手入れの中でも、代表的と言える作業です。こちらも、最低年に2回は行う必要がある、と言われています。そしてそのタイミングも、いつでも良いわけではありません。冬・春は強剪定、夏・秋は弱剪定を行うのが一般的とされています。つまり、冬か春に1回、夏か秋に1回、剪定を行うということになります。どちらの時期にするかは剪定を行う木の種類や、状態によっても変わるでしょう。

【害虫駆除】
害虫による被害もトラブルの原因となります。そのため、害虫駆除も最低、年に2回は行われると良いでしょう。時期は害虫の繁殖期となる、5月前後です。害虫が繁殖してから駆除を行うことがないよう、予防と駆除を意識して行われると良いかと思われます。また、冬の時期にサナギを駆除しておくことも大切です。こちらは完全に予防という形で必要とされているようですね。

このように、庭のお手入れでは定期的にやっておかなければいけないことがたくさんあります。これらの作業はほんの一例なうえ、「最低限行うべき回数」です。もちろん、状況によっては臨機応変に対応しなければいけないこともある、ということを覚えておきましょう。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問
test