剪定110番 トップページ > 最新情報・レポート > 庭木と共存する

最新情報・レポート

ここでは剪定に関する最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介いたします。ご参考ください。

庭木と共存する

身近に樹木が多くて緑に囲まれた環境は、人々に安らぎを与えてくれます。しかし、人間の生活圏内で育成する樹木が森林などの自然環境にある樹木と同じように生長を続けてしまうとしたら、緑は人に安らぎを感じさせるどころか、息苦しさや鬱陶しさを与えてしまうかもしれません。人間の生活圏内に植えられた街路樹・庭木などは、生長範囲にある程度の制限が必要です。人と緑が共存できる環境を作る作業が、剪定や伐採だと言っても過言ではありません。人の手が加えられず伸び放題になった樹木は、枝が重なるように生い茂り、日照を遮って薄暗くうっそうとした雰囲気を醸し出します。もしも庭木がこのような状態になったら、庭に植えられている他の植物の生長の妨げにもなり得ます。庭木を自然のまま放置しておくと、庭木同士が土中の栄養分を取り合うことになり、それぞれが貧弱な樹木になってしまうでしょう。また、生い茂り過ぎた枝からは多くの落ち葉が舞い散ることとなり、場合によっては近隣の家に迷惑をかけてしまうかもしれません。庭は本来、人が自然の美しさを生活に取り入れて楽しむためのものであり、自然環境を創造することとは少々異なります。上手に剪定を取り入れることで、人と樹木が共存できる素敵なお庭造りが実現できるでしょう。

0120-949-075 0120-667-213
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問
test