剪定110番 トップページ > 最新情報・レポート > 庭木の剪定で梅雨支度

最新情報・レポート

ここでは剪定に関する最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介いたします。ご参考ください。

庭木の剪定で梅雨支度

梅雨に入り、雨が多くなる今の時期には、人間にとって非常に鬱陶しい季節ですが、それは庭木にとっても同じこと。春に植えられた多くの植物の生育が最も旺盛になるため、この時期の剪定はとても大切なことになります。剪定の目的は、樹形を整えて美しい景観を維持することがそのひとつですが、それだけではありません。梅雨になると、夏に向かって徐々に気温が上がりはじめ、また、雨により湿度も高くなるので、病害虫が生息するのに快適な環境を自然と与えていることになってしまいます。そのため、剪定により枝葉の風通しをよくすることで、病害虫の発生を抑えるための対策を講じるのです。さらには枝葉の生い茂っているこの時期に剪定を行なえば、その分枝葉の状態を把握しやすくなり、病害などの異常をいち早く察することが可能になります。そして、花の咲く樹木でしたら、この時期に花を咲かせ始める種類も多くありますが、それらを剪定によって切り落とすことに抵抗を感じる方もいらっしゃるかもしれません。しかしながら、そのまま放置しておくと、花そのものの重みで倒れてきたり、花の咲きが悪くなってきたりする要因となります。そのため、庭木の美しさを長く楽しむには、梅雨の時期の剪定は欠かせないものになるのです。簡単な剪定であれば、ご自身で行なうことが可能な場合もありますが、庭木の種類によって剪定を行なうべき箇所やその方法などは多岐に渡ります。効率よく剪定による梅雨支度を行ないたいという方は、そのノウハウを熟知している剪定業者に相談されてみてはいかがでしょうか。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問
test