剪定110番 トップページ > 最新情報・レポート > 庭木の剪定の必要性

最新情報・レポート

ここでは剪定に関する最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介いたします。ご参考ください。

庭木の剪定の必要性

どうして庭木の剪定が必要なのか。なぜ庭木はそのまま生長させたらいけないのか。そんな庭木の剪定の必要性についてご説明します。 山で自生しているような木々は特に人が手を入れているわけではないのに、大きく育ち綺麗な花を咲かせていますよね。そう考えると、「庭木も放っておいても元気に育ってくれるのでは?」とも思えます。しかし、もし庭木に一切手を加えず成長してしまったら、庭は樹木に覆われてしまい、近隣にもストレスになり迷惑がかかってしまいます。逆に、庭木同士で栄養を取り合ってしまい、どれも枯れてしまうことも考えられます。山の木々は、山だからこそ大木でいれますが、スペースが限られた庭で黙々と生長してしまったら、日差しが遮られたり風通しが悪くなったりという弊害が生まれます。それによって、庭全体に病害虫が蔓延してしまう危険性もあります。 庭木の場合は、各々の庭に合わせたサイズを保つ必要がありますし、花木などは古い枝を切り、新しい枝に更新することで良い花を咲かせることが出来ます。また、庭の通風や日照といったことも考えて、不要枝を切り、木々の形の整える「整枝・剪定」をすることで、病害虫を予防したり強風による枝折れを予防することが出来ます。

0120-949-075 0120-667-213
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問
test