剪定110番 トップページ > 最新情報・レポート > 強剪定と弱剪定

最新情報・レポート

ここでは剪定に関する最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介いたします。ご参考ください。

強剪定と弱剪定

剪定は、その木々の樹形を整えるだけでなく、健やかな生長を促したり、近隣とのトラブルを防いだりするために行われます。剪定では枝を切ったり、芽を摘んだりするのですが、そんな剪定には大きく分けて「強剪定」と「弱剪定」の二種類があります。名称が多少変わる事はありますが、この二種類の剪定にはどのような違いがあるのでしょうか。
まず、強剪定についてです。これは木々の休眠期を中心に行われる剪定で、落葉樹なら冬に、それ以外なら春から夏にかけて行われる事が多いようです。名前の通り剪定の規模は大きく、枝や茎を大きく剪定することになります。そうすることによって形を整えるだけでなく、木々の健康を促します。
次に弱剪定についてです。主に秋頃に行われ、樹形を整えるために軽く剪定を行います。不要な芽や花を摘むことで効率よく栄養が行き渡るようになり、木々の健康や豊かな結実につながります。
強剪定や弱剪定は、木の種類によっても適した季節や頻度が異なります。間違った剪定は、本来残しておくべき花芽を取り除いてしまったり、病気の発症につながります。知識も技術も必要な作業ですので、なるべく剪定のプロにお任せすることをおすすめいたします。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問
test