剪定110番 トップページ > 最新情報・レポート > 生長しすぎた植物には適切な剪定を

最新情報・レポート

ここでは剪定に関する最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介いたします。ご参考ください。

生長しすぎた植物には適切な剪定を

お庭でのガーデニングは、非常に多くの方が趣味として楽しまれています。植物は手をかけるほどにすくすくと生長し、美しい花を咲かせることでこちらの愛情に応えてくれるということも、熱中してしまう一つの要因かも知れません。ただし、植物は栄養や日当たりの条件によって思った以上に大きく生長してしまうことがあります。例えば、モッコウバラはバラの一種で、初夏に白や淡い黄色の花をたくさんつけ、棘がなく育てやいすことで人気があります。害虫や病気にも強いことから、ガーデニング初心者の方にも比較的手入れが簡単です。玄関のアーチ部分などに蔦を這わせて生長させる方も多く、住宅街ではよく見られます。しかし、その生長は非常に早く、豪勢に咲いた花を喜んでいたら、いつの間にか2階のベランダにも届くほどになってしまい、その重さで花や枝が垂れ下がったり落ちてしまうという事がよく起こっています。バラは剪定の時期や方法を間違えると、翌年の開花が極端に少なくなってしまうこともありますので、注意が必要です。剪定には、植木屋などの業者に相談し、ダメージが少ない方法で行わなければなりません。また、大きくなりすぎた樹木の剪定は高さのある場所での作業となり危険です。伐採や剪定にはそれぞれの植物に合った時期と剪定方法がありますので、大切なお庭の維持のために適切なお手入れをしましょう。

0120-949-075 0120-667-213
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問
test