剪定110番 トップページ > 最新情報・レポート > 木のことも考えてあげて!

最新情報・レポート

ここでは剪定に関する最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介いたします。ご参考ください。

木のことも考えてあげて!

剪定は日常生活でおなじみの作業でもありますが、簡単にできるかと言うとそうでもありません。実は、多くの方が剪定をする際、色々と勘違いされていることは少なくないのです。では、一体どんな勘違いがあるのか?今回はその一例を少しご紹介しましょう。 まず、もっとも簡単な剪定として「高い木をそのまま低くする」というのがあります。木は高ければ高いほどお庭に日陰を作りますし、落ち葉の範囲が広くなって、ご近所の方に迷惑を掛けてしまう恐れもあります。落ち葉は雨樋に詰まることもあるので、このようなトラブルが起きてしまうのは避けたいもの。それを防ぐために木を低くするという目的もあるようです。ですが、そのようなやり方は木を弱くしてしまいます。実は木というのは、樹高を低くされると、頭頂部にある枝を伸ばそうと抵抗を試みます。すると、伸ばしすぎた枝によって、木の見た目が著しく悪くなってしまうのです。そのような状態が続くと、最悪、木が弱くなって枯れてしまうことも・・・。周囲に迷惑を掛けないという考えは大事ですが、木に対しても丁寧にお手入れするよう注意しておきましょう。

0120-949-075 0120-667-213
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問
test