剪定110番 トップページ > 最新情報・レポート > 木も野菜を育てるのと同じです

最新情報・レポート

ここでは剪定に関する最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介いたします。ご参考ください。

木も野菜を育てるのと同じです

皆さんは野菜を育てたことがあるでしょうか。沢山芽や枝が出るのは嬉しいのですが、そのまま放っておくと一つとして実にならないどころか、全体が枯れてしまうことがあります。こうならないためには、一部の苗を残して後は引き抜いてしまう「間引き」や一つの実に栄養をやるために無駄な実は詰んでしまう「芽かき」というものが必要なのです。これを行なうことで植物も野菜も一定の成果が得られます。これは庭木にも同じことが言えます。放っておけば無造作に枝が伸びて見栄えが悪くなったり、人に刺さる危険も出てきます。また葉が茂り過ぎると採光が悪くなって下に生えている植物が育たなかったり、木の敵である病害虫を繁殖させたり、ハチやシロアリなどの害虫の棲家にもなります。これを防ぐために行なうのが『剪定』というものです。剪定によって木の形を調整したり、葉の量を調整することで、木全てを駄目にしてしまうのではなく、より良く育てる効果を出せるのです。剪定は単純に枝葉を切ればいいというものではありません。下手に切ってしまえば枯れてしまうため、どれを残してどれを切るか判断する技術が必要です。野菜と同じですね。木の手入れをお考えの方は、是非庭木の専門業者に剪定を依頼しましょう。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問
test