剪定110番 トップページ > 最新情報・レポート > 桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿

最新情報・レポート

ここでは剪定に関する最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介いたします。ご参考ください。

桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿

これからのシーズンは花の見頃ですね。梅、桃、桜。暖かくなればなるほど、綺麗な花が咲き誇るわけです。 そんな綺麗な花をお庭に植えて四季を楽しむご家庭も多いかと思います。 ところでタイトルにもあるように、「桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿」という言葉があります。 桜は枝の切り方を間違えてしまうとすぐに死んでしまい、梅は切らないと綺麗な樹形が保てないという意味ですね。 しかしだからといって桜を何の手入れもせず放っておくのもよくありません。「桜放るはもっと馬鹿」ということです。 桜にも病気があります。そうして病気になった部分を早く剪定しないと木全体に病気が広がって死んでしまうのです。 実は桜の病気は年々増加傾向にあると言われています。 さらに病気だけではなく、枝同士で癒合したり殺しあったりしてしまうわけです。 知識がない状態で安易に枝を切ってしまうと桜自体が死んでしまいます。自信がないときは是非プロに桜の剪定をお任せしましょう。

0120-949-075 0120-667-213
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問
test