剪定110番 トップページ > 最新情報・レポート > 樹木への負担が少ない時期

最新情報・レポート

ここでは剪定に関する最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介いたします。ご参考ください。

樹木への負担が少ない時期

冬になり、街中の樹木もすっかり葉が落ちてしまいました。お庭で樹木を育てているご家庭でも、樹木の葉が落ちたことによって、景色が寂しくなっただけではなく、落ち葉のお掃除が大変だと思います。しかし、落ち葉のお掃除に気をとられて樹木の手入れをお忘れではないでしょうか。冬になり葉が落ちる落葉樹は、今の時期休眠に入っており、根の活動も低下していますので、休眠期間に樹木の剪定を行い手入れをすることは、樹木への負担が少なく最も適しています。葉が落ちていることによって、樹木全体の様子がしっかりと把握できるため、主幹や主枝など強めの剪定を行い、基本的な骨格づくりをしておくのがいいでしょう。また、剪定を行ってから落ち葉のお掃除を一緒に行えば、効率よくお庭全体をキレイにすることができます。そして、剪定後の樹木が春が近づくにつれて、どのように成長していくのかを観察してみるのも、樹木を育てる楽しみのひとつではないでしょうか。人によってお庭に植えられた樹木というのは、自然に生えている樹木とは違い、季節や状態に応じて適切な手入れを行うことによって、毎年キレイな形や立派な葉、実をつけることができ、長年に渡ってその様子を楽しむことができます。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問
test