剪定110番 トップページ > 最新情報・レポート > 熱中症の危険性

最新情報・レポート

ここでは剪定に関する最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介いたします。ご参考ください。

熱中症の危険性

日本全国で梅雨明けをして、本格的な夏がやって来ました。夏は気温も高く日差しも強いので、熱中症に気を付けなければいけません。 そもそも熱中症とは一体どのようなものなのでしょうか? 人間は一定の体温を保つように身体が働いており、体温が上がると汗をかいたり血液を多く流したりして体温を下げているのです。しかし、体温の上昇が続くと汗と一緒に身体の水分や塩分を消費してしまい、汗をかくことができなくなり身体に溜まった熱を放出できなくなります。これが原因で身体の中に熱がたまってしまう症状を熱中症と呼ぶのです。 身体が熱中症になってしまうと、目眩や湿疹を始めとした様々な症状を引き起こし、症状がひどくなると意識障害や痙攣を起こしてしまう可能性もあり、最悪の場合死亡してしまう可能性もあるのです。 基本的に外で行う作業である伐採や剪定をこの時期に行なう時には熱中症と隣合わせだということを意識して、休憩や水分補給をこまめに取るなどの熱中症対策をはさみながら行なうのがおすすめです。 また、業者に作業を依頼することで、自分は炎天下の下に出る必要がなくなるので、安全を確保する事ができます。 なので、業者に依頼することも一度検討してみてはいかがでしょうか?

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問
test