剪定110番 トップページ > 最新情報・レポート > 生垣の手入れ方法

最新情報・レポート

ここでは剪定に関する最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介いたします。ご参考ください。

生垣の手入れ方法

戸建住宅が立ち並ぶ住宅街を見てみると、住宅と住宅の間に垣根などの塀があることがあります。この垣根は住宅同士の仕切りや目隠しのために作られており、素材もコンクリートやブロック、土壁など様々な種類があります。そして、樹木を使った垣根もあり、その垣根のことを生垣と呼びます。ガーデニングを嗜んでいる家庭では見られることがあります。和洋問わず合わせやすく、しっかり手入れをしていれば見栄えも良くなります。しかし、垣根といえども生垣は植物です。放っておけば病気や害虫の影響も受けますし、定期的に剪定をしないと見栄えも悪くなってしまいます。行きた植物だからこそ定期的な手入れが必要なのです。生垣はよほど乾燥した状態が続かなければ、水やりの必要がありません。しかし、植えてから1年程度は、水やりが必要なものもあります。冬など乾燥が多い時期に腫れた日が続くようであれば、たっぷりと水を上げると良いです。また、肥料は植えるときに掘り起こした土へ、ゆっくりと効果の出る肥料を混ぜておきます。花木などを植える場合は、花の栄養となる窒素成分が多めに含まれたものを春から秋にかけて与えます。しかし、窒素が多すぎると、細く弱い木に育ってしまうため注意が必要です。弱った気は、害虫や病気が発生しやすくなるため、定期的に剪定を行うことで、風通しを良くします。水の与え過ぎにも注意です。剪定を行う場合基本的には真夏と真冬を避ければ、どの時期に行っても特に問題はありません。しかし、生垣の剪定は普通の木と違い全体的に揃えなければ見栄えにも影響するため、剪定業者にやってもらうことをオススメします。

0120-949-075 0120-667-213
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問
test