剪定110番 トップページ > 最新情報・レポート > 管理のための剪定を

最新情報・レポート

ここでは剪定に関する最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介いたします。ご参考ください。

管理のための剪定を

庭木の剪定というと枝をざくざく鋏で切り落としていく光景を想像するかと思いますが、そこまで単純な作業ではありません。庭木の形を整えることも剪定の大切な役割ですが、それ以外にも枝を落とすことで生長をコントロールしたり、また病気の枝を落とすことで健康もコントロールする大切な作業なのです。風通しや日照条件を良くするためにも行われます。庭木そのものだけでなく庭の環境もコントロールすることができるのです。この剪定は1年中できる訳ではなく、行う時期が決まっています。夏の剪定の際は育ちすぎた枝を剪定し、形を整えてあげることが目的です。また風通しや日光、台風の時に育ちすぎた枝が折れないようにするためにも剪定します。この時期ですと虫も発生しやすくなり、ある程度枝を切らないと枝に虫がついてしまうので、しっかり剪定をしておきます。冬の時期にもよく剪定がされています。この時期になると植物の生長が鈍くなるので、春に備えて形を揃えてあげたり、必要ではない枝を落とす作業をします。これをやってあげることで春の時期に整った形に生長できるようになるのです。このように剪定は主に庭木の管理をしやすくするために行われています。庭木の管理ができていない方は一度業者に依頼したほうが良いかもしれません。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問
test