剪定110番 トップページ > 最新情報・レポート > 綺麗に剪定して台風対策をしましょう

最新情報・レポート

ここでは剪定に関する最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介いたします。ご参考ください。

綺麗に剪定して台風対策をしましょう

段々と暑くなってきて、汗ばむ季節になってきました。外出時に道を歩く際に、樹木の下を通ると日陰で涼しく感じ、とてもありがたい存在となります。そんな暑い日に涼ませてくれる樹木ですが、梅雨時や梅雨明けは枝木の生育が著しくなります。
山木の様に育ち過ぎてしまうと、景観を損ねるばかりか樹木の下の植物にまで太陽の光が届かなくなってしまい、育ちが悪くなってしまいます。
夏がすぐそこまで来ていますが、この時期に行う剪定とはどの様なものでしょうか。お話していきます。
この時期の剪定は、春から生育し過ぎた枝や葉を剪定して、樹木の姿を整えるのを目的とします。剪定することによって風通りが良くなりますし、樹木で隠れてしまった下の植物にまで日光が当たる様になります。
さらに、台風が近づいてくると樹木の枝木が長すぎると台風による強風によって枝が折れてしまう恐れがあります。その前に剪定することによって「枝が折れた」という台風対策を行う目的もあります。
また、樹木を剪定せずに伸ばしたまま放置してしまうと、病害虫が発生しやすくなります。樹木の種類によって寄ってくる害虫や、かかる病気も異なりますので、その時のケースに合った対処法を行う事が大切です。
病害虫による被害が目立つ様になってきてからでは、手遅れです。日々、樹木を観察して早めに異変に気が付くことをお薦めします。
剪定の作業は、樹木の高さによっては自分で行うのが困難な場合があります。そんな時には剪定の業者にお願いすると、大切な樹木を綺麗に整えてくれますよ。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問
test